一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
中村玉緒 中村玉緒

中村玉緒女優なかむらたまお

大河ドラマ 三姉妹

1967年(昭和42年)、この年は明治100年を迎えるため、幕末の動乱から明治維新までの時代を取り上げ、旗本の薄幸な三姉妹と純粋で反骨精神の旺盛な浪人・青江金五郎の、運命の変転を軸に描く。歴史上、虚構の人物を取り混ぜ、時代に翻弄されるさまざまな人間像が展開する。原作は大佛次郎(おさらぎじろう)。主人公の三姉妹は岡田茉莉子、藤村志保、栗原小巻が演じて人気を得た。

原作:大佛次郎 脚本:鈴木尚之 音楽:佐藤勝 語り:鈴木瑞穂

銀河ドラマ 針千本

作:平岩弓枝/出演:小沢栄太郎、淡島千景、中村玉緒/仕立て屋一家を舞台に、そこに繰り広げられる人情のからみあいを軽快なタッチで描いたコメディー。(続編)「続・針千本」(1971)

作:平岩弓枝

ドラマ 雪国

ノーベル賞作家、川端康成の長編小説「雪国」をドラマ化。閉ざされた厳しい雪の風土の中で、燃え上がる男女の愛の虚しさを描く。新潟県大潟付近での雪のロケーションを織り込み、原作独特のエロチシズムと美の世界を忠実に表現した。

原作:川端康成 脚本:北条誠

大河ドラマ 新・平家物語

盛者必衰の運命をたどった平家一門の政権獲得から栄華の時代、そして壇ノ浦で源氏に敗れるまでの姿を描く、華やかな歴史絵巻。「大河ドラマ」第10作目として、豪華なキャスティングや大がかりなセットが話題になった。

原作:吉川英治 脚本:平岩弓枝 音楽:冨田勲 語り:福本義典

水曜ドラマ 銀座わが町

東京・銀座を舞台に、そこに暮らす人々の心のふれあいを、明るく爽やかに描くコメディー。天ぷら屋「江戸春」とレストラン「ぎんざ亭」は、物の考えから家族構成まですべてに正反対で、何かにつけていがみ合っていた。そこに両家宛ての紹介状を持った、天涯孤独の娘が現れたからさあ、大変・・・。

作:小野田勇 音楽:小川寛興

土曜ドラマ 松本清張シリーズ 中央流沙

松本清張の小説を斬新な脚本と演出でドラマ化した人気シリーズ。ある官僚が警視庁に呼び出しを受けた後、謎の死を遂げる。自殺か、他殺か。不可解なのは、未亡人が夫の死を悲しむ様子もなく生活を始め、羽振りが良くなり・・・。官僚の汚職という事件をテーマにして話題となった。松本清張は死体運搬役で登場する。

原作:松本清張 脚本:石松愛弘 音楽:眞鍋理一郎

ドラマ人間模様 続・事件

大岡昇平の小説をドラマ化した「事件」が好評だったのを受けて、早坂暁が脚本を担当したシリーズ第2弾。若山富三郎が、人間味あふれる弁護士を好演。弁護士の菊地は国選弁護人として、浅草で古着屋を営む浜村フミ子の弁護を担当する。フミ子は、夫の愛人を殺害し、死体を遺棄した事件の容疑者だった。しかし、フミ子は菊地の弁護を拒否する・・・。被告人役の若山の義理の妹・中村玉緒の演技にも注目。

原作:大岡昇平 脚本:早坂暁 音楽:間宮芳生

ドラマスペシャル 松本清張シリーズ ザ・商社

松本清張原作、和田勉演出で1980年(昭和55年)に4回シリーズで放送した。世界を舞台に石油代理店獲得を目指す日本の総合商社の苦闘と崩壊を描いた経済ドラマである。構想3年、制作期間6か月、4か国でのロケなど、当時のテレビドラマでは空前のスケールであった。

原作:松本清張 脚本:大野靖子 音楽:林光

ドラマ人間模様 太陽の子 てだのふあ

神戸の沖縄料理店「太陽の子(てだのふぁ)おきなわ亭」が舞台。そこに集まる沖縄出身の人々の悲しみを、料理店を営む夫婦の娘で、店の人気者のふうちゃんの目を通して伝える。心の病に苦しむ父、片腕を失ったロクさん。ふうちゃんは、戦争が沖縄の人々に与えた悲しい現実に気付いていく。原作は灰谷健次郎の児童文学。

原作:灰谷健次郎 脚本:重森孝子 音楽:小室等

金曜時代劇 寺子屋ゆめ指南

若き教師と生徒がぶつかりながら成長していく学園ドラマが、江戸の寺子屋を舞台に展開されていく時代劇。高橋和也は時代劇初主演で、千葉真一はNHKの時代劇に初出演した作品である。千葉と娘の真瀬樹里は本ドラマで初めて親子共演を果たした。

脚本:布勢博一 音楽:服部隆之

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す