あぶない!日本のクワガタ

印刷

どうがを見る

オープニング

オープニング

(オープニングテーマ)

オープニング

scene 01 クワガタの世界に起きていることって?

今日のお話は、こん虫の王様ともいわれるクワガタについてです。今、このクワガタの世界にたいへんなことが起こり始めているのです。小島啓史(ひろし)さんは、子どものころから40年以上(いじょう)もクワガタをかいつづけているクワガタ研究家です。クワガタが森のどこにいるのか、とてもよく知っています。小島さんに案内(あんない)してもらったのは4月の半ば。クワガタはこの時期、かれ木の中でたまごからかえって育ちます。実は、かれ木の中でクワガタが成長(せいちょう)していくことが、森にとってとても役に立つのです。

オープニング

scene 02 森が生まれかわるのに必要なクワガタ

たまごからかえったクワガタの幼虫(ようちゅう)は、まわりの木を食べます。食べた木はクワガタの体の中にいる微(び)生物によって、空気にふくまれる窒素(ちっそ)というものといっしょになり、とても栄養(えいよう)のあるウンチになります。これがさらにまわりの窒素とむすびついて、クワガタの巣(す)は、栄養たっぷりのウンチでいっぱいになります。クワガタのいた木は、やがて土になります。そしてこの土で新しい木が成長(せいちょう)し、森が生まれかわるのです。クワガタは森に必要(ひつよう)な生きものなのです。

オープニング

scene 03 毎年100万びきが輸入されている!

森にとって大切なクワガタ。でも、最近(さいきん)心配なことが起こっています。日本には、外国からいろいろなものが運ばれてきます。ずらりとならんだ黒いもの。実はこれ、生きているクワガタです。今、日本で大人気のクワガタは、毎年およそ100万びきが東南アジアなどから輸入(ゆにゅう)されています。しかし、かう人のなかにはとちゅうで外に放してしまう人も出てきました。やがて、本来いるはずのない日本の森に、外国のクワガタが入っていくようになりました。

オープニング

scene 04 外国産クワガタと日本産クワガタ

国立環境(かんきょう)研究所では、外国から入ってきた生きものが日本の自然(しぜん)環境にあたえるえいきょうを調べています。外国産(さん)のクワガタを研究している五箇(ごか)公一さんは、外国のクワガタと日本のクワガタはいっしょにくらすことはできないと考えています。「東南アジアなどからやってくるクワガタは体も大きく、力も強い。性格(せいかく)もあらいのです」。台湾(たいわん)のオオクワガタと日本のオオクワガタを同じ場所においてみます。すると、日本のオオクワガタはおさえこまれて動けなくなってしまいました。

オープニング

scene 05 最後まで責任をもってかおう

小島さんは、外国のクワガタが森に入ることで、日本の自然(しぜん)に悪いえいきょうが出るのではないかと考えています。「地元でつかまえたものをもとのところに帰してやるのならいいのですが、フィリピンとかアフリカからつれてきたものを日本で放してしまうと、地元にもともといた日本産(さん)のクワガタやカブトムシを全部追いはらって、そこをひとりじめしてしまうかもしれません」。自分でかった生きものは最後(さいご)まで責任(せきにん)をもってかいましょう、ということだと小島さんは言います。

オープニング

scene 06 ペットとして輸入された動物が…

実はもう、日本の自然(しぜん)をあらしている外国の動物がいます。本来、北アメリカにすんでいるアライグマです。今から30年ほど前、アライグマを主人公にした本やテレビアニメが日本でブームになると、アライグマはたちまち人気者になり、ペットとしてたくさん輸入(ゆにゅう)されました。しかしアライグマは成長(せいちょう)すると気があらく、凶暴(きょうぼう)になります。かいつづけられなくなった人たちが森に放してしまうということが起き、すてられたアライグマが畑や民家(みんか)をあらしたりするようになりました。

オープニング

scene 07 日本の自然をあらしているアライグマ

山あいのゆたかな自然(しぜん)がのこる神奈川県横須賀(よこすか)市。金田正人さんは、このあたりの自然環境(かんきょう)を長いあいだ観察(かんさつ)しています。もともとこのあたりはイモリやサワガニ、トウキョウサンショウウオなどの動物がたくさんくらしていました。そうした動物がめっきり少なくなっています。「毎年ヤマアカガエルがたくさん集まってたまごをうんでいた場所も、全部アライグマにほりかえされて、たまごを見かけなくなってしまいました」。今、アライグマは各地(かくち)でつかまえられています。

オープニング

scene 08 ふえすぎないようにする方法をさぐる

北海道にある酪農(らくのう)学園大学には、一年に500頭以上(いじよう)のアライグマが送られてきます。そして、ここで処分(しょぶん)されます。つかまえた場所を記録(きろく)し、年れいを調べ、どの地域(ちいき)で子どもがたくさん生まれているかを調べます。的場(まとば)さんはこうした研究を通して、アライグマがふえすぎないようにする方法(ほうほう)をさぐっています。「ころしたくないという気持ち。でも日本の生態系(せいたいけい)を守るためにしなければいけないことなんだという気持ち。むじゅんした気持ちです」。

オープニング

scene 09 悪いのはアライグマ?

アライグマが日本の自然(しぜん)におよぼすえいきょう。でもそれはアライグマのせいなのでしょうか。アライグマも、生きていくために畑に入ったり魚をとったりしているのです。すきで日本にやってきたわけではない。そう考えると、つれてこられたアライグマも被害者(ひがいしゃ)です。外国から日本にやってきた生きものは、植物も合わせると全部で83種(しゅ)もいます。ザリガニやカメのほとんどは外国から来たものになっています。日本の自然にえいきょうをあたえる外国の生きものたち。この問題を見て、みなさんはどう思いましたか。