2016年 熊本地震 (平成28年)4月16日

被害状況
死者50人、関連死223人、負傷者2,809人。住家の全壊8,667棟、半壊34,719棟。<2019年4月現在 理科年表 2022>
災害内容

"4 月 14 日 21 時 26 分,熊本県熊本地方でマグニチュード6.5 の地震が発生し, 熊本県益城町で震度 7 を観測した.その約 28 時間後の 4 月 16 日 01 時 25 分,同じ熊本県熊本地方で マグネチュード7.3 の地震(以下「本震」という.)が発生し,熊本県西原村と熊本県益城町で再び震度 7 を観測し た.このように,2 日間のうちに同一観測点で 2 度も震度 7 が観測されたのは,気象庁の観測史上初 めてのことであった. 4 月 14 日の M6.5 の地震の発生以降,特に熊本地方の地震活動は活発であり,また, 本震の発生後,大分県中部や熊本県阿蘇地方でも多数の地震が発生するなど,地震活動域は熊本県熊 本地方から阿蘇地方,さらに大分県中部にまで帯状に広がり,長さは約 150km に及んだ.気象庁は, これら一連の地震活動を「平成 28 年(2016 年)熊本地震」と命名した.熊本地震においては,震度 1 以上を観測した地震の回数が半 年間で 4,000 回を超えるなど,地震回数が多くなっている.この回数は,活発な地震活動が続いた平 成 16 年(2004 年)新潟県中越地震よりも多い.<平成 28 年(2016 年)熊本地震の概要 気象庁技術報告書 第138号 2018年> "

映像は2016年4月16日放送「NHKニュース7」から