うーん、どれにしよう Which do you want?

印刷

どうがを見る

オープニング

オープニング

オープニングタイトル

オープニング

scene 01 「お茶とお酢、どっちがいい?」

午後1時30分。「ひゃっほー!」。ツナくんたちが湖でスケートをしています。「気持ちいいー! ツナくん、どっち行く?」とエビちゃん。「あっちの広いところ行こう」。「オッケー!」。みんなも小皿やスシ下駄(げた)にのって氷の上をすべっています。「イエーイ!」。「楽しーい!」。アガリ先生が声をかけました。「よーし、休憩(きゅうけい)だ。みんな、お茶とお酢(す)、どっちがいい?」。すると、「お酢~!」とみんな。「…もう一度聞くぞー。おいし~いお茶とお酢、どっちがいい?」と聞きますが、みんなはやっぱり、「お酢~!」。「はぁ~。お茶は人気がないなぁ…」とアガリ先生。

オープニング

scene 02 カズノコくんはスケートができない

アガリ先生がみんなにお酢(す)を配りました。ところが、「いただきまーす!」と一口飲んだツナくん、「ゲホゲホ」とむせます。「どうした? あったかくてうまいだろ?」と先生。「何言ってんの、先生!」「あったかいお酢をのむと、むせちゃうんです!」とツナくんたち。「先生はスシじゃないから、お酢のことわかってないんだよなぁ」とツナくんに言われ、「ごめんよ。寒いと思ってさ」と先生。休憩(きゅうけい)を終えたツナくんがふと見ると…。「あれ? あいつ何やってんだ?」。カズノコくんが全然すべれなくて四苦八苦しています。「あいつ、スケートできないのか…」。

オープニング

scene 03 Which do you like?

マグロ、イカ、エビ、イクラ、サーモン、玉子のお寿司(すし)を見せて聞きました。…どれが好きですか。「これが好き。エビです」(男性)。…「イカが好きだね。あまいから。わたしのお気に入りだ」(男性)。…「サーモンが好きです。あなたは?」「サーモン。おいしいから」(お母さんと男の子)。…「サーモン。あなたは?」「エビが好きだな。かみごたえがあるから」(男女二人)。…「わたしはこれ。エビです」(女性)。…「サーモンです」「マグロが好きだね」(男女二人)。…「エビが好きです」(男の子)。…「エビが好き。おいしいもん。ごはんも好きよ」(女の子)。…「サーモンが好きです。おいしいから」(女性)。…「エビだね」(男性)。

オープニング

scene 04 Which do you like? (2)

…「イカが好き。風味が好きなので」(女性)。…「マグロが好き。いちばんおいしい」(女性)。…「エビが好き」(女の子)。…「これが好き。サーモン」(女性)。…「これが好きですね。マグロはとてもおいしい」(女性)。…「玉子です。この味が好きです」(男性)。…「サーモンです」(女性)。…「あー、お寿司(すし)は好きじゃないんです」(女性)。…「お寿司は大好きよ。いちばん好きなのはマグロです」(女性)。…「イカが好きだね。体にいいから」(男性)。…「マグロです。いちばんおいしい」(男性)。…「サーモン」「エビ。エビ。エビ」(兄弟)。…「サーモンが好き」「わたしはエビ」(男の子とお母さん)。…「サーモンが好きです」(男性)。

オープニング

scene 05 “James is gathering chestnuts.”

James is gathering chestnuts. James is gathering chestnuts. James is gathering chestnuts. James is gathering chestnuts. James is gathering chestnuts. James is gathering chestnuts. James is gathering chestnuts. James is gathering chestnuts. James is gathering chestnuts. James is gathering chestnuts. James is gathering chestnuts. James is gathering chestnuts. James is gathering chestnuts. ……James is gathering chestnuts. James is gathering chestnuts. James is gathering chestnuts.

オープニング

scene 06 ツナくんのおかげで…

午後2時。「どっちの足を出せばいいの? 右? 左?」。「右!」。カズノコくんがツナくんにスケートを教えてもらっています。「次は? 右足、左足、右手、左手、どれ出せばいい?」とたよりないカズノコくん。でもツナくんに言われた通りにすると、「あ、すべれた! ツナくんのおかげだよ」。「そんなことないって」と言いながら、『これでぼくも女子から人気が出て…』と想像するツナくん。ところが気がつくと、さっそうとすべるカズノコくんに「カッコいい~」と女子たちはうっとり。「ツナくんのおかげさ」と言いながらいきなり三回転ジャンプ。さらに、「四回転とスシバウアー、どっちが見たい?」と言ったので、女子たちは「キャー!」。「信じられない…」とツナくん。

オープニング

scene 07  It’s Your Turn!

「わたしは、ババ・ミカ。アクアリストです」。こんにちは、ミカさん。あなたはアクアリストなんだ。「ここにはたくさん水槽(すいそう)があります。ほら」。わぁ! たくさん水槽があるわね。どれが好きなの? 「わたしはこれが好きです」。わたしもそれがいいわ。「木と石ではどっちが好きですか?」。石か木? ええと、木がいいわ。「わかりました」。…「赤い魚と青い魚、どっちが好きですか?」。赤い魚と青い魚? うーん、赤い魚がいい! 「わかりました」。…「さあ、見て!」。わぁ、きれい!「わたしは、ババ・ミカ。アクアリストです」。ありがとう、ミカさん! Goodbye!

オープニング

scene 08 “Which do you like?”

「みんな、ノッてるかい? さあ、わたしについてくるんだ!」。アガリ先生がステージからみんなによびかけました。「Which do you like? ツナくん!」。“I like ice cream.”とツナくん。「Which do you like? エビちゃん!」。“I like chocolate.”とエビちゃん。「Which do you like? きみの番だ!」。“………”。「ヘーイ! もう一度だ! Which do you like? ツナくん!」。“I like ice cream.”とツナくん。「Which do you like? エビちゃん!」。“I like chocolate.”とエビちゃん。「Which do you like? きみの番だ!」。“………”。「いいぞ! また会おう!」。