一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
十朱幸代 十朱幸代

十朱幸代女優とあけゆきよ

連続ドラマ バス通り裏

NHK初の本格的な「連続ドラマ」。月曜日から金曜日まで、午後7時のニュースに続く15分番組だった。主人公となるのは高校の国語教師と隣の美容院の一家。何気ない日常生活を描く。当時、10代だった十朱幸代と岩下志麻が出演した。人気が高く、「連続ドラマ」初の大ヒットとなった。5年間に全1,395回。1960年(昭和35年)10月よりカラー化された。

作:筒井敬介 音楽:中原美紗緒

あひるの学校

原作:阿川弘之/脚本:阪田寛夫、倉本聰/演出:中山三雄、大原誠/出演:芦田伸介、十朱幸代、加賀まりこ、津田京子/男手一つで育てた3人の娘たちが一人歩きを始める年ごろとなり…。頑固だけども人間味溢れる父と現代娘の家族模様。

原作:阿川弘之 脚本:阪田寛夫

あまくちからくち

作:花登筐/出演:渡哲也、渡瀬恒彦、十朱幸代/伝統ある京都伏見の造り酒屋を背景に、守るべき資産を持たされた兄と、サラリーマンとして出発する弟の双子がたどる対照的な人生を中心に、京都の商法を墨守する人々の姿を描いた。

作:花登筐

あめりか物語

作:山田太一/出演:北大路欣也、十朱幸代、八千草薫、若山富三郎、西田敏行、梶芽衣子、池上季実子/明治、大正、昭和、アメリカに移住した日系移民三代の、愛と苦闘の物語。白人社会に地位を築こうとしてきた人々を描く。

作:山田太一 音楽:池辺晋一郎

土曜ドラマ 春の一族

作:山田太一/出演:緒形拳、十朱幸代、藤岡琢也、丘みつ子、浅野忠信/東京・下町の古アパートを舞台に「個と共存」のテーマをリアルな生活感覚で描いた。(続編)「秋の一族」(1994)主演:緒形拳、「夏の一族」(1995)主演:渡哲也。

作:山田太一

連続テレビ小説 かりん

男女共学の始まった1948年~1964年(昭和23年~39年)までの時代を背景に、信州諏訪の老舗みそ屋の一人娘・千晶(細川直美)が、恋や友情、そして家族との葛藤を経て成長し、傾きかけた生家を盛り返す半生を描く。「連続テレビ小説」の第50作目に当たり、十朱幸代、石坂浩二、岸田今日子など、豪華な顔ぶれだった。

作:松原敏春 音楽:渡辺俊幸 語り:松平定知

ドラマ 蒼天(そうてん)の夢

吉田松蔭は、海外渡航を試みて伊豆下田に再来日した黒船に乗り込みます。松蔭はペリーと話をして、人間は生まれながらにして平等であることと日本という国の在り方について考えることを学び、その後の明治維新で活躍する男たちを育てます。そして、松蔭の遺志を継いだ高杉晋作は農民や町民からなる騎兵隊を率いて幕府軍を破り、長州を倒幕へ向かわせます。新しい時代を見ることなく、若くして散った2人の友情を描きます。

原作:司馬遼太郎 脚本:下川博 音楽:服部隆之

土曜ドラマ トップセールス

大企業から自動車販売会社に転職、さまざまな困難を乗り越えてトップセールスへと駆け上り、外車のセールスに転じて、後に社長にまでなった女性の一代記。団塊の世代である高校の同級生5人の男女の恋模様と共に、彼らの人生を追うことで、戦後日本経済の中心となった自動車業界の流れも描いた。主演は夏川結衣。モデルになった林文子は日産自動車販売社長の後、ダイエーCEOを経て横浜市長(第30代)を務める。

作:山本むつみ

連続テレビ小説 カーネーション

世界で活躍するデザイナー、コシノ三姉妹の母親の小篠綾子をモデルにした物語。1913年(大正2年)生まれのヒロイン・小原糸子が大阪府岸和田を舞台に繰り広げる、「大阪のおかあちゃん」一代記。20歳で洋装店を開業、22歳で結婚するが夫は戦死。しかし、着物の時代に洋服に憧れ、ミシン一つで3人の娘を育て上げながら人生を切り開いていく奮闘ぶりを描く。

作:渡辺あや 音楽:佐藤直紀 語り:尾野真千子

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す