50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
村上弘明 村上弘明

村上弘明俳優むらかみひろあき

1956年生まれ、岩手県出身。79年に俳優としてデビュー。端正なルックスと確かな演技で、『必殺仕事人』シリーズ、『白い巨塔』など時代劇から現代劇まで幅広く活躍。NHKでも連続テレビ小説『都の風』『ゲゲゲの女房』、大河ドラマ『春の波涛』『武田信玄』『炎立つ』『元禄繚乱』『八重の桜』など出演作多数。また、剣豪もので殺陣にも定評があり、『腕におぼえあり』シリーズや『柳生十兵衛七番勝負』シリーズなどでお茶の間から絶大な支持を集めた。

水曜ドラマ 御宿かわせみ

江戸の大川端にある小さな旅籠(はたご)「かわせみ」を営む女主人・るいと、その恋人で与力の弟・東吾が、仲間たちとともに江戸の町に起こる難事件を解決していく人情捕物帳。総合(水)午後8時からの50分枠。原作:平岩弓枝。脚本:大西信行、金子成人ほか。音楽:池辺晋一郎。出演:真野響子、小野寺昭ほか。1982年度に同じキャストで続編を放送。2003年度に『金曜時代劇』枠で、新キャストによる新シリーズを放送。

原作:平岩弓枝 脚本:大西信行 音楽:池辺晋一郎

銀河テレビ小説 宵待草

大正の初め、都会にあこがれる女学生・キヨノが出会ったのは、京都帝大生・省吾。「京都にでてこんか」の言葉に心躍らすが、その後便りがない。京都の修学旅行先で妹が、省吾は女性と暮らすのを見た、と聞いたキヨノは、父が進めた結婚をする。数年後、京都で暮らす妹から、省吾はまだキヨノを忘れてないと知らせが届く。高知県の海辺に住む姉妹の心の葛藤を縦軸に、二人の青春の軌跡を大正ロマンの時代背景に描く。(全20話)

作:中島丈博 音楽:中村滋延

連続テレビ小説 都の風

京都の繊維問屋に生まれ何不自由なく育った竹田悠(はるか)は、店の後継ぎのことで父に反抗し家出。大阪の大衆食堂で働き、生きる知恵と情熱を身につける。戦後、結婚しファッションの世界で活躍する。持ち前の才気とバイタリティーで、戦中・戦後の動乱期を駆け抜けた京娘の青春快走記。作:重森孝子。音楽:中村滋延。語り:藤田弓子。出演:加納みゆき、松原千明、黒木瞳、柳葉敏郎、西山嘉孝、久我美子、村上弘明ほか。

作:重森孝子 音楽:中村滋延 語り:藤田弓子

銀河テレビ小説 おとんぼ

大阪・西成で開業する老女医には4人の息子がいる。長男から三男まではそれぞれの人生を歩んでいるが、末っ子は医大を中退し、母の病院の雑事と家事一切を担っていた。彼の夢は、老人と子どものためのユートピアをつくることだった…。地域医療ひとすじに生きてきた老女医と、家族や知人の生きる姿を描きながら、医の〝信頼の絆〟を考えていく。「おとんぼ」は、大阪弁で末っ子のこと。老女医はミヤコ蝶々が好演。(全20話)

作:重森孝子 音楽:横山ヤスオ

土曜ドラマ 兄弟

銀行員の長田立夫は、父の再婚で家を出てから32年。実家には義母と異母弟の健太郎がいた。父が亡くなり遺言状には、土地・家屋は義母の則子、株券・貯金はすべて異母弟の健太郎にというものである。そこに、立夫が幼いときに養子に出された実弟の娘が現れ、終戦直後の意外な事実が明かされる。遺言状をめぐり鋭く対立する長男と異母弟を描いた。主演の村上弘明が第27回ギャラクシー賞奨励賞を受賞。(全2話)

作:竹山洋

金曜ドラマ 腕におぼえあり

「よろずもめごと仲裁」の用心棒家業を始めた青江又八郎が、舞い込む依頼を解決。豪快な殺陣(たて)に人情も絡め、人気を呼んだ。主人公の青江又八郎は、村上弘明の当たり役の一つになった。原作は藤沢周平の「用心棒日月抄(じつげつしょう)」など。平均視聴率15.5%。続編として「腕におぼえあり2」(1992年)、「腕におぼえあり3」(1993年)、「新・腕におぼえあり」(1998年)がある。

原作:藤沢周平 脚本:中島丈博 音楽:近藤等則 語り:坂上二郎

大河ドラマ 炎立つ

蝦夷地と呼ばれた東北の都・平泉に君臨した奥州藤原氏の四代にわたる興亡。平安時代前期の朝廷と奥羽の関わりから、奥州合戦で奥州藤原氏が滅亡するまでを描いた。撮影のオープンセットは終了後「歴史公園えさし藤原の郷」となった。原作:高橋克彦。脚本:中島丈博。音楽:菅野由弘。語り:寺田農。出演:渡辺謙、村上弘明、渡瀬恒彦、里見浩太朗、古手川祐子、佐藤浩市、野村宏伸、時任三郎、紺野美沙子ほか。

原作:高橋克彦 脚本:中島丈博 音楽:菅野由弘 語り:寺田農

大河ドラマ 秀吉

戦国時代、尾張の貧しい農民の子として生まれ、織田信長の足軽から駆け上り、ついには天下人となった豊臣秀吉の生涯を、現代の視点から新解釈。映画を中心に活躍してきた竹中直人が、明るくエネルギッシュな新しい秀吉を演じ人気を博した。原作:堺屋太一。脚本:竹山洋。音楽:小六禮次郎。語り:宮本隆治。出演:竹中直人、沢口靖子、渡哲也、仲代達矢、高嶋政伸、市原悦子、赤井英和、村上弘明、野際陽子、古谷一行ほか。

原作:堺屋太一 脚本:竹山洋 音楽:小六禮次郎 語り:宮本隆治

大河ドラマ 元禄繚乱

華やかな文化が生まれた反面、たがが緩んだ元禄時代の世相と政治経済が乱れた五代将軍・徳川綱吉の治世への抗議をもくろむ大石内蔵助。赤穂浪士の討ち入りまでの日々を中心に、策略と陰謀の中で繰り広げられる人間模様を描いた。原作:舟橋聖一。脚本:中島丈博。音楽:池辺晋一郎。語り:国井雅比古。出演:中村勘九郎(五代目)、大竹しのぶ、村上弘明、松平健、石坂浩二、東山紀之、萩原健一、宮沢りえ、鈴木保奈美ほか。

原作:舟橋聖一 脚本:中島丈博 音楽:池辺晋一郎 語り:国井雅比古

ドラマ家族模様 マッチポイント!~女が勝負をかける時~

大場道子がキャプテンを務める大空電気沖浜工場のバレーボールチーム「スカイ・クリーナーズ」はVリーグの下部組織である地域リーグの最下位。かつては強く、黄金時代もあったが、現在は21連敗中! 部員はわずか、7名で監督の広瀬は「大空軒」で酒におぼれる毎日で、まったくやる気を失っている。 そんなある日、東京本社で働いていた進が、工場に総務部長として赴任してきた。赴任の目的はリストラで、オーナーの重子からバレー部廃止の指示を受けてきた。 そして、進は新しい恋人・冴子を連れていた・・・。

脚本:矢島正雄

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。