50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
岸部一徳 岸部一徳

岸部一徳俳優きしべいっとく

1947年生まれ、京都府出身。67年、ザ・タイガースでデビュー。75年に『悪魔のようなあいつ』にて俳優に転向。90年、映画『死の棘』でカンヌ国際映画祭グランプリ、キネマ旬報主演男優賞など多くの映画賞を受賞。主な出演作品にドラマ『相棒』シリーズ、『ドクターX 外科医・大門未知子』シリーズ、映画『その男、凶暴につき』『大鹿村騒動記』『鈴木家の嘘』など。NHKへの出演は『続・事件 海辺の家』、ドラマ人間模様『夢千代日記』、ドラマ新銀河『この指とまれ!!』、連続テレビ小説『はっさい先生』『芋たこなんきん』、木曜時代劇『ちかえもん』など多数。

特集ドラマ 宴のあと(1978)

堀川役

特集ドラマ 宴のあと

出稼ぎに行ったまま戻らない夫を捜しに、山形の雪深い村から東京に出てきた女性が、さまざまな事件に遭遇する中で、本当の幸せの意味を探す物語。キャバレーで「小川真由美」という源氏名で働く、その女性をとおして、庶民の生き方を悲しくもコミカルに描く。(80分)。昭和53年度文化庁芸術祭参加作品。作:早坂暁。音楽:山本直純。出演:小川真由美、前田吟、岸部一徳、山本紀彦、二木てるみ、三上真一郎、楠トシエほか。

脚本:早坂暁 音楽:山本直純

ドラマ人間模様 続 事件(1979)

浜村努役

続・事件 海辺の家族

インタビュー

 当時、樹木希林さんの事務所にいて、良質なドラマに出ることを事務所全体の目標にしていました。そうしたらどうしてもNHKに多く出ることになって、初期のころは1年を通してほとんどNHK作品でした。出たいから出られるというものでもなく、思えば、NHKに育ててもらったようなものですね。

努は、殺人容疑のかかる育ての母・フミ子の裁判に証人として出廷する

 『続 事件』は若山富三郎さんが人間味あふれるベテラン弁護士を演じて話題になった『事件』の続編で、大岡昇平さんの原作を早坂暁さんが脚本化。制作を小林猛さん、演出を深町幸男さんが手がけていました。僕は1975年から俳優として活動を始めたものの、まだ経験も浅いなかで選ばれ、早坂さんや深町監督に「どうやって俳優の勉強をしたらいいか」尋ねたことがありました。

菊池(若山富三郎)は、被告人のフミ子(中村玉緒)が娘の晴美をかばっていると気づくが…。若山と、その弟・勝新太郎の妻である中村の共演も話題に

 そうしたら「一日中バスに乗ってずっと人を見ていればいい。僕はそうしているんだ」と早坂さんがおっしゃった。演劇の基礎をイメージして聞いたつもりでしたが、そうやって世の中や人を観察することもひとつの勉強だと教わりました。そうした考え方は深町監督にも共通するものだったと思います。

フミ子の公判を見守る努と晴美(五十嵐めぐみ)。フミ子が罪を被っていることを知るふたりは複雑な心境だった

『続 事件』で演じたのは被告人のフミ子(中村玉緒)の義理の息子。父の後妻であるフミ子とは実の親子のような絆で結ばれている役でした。父方の祖父を演じたのは笠智衆(りゅうちしゅう)さん。

浜村家の人々はフミ子の覚悟を知って事件の真相をひた隠しにするが…

 当時、笠さんは鎌倉にお住まいで、車で送迎するというNHKの人に「僕の健康は歩くことなんで、電車があるうちは歩いて帰ります」とおっしゃって、実行されていたのが印象的でした。例えばNHKからTBSへ移動するようなときでも「乗り換えが分かりにくいから付き合ってくれる?」と頼まれましたね。そんな笠さんを見習って、僕も電車で移動するようにしているんですよ。

菊池は事件の真相を追って浜村家を訪れ、晴美に会いたいと言う

 主演の若山富三郎さんとは俳優としてのデビュー作になった久世光彦さん演出の『悪魔のようなあいつ』というドラマでご一緒しました。僕が若山さんに乱暴に突っかかるシーンで、若山さんはリハーサルの時から本気で投げ飛ばしていらっしゃいましたね。

真実が明るみになり、努は死体を捨てたのは自分だと菊池に告白する

 それが最初の出会いだったので『続 事件』で人間味のある雰囲気の弁護士を演じている若山さんがその時のイメージと全く違って驚きました。実際の若山さんはとにかく現場に一番に来るような方で、好物の甘い物を食べにつれていってもらったりと、かわいがってくださいました。

特集ドラマ 修羅の旅して(1979)

古木悟役

特集ドラマ 修羅の旅して

日本の旧弊な社会の中で、新たな価値観を持って生きようとする女性を描く。アメリカ兵による暴行事件をきっかけに夫と別れ、世間から冷たい視線を浴びる主人公・日輪子は、強い意志で人生を選び取っていく。第20回モンテカルロ国際テレビ祭ゴールデンニンフ賞、国際批評家賞受賞。作:早坂暁。音楽:間宮芳生。出演:岸恵子、中村翫右衛門、長岡輝子、中条静夫、檀ふみほか。

作:早坂暁 音楽:間宮芳生

ドラマ人間模様 万葉の娘たち(1980)

阿部役

ドラマ人間模様 万葉の娘たち

古都・奈良を舞台に、卒業を控えた4人の女子短大生が、陶芸家で短大講師の矢追が吉野川で入水自殺したのをきっかけに関わり合い、真相を探りながら各自の道を見出してゆくオムニバス・ドラマ。卒業を控えたの女子短大生4人。礼子は婚約者が矢追と交際していた?義子はテレビ局の就職を礼子にじゃまされた?智子はテレビ局の役員が仕組んだ縁談に巻き込まれる?仁子は矢追の遺作を買うために夜のバイトをしていた?(全4話)

作:市川森一

土曜ドラマ
市川森一シリーズ「君はまだ歌っているか」
メランコリック・バンド(1980)

猪瀬章役

土曜ドラマ 市川森一シリーズ「君はまだ歌っているか」 メランコリック・バンド

東京・六本木を拠点にしている「アコとメラッコリックバンド」は、落ち目のジャズバンド。かつては名の知れたボーカルのアコも、今では面影もない。そんなバンドに見切りをつけたメンバーのタケシは、下宿先の娘とミニ劇場を作ろうとするが、音楽への夢はなかなか断ち切れない。ひょんなことから知り合った三夏をボーカルに迎え、バンドは再出発するのだが…。音楽に青春をかける若者たちを描いた市川森一の書き下ろし。(全3話)

脚本:市川森一 音楽:大野克夫

ドラマ人間模様
太陽の子 てだのふあ(1982)

梶山先生役

ドラマ人間模様 太陽の子 てだのふあ

神戸の沖縄料理店「太陽の子(てだのふぁ)おきなわ亭」が舞台。そこに集まる沖縄出身の人々の悲しみを、料理店を営む夫婦の娘で、店の人気者のふうちゃんの目を通して伝える。心の病に苦しむ父、片腕を失ったロクさん。ふうちゃんは、戦争が沖縄の人々に与えた悲しい現実に気付いていく。原作は灰谷健次郎の児童文学。

原作:灰谷健次郎 脚本:重森孝子 音楽:小室等

銀河テレビ小説 夢で愛して(1985)

荒牧大五郎役

銀河テレビ小説 夢で愛して

二枚目だが離婚歴があり少々マザコンのエリート銀行員の信介は、大阪のつぶれかけた会社に出向を命じられる。何とか会社を立て直したところで社長が入院。そこに社長の孫娘・モモ子が社長代理として乗り込んできた。最初は敵対していた二人だが次第に惹かれ合っていく。しかしその思いをお互い素直に出せない。病床の社長は孫娘と信介を結婚させたいと画策するが…。信介の苦難と葛藤をコメディタッチで描いた。(全20話)

作:北村篤子 音楽:大野雄二

銀河テレビ小説
暗闇のセレナーデ(1985)

河村定男役

銀河テレビ小説 暗闇のセレナーデ

美大生の美和は親友の冴子と、京都の有名彫刻家に嫁いだ姉の家を訪ねるが、密室のアトリエに瀕死状態の姉がいた。義兄は失踪し、自殺未遂とも殺人未遂ともつかない状況の中で捜査は進む。美和と冴子は義兄の犯行を疑い独自の調査を始めるが、彼も死体で発見される。女子美大生コンビが犯人のトリックの謎解きをしながら真犯人をあぶり出していくミステリードラマ。(全20話)

原作:黒川博行 脚本:東多江子 音楽:高山光晴

銀河テレビ小説 風を愛して(1986)

梶木忠太郎役

銀河テレビ小説 風を愛して

妻のユリ子は料理教室の講師、夫は会社員。結婚して6年、子どもはまだいなく倦怠感が漂っていた。回復を試みるが誤解から逆に火に油を注いでしまい、離婚の危機となる。妻は、離婚歴があるもの大金持ちで独身を謳歌している女友だち麗華の弟といい感じなる、一方、妻に逃げられた夫は奇遇にも社長命令で妻の料理教室の立て直しをするはめになり、教室の再建を麗華に相談したことで、こちらもちょっといい感じに。(全20話)

作:北村篤子 音楽:大野雄二

ドラマ新銀河 この指とまれ!!(1995)

板東誠役

ドラマ新銀河 この指とまれ!!

インタビュー

 藤山直美さん演じる大熊すみれが、あと3か月で閉校になる大阪の小学校で臨時教師として奮闘するお話で、僕はラブホテルを経営しているすみれの教え子の父親を演じました。ドラマの舞台が都会の真ん中にある小学校だったので、登場人物たちの仕事や家庭環境の設定が面白く、演じるのも楽しかったです。

「あなたにね、うちの子のことをとやかく言う権利はない筈ですから」 板東は自身が経営するホテルの前で娘の鈴子を自宅に連れ戻そうとするところをすみれ(藤山直美)にホテルに連れ込もうとしていると勘違いされる。板東との言い合いの末、すみれは断わるつもりだった鈴子のクラス担任を引き受ける

 直美さんとはこれ以前にも、この後も何度も共演しましたが、芝居の技術うんぬんよりも、感情が自然に伝わってお芝居のやりやすい人。この時は特にセリフがすべて関西のことばだったのもあると思いますが、ふだんしゃべっている感じそのままの雰囲気で演じていたように思います。どちらかが笑い出して演技ができなくなることも何度かありました(笑)。

お菓子を焼いたりお茶を入れるのが趣味の板東は、すみれが家庭訪問をする度にもてなす

 ドラマの脚本は井上由美子さん。演出を長沖渉さんが担当されていました。お芝居上で僕と直美さんが「ここちょっと不自然だよね」なんて言いながら勝手に直していたら長沖さんに怒られたりと、最後まで「ああだこうだ」と俳優と演出家の間で思ったことを言い合いながら作ったドラマでした。その後、井上由美子さんと別の現場でお会いしたときに、そんなあれこれが笑い話になった思い出があります。

ムーディーな照明や壁一面の鏡ですみれを驚かす板東。ホテルの客室を改装して住まいにしているが鈴子が裕福な元妻のもとに行く方が良いと考えわざと住んでいる

 その後、直美さんが同じ役名で医者を演じたパート2が作られ、その時は元夫で同僚の医師の役でした。役名は同じなのに、別の人物で不思議な感じでしたね。でも、今見ても面白いドラマだと思います。パート1では撮影後にすみれの実家のおでん屋さんのセットでおでんを食べながら話したり、すみれの生徒を演じた子どもたちともしばらく交流が続いていたのを覚えています。

板東とすみれはお互いが大切な存在と気付き、鈴子を引き取って結婚。みんなから祝福される

土曜ドラマ マチベン(2006)

新田昇一役

土曜ドラマ マチベン

インタビュー

 『マチベン』では第4回「安楽死を裁けますか?」のゲストとして出演しました。沢田(研二)さんが演じる後藤田薫という一見地味で冴えない弁護士は見事でしたね。

「僕は死にたいから安楽死を訴えるんじゃない。最後の時間をちゃんと生きたいんです」。新田は弁護士の天地(江角マキコ)と神原(山本耕史)に真意を語る

 僕が演じたのは末期ガンで余命半年という診断を受けている新田。最後には自分自身が分からなくなってしまうかもしれないという恐怖を抱いている人物でした。その解決策として安楽死の権利を主張し、過去に因縁のある後藤田が所属する町の小さな法律事務所に弁護を頼むのです。

新田と後藤田(沢田研二)は高校時代からの友人だったが、かつて新田が詐欺罪に問われた際に、会社の顧問弁護士だった後藤田の指示だったと虚偽の自白をして裏切った過去があった

 一度は絶望して病院の屋上から飛び降りようとする場面もあり、それを止めた担当看護師の雅美(原田夏希)が実は、名乗ってはいないものの実の娘という設定もありました。

「私、知ってました。病院に来た日から、新田さんが私のお父さんだと。母から名前を聞いていましたから」 担当看護師の雅美(原田夏希)の言葉を聞いた新田の目に涙がにじむ

 後藤田とふたり、屋上で話す場面が印象に残っています。結局、裁判に勝つことはできず新田は死を待つことになるのですが…。このドラマ以降共演の機会がなく、僕にとっては貴重な作品になりました。

「人間はごめんと言いながら死ぬヤツと、ありがとうと言いながら死ぬヤツがいる。おれはありがとうと言って死にたい」 新田は後藤田に語りかける

連続テレビ小説 芋たこなんきん(2006)

花岡常太郎(つねたろう)役

連続テレビ小説 芋たこなんきん

インタビュー

 作家の田辺聖子さんをモデルにしたヒロイン、花岡町子(藤山直美)の日常を描いた作品でした。ドラマは、町子の現在と少女時代が交差するように描かれましたが、少女時代のパートでは町子の曾祖母のウメ(淡島千景)を筆頭に、僕が演じた祖父の常太郎夫婦、そして父親の徳一(城島茂)夫婦と町子ら子どもたちの大家族の賑やかな日々が展開していきました。

「何や何や町子、欲しいもんやったら、爺ちゃんが築港で釣ったげるがな」 常太郎は花岡写真館の創業者。町子たち孫に大らかに接する

 僕の子ども時代にはあんなふうに、親子三代で暮らしているのが日本の家族の典型的な形でしたから、常太郎は僕の記憶のなかにある自分の父親とほとんど同じようなイメージでした。関西のことばで描かれたドラマだったからか、父親や母親の姿や子ども時代の家族形態が思い出されて、とても親近感が湧きました。少女時代の家族を演じた皆さんとは仲良くなり、撮影が終わってからも時々集まったりしましたね。

「ポパイ、ポパイ、どこ見てんの?」 商魂たくましく、泥棒を発見した飼い犬のポパイと一緒に写真を撮るサービスを始める

 NHKの大阪放送局で撮影をしていたので、京都出身の僕はどこか帰って来たような感覚でしたね。関西出身の俳優さんが多かったように思いますが、それ以外の方達は、方言を覚えるのは大変だろうと思いました。だから僕たちは言葉ができるけどラクしちゃダメだよって、別の部分で頑張らないといけないなと、皆で話をしたのを覚えています。

「信用なんて、長いことかかって築いてきても、無くす時は一瞬や。ちょっとした気の緩みが、店傾かせんねや」 度重なるトラブルに見舞われるも、お客さん一人一人の思い出を扱う写真屋としての責任を果たすべく、奔走する

木曜時代劇 ちかえもん(2016)

忠右衛門役

木曜時代劇 ちかえもん

インタビュー

 藤本有紀さんが書かれた脚本がすごかった。よくこんなことを考えるなと思いますね。元禄時代を舞台に、浄瑠璃・歌舞伎作家の近松門左衛門(松尾スズキ)が、謎の渡世人、万吉(青木崇高)と出会い、傑作「曽根崎心中」を生み出すまでを描いた作品。ドラマのストーリーと浄瑠璃をうまくつなげてあって、演じやすいだけでなく本当に面白かったです。

「しょうもないこと気にしてんと、さっさと傑作書きなはれ!」 井原西鶴や松尾芭蕉は下の名前で呼ぶのに、なぜ自分だけ名字で呼ぶのかとなじる近松門左衛門(松尾スズキ)を一蹴する忠右衛門

 僕が演じたのは大坂一の商人、忠右衛門。息子の徳兵衛(小池徹平)の放とうぶりに手を焼く父親でもありました。商人を描くあたりに大坂らしさがよく出ているような気がしますし、息子を演じた小池さんは役によく合っていたと思います。

「浄瑠璃の一つも見て、主君を敬う気持ちやら、義理に堅い生き様やらを身に付けい!」 二日も家を空けていた息子・徳兵衛(小池徹平)を叱責するも、響かず

 竹本義太夫役の北村有起哉さんの語りは上手でしたよね。万吉役の青木崇高さんはこの作品をきっかけに優香さんと結婚したそうですが、撮影中は全然気づかず、驚きました。そのほかにも登場人物のひとりひとりがすべて個性的で、脚本が面白かったからか、みんなイキイキしていました。

渡世人の万吉(青木崇高)と遊女のお袖(優香)は近松の良き相談相手

 こんなふうに振り返ってみると、多くの良質なNHKドラマに出演してきたと実感します。すばらしい脚本家、演出家、そして映画でしか見たことのなかった俳優の方々とも共演できた。ここでお話した作品以外にも、あれも良かった、これも良かったと思い出深いものがたくさんあります。ですからNHKには感謝ですね。僕がこれまで経験してきたように、これからも時代をリードした良いドラマ作りを続けてもらいたいと思います。

「鬼を欺く景清も声を上げてぞ泣きいたり」 徳兵衛が幼い頃、高価な朝鮮人参が買えず妻を救えなかった忠右衛門は、近松の人形浄瑠璃・出世景清(しゅっせかげきよ)の復讐に燃える主人公を見て、朝鮮人参の取引を独占する武士をもひれ伏す豪商になると心に誓う
その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。