うんちしたの、だーれ?

印刷

どうがを見る

オープニング

オープニング

オープニングタイトル

オープニング

scene 01 元気のないツムちゃん

朝(あさ)、「子どもたちが登校(とうこう)してくる前(まえ)にいっておかなくっちゃ」と、ガメさんが学校のトイレに入ります。そこへ、「あー、うんちが出ない。うんちが出ない」とツムちゃんがやってきました。きのうもおとといもうんちが出なかったのです。トイレから出てきたガメさんは、ツムちゃんが元気(げんき)がないのに気がつきました。もう三日もうんちが出ていないときいて、ガメさんは、校庭(こうてい)のうらにあるクレマカカリアの木のはっぱをたべると、きっとうんちが出るようになるとおしえてくれました。

オープニング

scene 02 じゅぎょう中にうんちをしたくなって…

ツムちゃんがクレマカカリアの木にのぼって、はっぱをたべています。「これだけたべればだいじょうぶかしら…」。ところが、そのあとのじゅぎょうちゅう、マンナカ小学校の校歌(こうか)をうたっているとき、ツムちゃんはきゅうにうんちをしたくなってきました。うんちがしたくてたまらなくなって、「しりとり」あそびで「う」ではじまることばに、おもわず「うんち」といって、みんなにわらわれてしまいます。ヒポ先生が「トイレにいきたいんじゃないの?」ときいてくれたのですが、はずかしくていえません。

オープニング

scene 03 ツムちゃん気分すっきり

ちょうどそこで休み時間(じかん)になりました。外(そと)へとびだしていくツムちゃん。いそいでトイレへ入ろうとしたのですが、みんながやってきます。学校でうんちをするのがはずかしくて、トイレに入れません。「どうしよう!」。がまんできなくなったツムちゃんは、草むらでうんちをしてしまいました。でも、「ウーン」と力を入れてたっぷりうんちをしたツムちゃんは、気分(きぶん)もすっきり、とても元気(げんき)になりました。ガメさんにおしえてもらったはっぱのおかげです。

オープニング

scene 04 「うんちが見つかりませんように」

そこへ、みんながやってきました。「うんちが見つかりませんように」。ツムちゃんはしんぱいです。サッカーボールであそびはじめるバンバンとギャオくん。がんこちゃんがけったボールを、どっちがキャッチできるかやってみることに。でも、がんこちゃんがけろうとしているほうには、ツムちゃんのうんちが…。「だめ、いやっ」。ますますしんぱいになるツムちゃん。「えーいっ」。がんこちゃんがおもいきりボールをけりました。たかくたかくとんでいきます。「うんちが見つかりませんように」といのるツムちゃん。

オープニング

scene 05 ヒポ先生のうんち?

ボールをおいかけて、「えいっ」ととびついたバンバンは、地面(じめん)におちて、なにかに顔(かお)をつっこみそうになります。よく見るとそれは大きなうんちだったのでびっくり。「わぁっ、ウンコだぁ!」とさけんだので、みんなあつまってきました。「あーぁ、とうとう見つかっちゃった…」とツムちゃん。「だれがしたんだろう? こーんなでっかいの」。みんなは大さわぎです。「あーっ、わかった!」とがんこちゃんがさけんだので、「ドキッ」とするツムちゃん。でもがんこちゃんがいったのは、「ヒポ先生じゃない?」。

オープニング

scene 06 気がついたヒポ先生

しょくいん室(しつ)で校長先生たちがお茶(ちゃ)をのんでいます。ガメさんが、「けさツムちゃんが、うんちが出ないって、ちょうしわるそうでしたよ。だからクレマカカリアのはっぱをたべるようにいっておきました」といいます。それをきいたヒポ先生は気がつきました。ツムちゃんが「しりとり」あそびで「うんち」といったのは、うんちしたかったからでは…。「あの子、ほんとうはトイレにいきたくなったのに、いい出せなかったのかしら」。

オープニング

scene 07 まさかツムちゃんが!?

「このうんこ、なにかににてないか?」。バンバンがいいました。そういわれて、よーく見るみんな。すると、「この形(かたち)はどう見ても…」とチョビくんがいいかけて、「カタツムリ!」とみんな気がつきました。「まさかツムちゃんが?」。とうとうみんなにわかってしまいました。「なんでこんなところでうんこするんだよ! オイラもうちょっとで顔(かお)つっこむとこだったんだぜ!」とおこるバンバン。「ごめんなさい。ひぃ~」。ツムちゃんはなき出してしまいます。「バンバン、もうやめなさいよ」とがんこちゃんがとめました。

オープニング

scene 08 ガメさんが子どものころにも

そこへヒポ先生たちがかけつけてきました。チョビくんからわけをきいたガメさんは、みんなをなだめて、むかし、ガメさんが一年生になったばかりのころの話(はなし)をしました。おなじクラスの男の子が、ガメさんのつくえの下にうんちをしてしまったのです。その子は、「学校のトイレでうんちした」とみんなにいわれるのがしんぱいで、ぎりぎりまでがまんしていたら、トイレにいくのにまにあわなくて、教室(きょうしつ)でうんちをしてしまったのです。

オープニング

scene 09 うんちはだいじなこと

ヒポ先生もいいました。「うんちをすることは、ちっともはずかしいことじゃないのよ。でもこのつぎからは、ちゃんとトイレでしましょうね。みんなも、いきたくなったら、じゅぎょう中でもトイレにいくのははずかしいことじゃないのよ」。元気(げんき)よく「はーい」とへんじをしたみんな、またサッカーをしようとします。でもチョビくんが「ちょっとまって。ぼく、うんちしたかったんだ」というと、ピロくんも、ケロちゃんも、ギャオくんも、がんこちゃんも、そしてバンバンも、みんなうんちをしにトイレにいくのでした。