1995年 阪神・淡路大震災 発生の瞬間とあの日の朝 (平成7年) 1月17日

被害状況
"マグニチュード7.3の直下型地震。淡路島の一部から神戸市、芦屋市、西宮市、宝塚市にかけて震度7。死者6,434人、行方不明者3人、負傷者43,792人。早朝5時46分の発生であったため、死者の多くは家屋の倒壊と火災による。地滑りで34人が死亡。老朽化した古い木造家屋、台風に備えた重い瓦屋根の平屋家屋、強度不足の山砂コンクリート、重たい高架橋や古い構造物、盛り土で造成された新興住宅地などが倒壊・崩落し、救助や消火活動を妨げた。住家全壊104,906棟、半壊144,274棟、全半焼7,132棟。
<理科年表2020、他>"
映像内容

NHK神戸局(神戸市中央区中山手通2)のスキップバックレコーダーの映像
神戸市広報課提供の映像 撮影 松崎太亮氏
撮影日:1月17日

映像は1995年2月15日放送「阪神大震災 市職員のビデオがとらえた被害の実態」から
「阪神・淡路大震災」の関連動画