50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
十朱幸代 十朱幸代

十朱幸代女優とあけゆきよ

1942年生まれ、東京都出身。華やかな存在感で映画やドラマ、CMなど幅広く活躍。58年、NHKのドラマ『バス通り裏』でデビュー。岩下志麻らとともに、瑞々しい演技が高く評価された。その後、映画『震える舌』『花いちもんめ。』でブルーリボン主演女優賞を受賞。NHKでも、主演した71年の銀河ドラマ『ゼロの焦点』で日本放送作家協会女性演技賞受賞。大河ドラマ『黄金の日日』『北条時宗』へも出演。『北条時宗』ではナレーションも務めた。

連続テレビ小説 旅路(1967)

佐々木三千代役


国鉄職員とその妻を中心に、平凡に生きることの幸せをつづった心温まる物語。北海道、東京、大阪、京都、三重県を舞台に、(大正4年~昭和37年)ヒロイン10歳~55歳までの半生を描く。鉄道員の夫を横内正、妻を日色ともゑが演じた。

作:平岩弓枝 音楽:依田光正 語り:山内雅人

連続テレビ小説 旅路

バス通り裏

NHK初の本格的な「連続ドラマ」。(月~金)午後7時のニュースに続く15分番組。1960年度より(月~土)放送。高校の国語教師と隣の美容院の一家を舞台に、市井の人々の何気ない日常生活を描くホームドラマ。当時、10代だった十朱幸代と岩下志麻が出演して人気に。大ヒットし、5年間に全1395回を放送。1960年10月よりカラー化。作:筒井敬介、須藤出穂。音楽:服部正。出演:小栗一也、織賀邦江ほか。

作:筒井敬介 音楽:中原美紗緒

おねえさんといっしょ

同名のラジオドラマをもとに、テレビのために書き下ろした帯番組。5歳児の「たっちゃん」と「おねえさん」たちの毎日の生活を中心に、中華料理店の夫婦やベーカリーの娘「ローザ」とのふれあいを描いた。総合(月~土)午後6時台の15分番組で全309回放送。作:筒井敬介。音楽:富永三郎。出演:十朱幸代、太田岳二、姉川ローザほか。

作:筒井敬介 音楽:富永三郎

あひるの学校

万事古風で頑固な父親と、今風で活発な3人の結婚適齢期の娘の暮らしと生き方を明るく描いたホームコメディー。阿川弘之の作品「あひる飛びなさい」「ぽんこつ」「カレーライス」「銀のこんぺいとう」「黒い坊ちゃん」の5作品から脚色。総合(火)午後8時からの1時間番組で全47回。原作:阿川弘之。脚色:阪田寛夫、倉本聰。音楽:広瀬健次郎。出演:芦田伸介、十朱幸代、加賀まりこほか。

原作:阿川弘之 脚本:阪田寛夫

放送-きのう・きょう・あす-

放送記念日特集。初期のラジオ時代からテレビ放送の時代へと進化する放送の姿を伝え、これからの放送の可能性を探る。カラー作品。「第17回技研公開」(モノクロ・音声なし)の様子も紹介する。出演:今福祝アナウンサー、十朱幸代、加賀まりこ、津田京子。

あまくちからくち

伝統ある京都伏見の造り酒屋で、守るべき資産を持たされた兄と、サラリーマンとして出発する弟の双子がたどる対照的な人生を中心に、京都の商法を墨守する人々の姿を描いた。渡哲也と渡瀬恒彦の兄弟初共演、NHK初出演が話題となる。総合(月)午後8時からの40分番組で全47回を放送。作:花登筐。音楽:奥村貢。出演:渡哲也、渡瀬恒彦、十朱幸代、浪花千栄子、茂山千五郎ほか。

作:花登筐

第1回郷土芸能の祭典

日本各地の郷土芸能を守る人たちが、NHKホールに集まって郷土芸能の神髄を披露。全国各地から17団体・565人が出演。弘前ねぷた祭りの太鼓、日本三大夜祭りの1つ秩父祭りの屋台も会場に運び込まれた。第1部「北から南から」、第2部「ふるさと賛歌」、第3部「豊年祈願」の3部構成。司会:相川浩アナウンサー、十朱幸代。出演:ちあきなおみ、千昌夫、桜田淳子、細川たかし。1977年3月21日午後7時30分からの2時間番組。

銀河テレビ小説 熱き涙を

妻子ある男性と心中未遂の過去をもつ女と、妻に先立たれた男との再婚話の前に、女が高校時代に恋心を描いた思い出の人が現れる。厳しい冬の日本海の荒々しさと対象的に、そこに住む人たちの人情と生活の機微の中に、女としての幸せを考えながら、自分の置かれた立場や、土俗的な風習に揺すぶられ、ひたむきな愛を抱きながら、ついに実ることのできない女の哀しみを描いた。(全20話)

作:楠田芳子 音楽:木下忠司

特集ドラマ あめりか物語

明治末、アメリカに渡った日系移民の姉弟とその家族3代が、人種差別などさまざまな迫害に苦しみながら、次第に新天地に根を下ろしていく姿を各回80分4夜連続で描いた。芸術祭優秀賞。作:山田太一。音楽:池辺晋一郎。出演:北大路欣也、十朱幸代、若山富三郎、八千草薫、西田敏行、宝生あやこ、梶芽衣子、長門裕之、宇津宮雅代、榊原郁恵、倍賞美津子、永島敏行、中村雅俊、池上季実子、山内明ほか。

作:山田太一 音楽:池辺晋一郎

銀河テレビ小説 夢見る頃を過ぎても

夫に蒸発された早苗は、東京下町のある横丁で、住み込み店員の正巳とともに豆腐屋を営んでいるが、横丁の人々は二人の仲をめぐってあれこれと口うるさい。だが、商売にも真面目な二人が恋仲であることを知った横丁の人たちは、やがて二人を応援し、蒸発した夫の葬式と二人の結婚式をしようということになった。しかしそこに蒸発した夫が戻ってきて…。ジェームス三木の書き下ろしラブ・コメディ。(全19話)

作:ジェームス三木 音楽:あかのたちお

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。