ホーム » 番組 » [NHKスペシャル]ドキュメント太平洋戦争 第2集 敵を知らず己を知らず ~ガダルカナル~

番組

番組一覧へ戻る

番組名 [NHKスペシャル]ドキュメント太平洋戦争 第2集 敵を知らず己を知らず ~ガダルカナル~
戦地 ガダルカナル島  放送日 1993年1月10日

「戦争証言アーカイブス」の動画ページ、一部コンテンツには、Adobe Flash Playerを使用しております。快適にお使いいただくためには、最新版のAdobe Flash Playerをインストールしてご利用ください。

Get ADOBE FLASH PLAYER※NHKサイトを離れます

また、推奨環境につきましては、FAQをご覧ください。

チャプター

[1] チャプター1 飛行場を巡る戦闘で不敗を誇った日本陸軍が惨敗  04:34
[2] チャプター2 得意の白兵突撃で近代兵器に立ち向かう  13:03
[3] チャプター3 日露戦争から変わらぬ武器・作戦で戦い続ける  10:49
[4] チャプター4 未知なる日本兵士の研究を行うアメリカ軍  05:19
[5] チャプター5 積極果敢に攻める攻撃精神が被害を増大させる  07:06
[6] チャプター6 ガダルカナル撤退後も同じ失敗を繰り返した日本軍  08:06

番組内容

太平洋戦争における攻守の転換期となったガダルカナル戦。それまで優勢だった日本陸軍は初めて惨敗する。

日本軍が米軍の物量に敗北した戦いと言われ、戦死より病死、餓死した兵士の方がはるかに多かった。もし指導者が冷静に判断を下し撤退していれば、その後の泥沼のような消耗戦は避けられただろう。

米軍の情報リポートやフィルムなどを通してこの戦いを描き、情報を軽視した日本軍という組織の姿を明らかにする。

関連する地図

ガダルカナル島

地図から検索

ページトップ