一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
小林稔侍 小林稔侍

小林稔侍俳優こばやしねんじ

ドラマスペシャル 安寿子の靴

「山椒大夫」「安寿と厨子王」の物語を下敷きにした、唐十郎のオリジナル作品。ある春の日の午後、家出した幼い少女と学生服の少年が、京都・鴨川の川辺で出会う。少年に付きまとう少女。そんな時、少年は病気で死んだ姉の赤いハイヒールを片方だけ見つける。それは少年が姉にプレゼントしたものだった・・・。大人が見失った宝物を探す少年少女の冒険ドラマの形で、現代のぐう話を語る。演出の三枝健起はテレビ大賞新人賞を受賞。

作:唐十郎 音楽:中島みゆき

連続テレビ小説 はね駒(こんま)

明治から大正にかけて活躍した女性記者の草分け、磯村春子がモデル。福島県相馬に育った「はね駒」(はねこんま=おてんば娘)のりん(斉藤由貴)が、仙台の女学校で英語を学び、上京。結婚、出産の後、家庭との両立に悩みつつも理解ある夫(渡辺謙)に見守られながら、新聞記者への道をひらく。ヒロインの母を樹木希林、父を小林稔侍、初恋の男性を沢田研二が演じた。

作:寺内小春 音楽:三枝成彰 語り:細川俊之

NHKスペシャル ドラマ 失われし時を求めて-ヒロシマの夢-

広島局制作/脚本家・早坂暁が実話をもとに書き下ろし。主人公(小林稔侍)は、原爆の恐怖から逃れるため自殺を図り、記憶喪失。同情する女と、夫を死亡認定した妻。女の葛藤が複雑…。文化庁芸術作品賞。

脚本:早坂暁

大河ドラマ 翔ぶが如く

幕末から明治にかけての日本の変革期をリードした西郷隆盛と大久保利通の友情と対立を軸に、近代国家づくりに奔走した人々の姿を描く。ナレーションや台詞(せりふ)に薩摩ことばを積極的に導入したことでも話題になった。明治維新を成し遂げた2人だが、西郷の唱える「征韓論(せいかんろん)」は政府の根幹を揺るがし、国の存亡を賭けた抗争へ沸騰していく・・・。西郷隆盛を西田敏行、大久保利通を鹿賀丈史が演じ人気を博した。

原作:司馬遼太郎(「遼」しんにょうの点が二つ) 脚本:小山内美江子 音楽:一柳慧 語り:草野大悟

土曜ドラマ 銀行 男たちのサバイバル

新春特番企画として2週連続放映された迫真の金融界再編ドラマ。大手銀行に勤務する同期入行の3人の男。本社の総合企画部長(中村敦夫)、業務推進部長(橋爪功)、そして名古屋の老舗の支店長(小林稔侍)。横浜支店長が謎の死を遂げ、3人は運命にたぐり寄せられるように再会する。そこに、「合併を工作せよ」との極秘指令が、頭取から総合企画部長に下る。3人の対立、苦悩を描く。

原作:山田智彦 脚本:仲倉重郎 音楽:五輪真弓 語り:小林稔侍

土曜ドラマ 刑事

過酷な人生に誇りと信念をもって生きる刑事の姿を、作・早坂暁、主演・高倉健で描く。警視庁捜査一課主任・秋庭実は、数々の事件で修羅場をくぐり抜けてきたベテラン刑事。犯人の逆恨みから妻を殺されたという過去を持っている。そんな秋庭の元に、元部下・村沢巡査が刺殺されたという一報が入り・・・。高倉健自身が歌う主題歌「約束」も魅力の一つである。

原作:早坂暁 音楽:小林亜星

大河ドラマ 八代将軍 吉宗

紀州藩の三男として生まれ、父や兄が相次いで亡くなったことから、徳川八代将軍に上り詰めた吉宗。享保の改革を断行するなど、江戸幕府中興の祖と呼ばれたその生涯を描く。江守徹演じる近松門左衛門が冒頭やドラマの最中に登場し、庶民から見た将軍家や経済状況などを、パネルや表を使って解説して話題になった。主演は西田敏行、「翔ぶが如く」に次いでの「大河ドラマ」主役となった。

作:ジェームス三木 音楽:池辺晋一郎 語り:江守徹

土曜ドラマ うどんとビデオ

作:西岡琢也/主演:小林稔侍/会社を辞めた中年会社人間・日下部克男は心ならずも始めたビデオ制作会社で人と関わり合う面白さ、大切さに気づく。現在失われつつある「オヤジ像」を、一人の男を通して現代的意味を問い直す。

作:西岡琢也

プレミアムドラマ 珈琲屋の人々

東京下町の商店街。ひっそりとたたずむレトロな喫茶店『珈琲屋』。この店には、集う人々の問題や悩みが日々持ち込まれドラマが起きる。店主・宗田行介(高橋克典)が心を込めていれるコーヒーは、そうした人たちの悩みを受け止め、心を幸福する奇跡の1杯。そんな行介にも大きな心の傷があった。ある時、彼の前に冬子(木村多江)が現れる。たびたび訪れ、ただおいしくコーヒーを飲む冬子に、行介は次第にひかれるが…。(全5回)

原作:池永陽 脚本:渡辺千穂 音楽:めいなCo.

ドラマ10 愛(いと)おしくて

有松絞りの師匠に弟子入りするために、藤沢小夏(田中麗奈)が岐阜県の山間の工房にやってくる。師匠の怜子(秋吉久美子)からの弟子入りの条件は、なんと一匹の保護犬の面倒をみることだった。犬嫌いだった小夏は獣医師の光太郎(吉田栄作)から犬の飼育について指導を受けることになる。しかし、実は光太郎は怜子の愛人だった。そんなとき、かつて愛人をつくって家族を捨てた父、辰造(小林稔侍)が小夏の前に突然現れる。女と男の揺れ動く人間模様、壊れてしまった親子の絆とその再生、そしてたどりつく本当の愛、今を生きる女性たちに、勇気と感動を贈る物語。

作: 黒土三男

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す