ホーム » 番組 » [NHKスペシャル]ドキュメント太平洋戦争 第3集 エレクトロニクスが戦(いくさ)を制す ~マリアナ・サイパン~

番組

番組一覧へ戻る

番組名 [NHKスペシャル]ドキュメント太平洋戦争 第3集 エレクトロニクスが戦(いくさ)を制す ~マリアナ・サイパン~
戦地 マリアナ沖  放送日 1993年2月7日

「戦争証言アーカイブス」の動画ページ、一部コンテンツには、Adobe Flash Playerを使用しております。快適にお使いいただくためには、最新版のAdobe Flash Playerをインストールしてご利用ください。

Get ADOBE FLASH PLAYER※NHKサイトを離れます

また、推奨環境につきましては、FAQをご覧ください。

チャプター

[1] チャプター1 サイパンをめぐる攻防戦の裏側  03:59
[2] チャプター2 マリアナ沖海戦における日米の戦力比較  04:13
[3] チャプター3 アウトレンジ戦法の誤算 最新鋭レーダーの登場  06:44
[4] チャプター4 日本のレーダー開発が遅れた要因  04:41
[5] チャプター5 アウトレンジ戦法を打ち砕く米国レーダーの威力  04:48
[6] チャプター6 ゼロ戦を待ち受けるヘルキャット  05:09
[7] チャプター7 エレクトロニクス兵器・VT信管による対空砲火  06:52
[8] チャプター8 惨敗に終わったマリアナ沖海戦  05:38
[9] チャプター9 サイパンの悲劇 攻撃優先・人命軽視の思想  06:52

番組内容

太平洋戦争の行き着く先を示し、日本の敗戦を決定づけたマリアナ沖海戦。この戦いの背後には、日米の熾烈(しれつ)な技術開発競争があった。

第3集では、新たに発掘された日本のレーダー、信管(しんかん=起爆装置)の開発記録の映像と証言をもとに、日米双方の技術開発の思想を探り、技術戦争としての太平洋戦争の姿を明らかにする。

関連する地図

マリアナ沖

地図から検索

ページトップ