1998年 新潟県で大雨 (平成10年)8月3日~7日

被害状況
新潟県の被害:死者1人、住家の全壊3棟、床上浸水2,183棟、床下浸水12,571棟<防災白書>
災害内容

梅雨前線が日本海から北陸地方に停滞し、太平洋高気圧の西側から暖湿気流が前線に向かって流れ込み、前線の活動が活発となったため、北陸から東北の日本海側で断続的に大雨。特に3日から4日にかけて、新潟県下越・佐渡を中心に記録的な豪雨となった。4日の新潟市の降水量265.0ミリ。<梅雨前線 平成10年(1998年)8月3日~8月7日 気象庁>

映像は1998年8月4日放送「NHKニュース7」から