一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
大原麗子 大原麗子

大原麗子女優おおはられいこ

幸福試験

作:筒井敬介/出演:旗照夫、北竜二、藤原釜足、大原麗子、悠木千帆/人生には幸福になるための試験がある…。月~土の午後6時35分から全293回放送の帯ドラマ。NHKの新人オーディションに合格した大原麗子のデビュー作。

作:筒井敬介

大河ドラマ 勝海舟

幕末から維新への激動の時代、佐幕(さばく)と勤皇(きんのう)の対立を超え、世界の中の日本を見つめ、江戸を無血開城へと導いた男、勝海舟の豪快な人間像を描く。途中、主演の渡哲也が急病で降板し、松方弘樹が代役を務めた。放送回は3回分のみ保存されている。番組公開ライブラリーでは総集編(前半・後半)を視聴できる。

原作:子母沢寛 脚本:倉本聰 音楽:冨田勲 語り:石野倬

大河ドラマ 獅子の時代

明治維新前年のパリ万博、幕府随行員として赴いた会津藩の下級武士・平沼銑次。幕府に対抗して独自に参加した薩摩藩の苅谷嘉顕。万博で出会った架空の2人が近代国家樹立という志を掲げて生きるさまを追い、幕末から明治にかけての激動の時代を描く。「大河ドラマ」初の明治もの。会津訛り(なまり)でしゃべる菅原文太の迫力ある演技が話題になった。

作:山田太一 音楽:宇崎竜童 語り:和田篤

大河ドラマ 山河燃ゆ

山崎豊子の小説「二つの祖国」を基に、太平洋戦争を挟む激動の時代を生き抜いた日系アメリカ人・天羽(あもう)家の人々の視点から、日本とアメリカを舞台に、二・二六事件、太平洋戦争、日系人の強制収容、原爆投下、東京裁判へと続く昭和史を描く。初めて太平洋戦争を描いた「大河ドラマ」。主演は松本幸四郎、弟を西田敏行、父を三船敏郎が演じた。

原作:山崎豊子 脚本:市川森一 音楽:林光 語り:和田篤

大河ドラマ 春日局

戦国乱世に生まれ、太平の治世を築く徳川家に仕えた春日局(かすがのつぼね)、名はおふく。本能寺の変で織田信長を討った明智光秀の腹心の娘、謀反人の子として苦難の日々を過ごす。その後、徳川家康の信頼を得て、竹千代(三代将軍・家光)の乳母になり、やがて大奥取締り、将軍の相談役として絶大な権勢を手に入れる。女優・大原麗子が家光をひたすら守り続ける春日局の生涯を好演した。

原作:橋田壽賀子 脚本:橋田壽賀子 音楽:坂田晃一 語り:奈良岡朋子

土曜ドラマ チロルの挽歌

山田太一の脚本で実現した、高倉健の数少ないTVドラマ主演作。鉄道会社の技術部長・立石は、テーマパーク「チロリアンワールド」の建設責任者に任命され、北海道の田舎町へと単身赴任するが、そこには自分と娘を捨てて駆け落ちした妻が住んでいた・・・。生き方を変えることを迫られる男を、高倉健が寡黙に演じた。

作:山田太一 音楽:日向敏文

土曜ドラマ もうひとつの家族

作:竹山洋/出演:大原麗子、古谷一行、原田美枝子/夫が富山で突然死する。妻に書かれた手紙には、離婚の意志が書かれていた。夫が故郷のように大事にしていた富山の家の家族。妻は夫の軌跡をたどり、夫が求めていたものを知る。

作:竹山洋

大河ドラマ 徳川慶喜(よしのぶ)

260年余り続いた江戸幕府、最後の将軍・徳川慶喜(よしのぶ)を通して、日本史上最大の動乱期である幕末を幕府側から描いた作品。薩長同盟が結ばれ、倒幕の動きが激しくなる中、慶喜は第十五代将軍に就任する。たくましく生きる江戸庶民の日常や下級武士の生活を織り交ぜながら、国を背負い、命がけで時代と格闘した若き指導者、徳川慶喜の苦悩と葛藤の半生を描く。

原作:司馬遼太郎(「遼」しんにょうの点が二つ) 脚本:田向正健 音楽:湯浅譲二 語り:大原麗子

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す