一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
石坂浩二 石坂浩二

石坂浩二俳優いしざかこうじ

大河ドラマ 太閤記

織田信長の家来から天下人になるまでをいきいきと描く、人間・豊臣秀吉の物語。番組の冒頭で新幹線を走らせたり、城の石垣の積み方や侍の給料のもらい方など雑学的知識を紹介したり、物語の舞台を現代風景で見せるなど、演出の吉田直哉による斬新な手法が評判になった。主演の緒形拳、織田信長役の高橋幸治など、新人を起用してのキャスティングが話題を呼んだ。

原作:吉川英治 脚本:茂木草介 音楽:入野義朗 語り:平光淳之助

大河ドラマ 天と地と

上杉謙信と武田信玄、両名将の対比をドラマの中心に据えて、戦国の動乱の時代を背景にした人間模様を描く。人間が生きていくことの「すばらしさ」と「むなしさ」を表現した。原作は海音寺潮五郎(かいおんじちょうごろう)の同名小説。石坂浩二が上杉謙信を演じて人気を集めた。「大河ドラマ」初のカラー作品。

原作:海音寺潮五郎 脚本:杉山義法 音楽:冨田勲 語り:中村充

大河ドラマ 元禄太平記

この大河ドラマのテーマである「忠臣蔵」は日本人にとってなじみ深く、「赤穂浪士」(1964年)、「峠の群像」(1982年)でも取り上げている。ここでは大石内蔵助よりも側用人(そばようにん)の柳沢吉保の視点から描く。主役の柳沢吉保を石坂浩二、大石内蔵助を江守徹が好演した。

原作:南條範夫 脚本:小野田勇 音楽:湯浅譲二 語り:福本義典

NHK特集 明治の群像 海に火輪を

明治を日本が国際化していく時代として捉え、この国を運命づけていった人々の波乱に満ちた生涯を、史実に基づき正確に再構成したドキュメンタリードラマ。

作:江藤淳 音楽:間宮芳生 語り:竹脇無我

大河ドラマ 草燃える

鎌倉幕府を開いた源頼朝の妻であり、二代将軍・頼家と三代将軍・実朝の母である政子の生涯を中心に、関東に武家政権を築いた頼朝の時代から、北条氏が実権を握り政権を盤石にした承久の乱までを描く。源頼朝役の石坂浩二、北条政子役の岩下志麻をはじめ、源頼家を郷ひろみ、源実朝を篠田三郎らが好演して注目を浴びた。

原作:永井路子 脚本:中島丈博 音楽:湯浅譲二 語り:森本毅郎

ドラマスペシャル ポーツマスの旗

原作:吉村昭/出演:石坂浩二、原田芳雄、大原麗子、秋吉久美子/1905年日露講和会議を軸に日本、アメリカ・ポーツマス市、ロシアに、人間ドラマを展開。外交の意義、個人と国家の関係をテーマに近代日本史を描く。

原作:吉村昭

大河ドラマ 徳川家康

幼年時代から青年時代にかけての人質生活をはじめ、幾多の辛苦をなめながら、織田信長、豊臣秀吉と同時代を生きた徳川家康。その家康が関ヶ原の戦い、大坂冬の陣、夏の陣を経て戦国乱世に終止符を打ち、天下泰平の偉業を成し遂げるまでを描く。滝田栄が演じた若々しい家康は人間味あふれる新たな家康像を打ち出した。また、信長を役所広司が好演し、大竹しのぶ、池上季実子、夏目雅子ら女優陣が彩りを添えた。

原作:山岡荘八 脚本:小山内美江子 音楽:冨田勲 語り:舘野直光

連続テレビ小説 かりん

男女共学の始まった1948年~1964年(昭和23年~39年)までの時代を背景に、信州諏訪の老舗みそ屋の一人娘・千晶(細川直美)が、恋や友情、そして家族との葛藤を経て成長し、傾きかけた生家を盛り返す半生を描く。「連続テレビ小説」の第50作目に当たり、十朱幸代、石坂浩二、岸田今日子など、豪華な顔ぶれだった。

作:松原敏春 音楽:渡辺俊幸 語り:松平定知

金曜時代劇 天晴れ夜十郎

原作:半村良/演出:村上佑二/出演:阿部寛、石坂浩二、黒木瞳/現代に生きる男が、160年前の江戸にタイムスリップ。義賊の女親分と恋仲になり、河内山宗俊をはじめ天保六花撰の連中と手を組んで巨悪をやっつける痛快娯楽時代劇。

原作:半村良

大河ドラマ 元禄繚乱

華やかな文化が生まれた反面、政治経済が乱れた五代将軍・徳川綱吉(萩原健一)の元禄時代。大石内蔵助(中村勘九郎)ら赤穂浪士の討ち入りを中心に、百花繚乱(りょうらん)の人間模様を描く。「忠臣蔵」とその時代をテーマにした「大河ドラマ」では4作目。内蔵助の妻・りくを大竹しのぶ、浅野内匠頭を東山紀之、吉良上野介を石坂浩二が演じた。原作は船橋聖一の「新・忠臣蔵」

原作:舟橋聖一 脚本:中島丈博 音楽:池辺晋一郎 語り:国井雅比古

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す