一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
江守徹 江守徹

江守徹俳優えもりとおる

大河ドラマ 勝海舟

幕末から維新への激動の時代、佐幕(さばく)と勤皇(きんのう)の対立を超え、世界の中の日本を見つめ、江戸を無血開城へと導いた男、勝海舟の豪快な人間像を描く。途中、主演の渡哲也が急病で降板し、松方弘樹が代役を務めた。放送回は3回分のみ保存されている。番組公開ライブラリーでは総集編(前半・後半)を視聴できる。

原作:子母沢寛 脚本:倉本聰 音楽:冨田勲 語り:石野倬

大河ドラマ 元禄太平記

この大河ドラマのテーマである「忠臣蔵」は日本人にとってなじみ深く、「赤穂浪士」(1964年)、「峠の群像」(1982年)でも取り上げている。ここでは大石内蔵助よりも側用人(そばようにん)の柳沢吉保の視点から描く。主役の柳沢吉保を石坂浩二、大石内蔵助を江守徹が好演した。

原作:南條範夫 脚本:小野田勇 音楽:湯浅譲二 語り:福本義典

銀河テレビ小説 まんが道

出演/竹本孝之、長江健次、江守徹、冨士眞奈美、蟹江敬三/漫画家・藤子不二雄氏が漫画に熱中した青春を、両氏の故郷・富山県高岡市時代を中心にユーモラスに描いたもの。(続編)「まんが道~青春編~」(1987)

原作:藤子不二雄 脚本:大久保昌一良

大河ドラマ 春日局

戦国乱世に生まれ、太平の治世を築く徳川家に仕えた春日局(かすがのつぼね)、名はおふく。本能寺の変で織田信長を討った明智光秀の腹心の娘、謀反人の子として苦難の日々を過ごす。その後、徳川家康の信頼を得て、竹千代(三代将軍・家光)の乳母になり、やがて大奥取締り、将軍の相談役として絶大な権勢を手に入れる。女優・大原麗子が家光をひたすら守り続ける春日局の生涯を好演した。

原作:橋田壽賀子 脚本:橋田壽賀子 音楽:坂田晃一 語り:奈良岡朋子

漢詩紀行

1989年(平成1年)に5本放送して好評を得たのに続き、1990年(平成2年)から日曜日の朝6時台に5分番組として放送。李白、杜甫、白楽天、陶淵明など、古代から日本人に親しまれ、なじみ深い漢詩の数々を、朗読と作品の舞台となった中国の美しい映像で紹介した。

音楽:森本浩正 語り:広瀬修子

大河ドラマ 琉球の風 DRAGON SPIRIT

17世紀初頭、薩摩の侵攻で苦難に陥った琉球王国が舞台。近代琉球の発展に尽くす主人公・啓泰と琉球舞踊家の弟・啓山を中心に、若者たちの人間模様を描く。「大河ドラマ」初の半年間放送。「大河ドラマ」初の主題歌を谷村新司が歌った。NHK沖縄放送局により総集編が一部地元の方言で吹き替えられて放送された。

原作:陳舜臣 脚本:山田信夫 音楽:長生淳 語り:北林谷栄

大河ドラマ 八代将軍 吉宗

紀州藩の三男として生まれ、父や兄が相次いで亡くなったことから、徳川八代将軍に上り詰めた吉宗。享保の改革を断行するなど、江戸幕府中興の祖と呼ばれたその生涯を描く。江守徹演じる近松門左衛門が冒頭やドラマの最中に登場し、庶民から見た将軍家や経済状況などを、パネルや表を使って解説して話題になった。主演は西田敏行、「翔ぶが如く」に次いでの「大河ドラマ」主役となった。

作:ジェームス三木 音楽:池辺晋一郎 語り:江守徹

土曜ドラマ 憲法はまだか

日本国憲法はいかに作り上げられたか。憲法誕生に関わる人々の葛藤を描く歴史ドラマ。1945年(昭和20年)10月、日本国政府は、連邦国軍総司令部(GHQ)から憲法改正の要請を受け、首相の幣原は憲法担当大臣に松本を任命した。松本は政府案を提出するが、英文の憲法草案を突きつけられた。その第一条は、「天皇を日本国の象徴とする」で始まっていた・・・。第1部「象徴天皇」、第2部「戦争放棄」

作:ジェームス三木 音楽:牟岐礼

ドラマスペシャル 菜の花の沖

放送開始75周年記念番組ドラマスペシャル 淡路島から北海道、ロシアへ,北前船で命を賭けて海に生きた男のロマン。江戸時代の海運王高田屋嘉兵衛の物語。

原作:司馬遼太郎 脚本:竹山洋 音楽:小六禮次郎

大河ドラマ 葵 徳川三代

関ヶ原の戦いから大阪冬の陣、夏の陣を経て徳川300年の礎を築いた家康、秀忠、家光の壮大な人間ドラマ。中村梅雀演じる水戸光圀がドラマの案内役を務め、物語の関連知識や情報を提供した。徳川家康を津川雅彦、二代将軍・秀忠を西田敏行、三代将軍・家光を尾上辰之助、秀忠の正室・お江を岩下志麻が演じた。全編ハイビジョンで撮影された最初の「大河ドラマ」

作:ジェームス三木 音楽:岩代太郎 語り:中村梅雀(2代目)

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す