1961年 第2室戸台風 (昭和36年) 9月15日~17日

被害状況
死者194人、行方不明者8人。住家の全半壊一部破損499,444棟、床上床下浸水384,120棟。<理科年表 2021>
災害内容

9月8日に発生した台風18号は、14日に沖縄の東海上を、15日朝奄美大島を通過し、16日9時すぎ室戸岬の西方に上陸。 13時過ぎには兵庫県尼崎市と西宮市の間に再上陸、18時に能登半島東部に達し日本海に出た。日本海沿岸を北北東に進み、北海道西岸をかすめてサハリン付近からオホーツク海に進んだ。最大風速は室戸岬66.7メートル、大阪33.3メートル、和歌山35.0メートル、新潟30.7メートルなど各地で暴風となった。暴風や高潮による被害が大きく、大阪市では高潮により市の西部から中心部にかけて31平方kmが浸水したが、過去の同様な規模・進路であった室戸台風、ジェーン台風に比べると浸水面積は小さく、人的被害も小さかった。 兵庫県、和歌山県、四国東部でも高潮による浸水被害があった。台風の通過した近畿地方と吹き返しの強い風の吹いた北陸地方で暴風による家屋の倒壊等の被害が特に大きかった。<第二室戸台風 昭和36年(1961年)9月15日~9月17日 気象庁ホームページ>

映像は1961年9月17・25・26日放送「NHKニュース」、24日放送「NHK週刊ニュース」、12月31日放送「BKニュースこの一年」から