知らない人とつながって…

印刷

どうがを見る

オープニング

オープニング

オープニングタイトル

オープニング

scene 01 会ったことのない人とのやりとり

「今日もあついね」。福くんがスマホで友だちとやりとりしています。「かき氷たべたい」という返事に福くんも返します。「やっぱりシロップはイチゴ…」。そこへ、「ちょっと、ちょっと…」とスマホがあらわれました。「じゃましないでよ。ハルキさんとおしゃべり楽しんでるんだから」と福くん。「ちょっと聞くけど、ハルキって人がいくつかとか、ホントはどんな人なのか知ってんの?」とスマホが言いました。「え? 小学6年生の男の子だよ」。でも、「会ったことあるの?」と聞かれると、「…ない」と福くん。「会ったことのない人とやりとりするときには、注意が必要なんだよ…」。

オープニング

scene 02 スマホの中での出会い

学校からの帰り、康美(やすみ)はとちゅうまで友だちといっしょですが、一人だけ家の方向がちがうのでそこで別れます。「康美ちゃん、バイバイ!」。「うん、またね」。楽しそうにおしゃべりしながら帰っていく友だちをうらやましそうに見送る康美。山や田んぼばかりのさびしい道を一人で歩いていきます。歩きながらスマホのアプリを開きました。『わたし、ジャスミン』。康美のアバター(分身キャラクター)が、アプリ内の広場を歩いていきます。『こんにちは』。“りな”と“たくや”という二人のアバターに話しかけました。『こん』。『こん』。『こん!!』。

オープニング

scene 03 うそを言ってしまった康美

道ばたにランドセルを置き、康美がすわりこんでスマホのアプリを続けています。『あっついね』。『むしむしするのう』とたくや。するとりなが、『みんな、いくつ~?』と聞きました。康美が『10さ…』と答えようとすると、たくやとりなが『17』、『17』と先に答えました。『お、いっしょ』と楽しそうなので、康美は思わず『14』とうそを言ってしまいます。『中学生?』『中2』『どこ住み~』『どさんこ』『てか それどこ?』『上のほう』『あきたけん』…。会話が続きます。

オープニング

scene 04 「ともだち申請」OK?

康美は神社の前まで来ていました。『知らない人についていかない!』というポスターを見ていると、そこへ知らない男の人が歩いてきたので康美はかけ出しました。スマホで会話を続けます。『ひまー』『ヒマー』『会話なしw』『なんか しゃべろ~』『いま なにしてる?』『ぢつわ 宿題おわらん』『やばwwwww』…。するとりなが、『みんな ともだち申請(しんせい)オケ?』と聞きました。『よろ』『オッケー』。康美は、りなの「ともだち申請」画面の『追加』ボタンをおします。『りなが友だちになりました』と画面に出ました。「友だち…フフ」。康美はうれしそうにスキップし始めました。

オープニング

scene 05 いやなアバターがあらわれ

アプリ内の広場に、“ももも”というアバターがやってきました。『みんな いくつー?』と聞きます。『16』だというもももは、康美(ジャスミン)が『14』と言うと、『げ』『年下とかムリ』『あばたーダサwwww』と立て続けに言ってきたのです。りなが『ちょっとちょっと』とあいだに入り、康美が『やめてよ』と言っても、『やめてよwwwwww』とからかいます。『ジャスミン、二人ではなそ』と言ってくれるりな。もももは、『きえろ』『くそがき』『きえろ』『くそがき』としつこく言い続けます。りなも画面から消えてしまいました。

オープニング

scene 06 『ルーム』に入れてもらった

「どうしよう…」。康美がこまっていると、『こっちだよー』と画面にりながあらわれました。『ルーム』と『もどる』と二つのボタンがあるので、『ルーム』をおします。すると、りなのルームにいました。友だちどうしならルームに入れるのです。『こわかったよぅ』という康美を『よしよし』となぐさめてくれるりな。りなは、『ぷろふに写真だした』と、プロフィールを見せてくれました。プリクラの写真がのっています。『りな かわいー』『そんなことないよ』『いいな女子高生』…。

オープニング

scene 07 『胸もちっちゃいまんまだぉ』

康美がレンジでごはんをチンして、一人でばんごはんを食べています。そこへ『今 なにしてる?』と、りなからメッセージが入りました。『ふりかけごはん』と返すと、『そんなんじゃ 大人になれないぉ』と、りな。『だって好きなんだもん』と言う康美に、『胸(むね)もちっちゃいまんまだぉ』と、りなが言います。『やだー』と康美が笑っていると、お父さんがおふろから上がってきました。会話をじゃまされた上に、スマホの画面を見られそうになって、康美は自分の部屋に行ってしまいました。

オープニング

scene 08 “りな”って一体?

夜中。『わたしの ひみつの ともだち』と送ると、りなが『ひみつ、おしえて』と言います。『ほんとは 10さい』と言う康美。『りなは?』と聞くと、『18つったじゃん』と言います。『あれ? 17じゃなかったっけ』と聞くと、『自分だって年ごまかしたくせに』と、急に態度(たいど)が変わりました。『もういい めんどくせー』。『ごめん、ほんとにごめん ゆるして』。あやまる康美に、りなはこう言いました。『じゃあ わたしのいうこと きいてくれる? ぱ ん つ み せ て』。そして、まよっている康美にこう言ったのです。『俺(おれ)のもみせるし』…。

オープニング

scene 09 どんな人が書いているかわからない!

これは実際(じっさい)にあった話です。「最初はすごくいいお姉さんだな~って思ったけど、最後はこわかったぁ」と福くん。「“なりすまし”って言って、別の人になりすましている人もいるんだ~。だから、どんな人が書いているかわからないっていうことを理解(りかい)して、やりとりする必要があるんだよ」とスマホが言いました。「そうだね。ぼくも気をつけよう」。福くんもよくわかったようです。これはスマホだけではなくて、ネットにつながるゲーム機や、音楽プレーヤーでもあることなのです。みんなも覚えておきましょう。