一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
小林薫 小林薫

小林薫俳優こばやしかおる

1951年生まれ、京都府出身。71年から80年まで唐十郎主宰の劇団「状況劇場」に在籍。主な出演作に「深夜食堂」シリーズ、ドラマ「ナニワ 金融道」シリーズ、映画「海賊とよばれた男」など。NHKでは大河ドラマ「峠の群像」、「おんな城主 直虎」、連続テレビ小説「天うらら」、「カーネーション」、銀河テレビ小説「青春戯画集」、ドラマ「イキのいい奴」、「二十歳と一匹」、土曜ドラマ「55歳からのハローライフ」ほかに出演している。

銀河テレビ小説 青春戯画集(1981)

三好弘継役

銀河テレビ小説 青春戯画集

インタビュー

 僕はもともと今でいう小劇場の役者でした。大きな劇団ではなかったので、僕らがやっていた舞台を好んで見に来てくれる、非常に限られた人たちにしか認知されていなかったと思います。それが劇団を辞めて半年ほど経ったころ、最初にお声がけいただいたテレビドラマがこの作品でした。「青春戯画集」のすぐ後に大河ドラマ「峠の群像」のお話もいただくことになり、徐々にテレビドラマのお仕事が増えていきましたね。

 このドラマは大阪に長期間泊まり込んで撮影をしていました。共演の鹿賀丈史さん、樋口可南子さんとは同年代で、長い間ご一緒したこともあり、僕のなかでは同期のような感じ。樋口さんとは、その後、何度か共演させていただきました。

二人の若き日本画家と祇園の舞妓が織り成す青春模様
三好のライバル・楳図(鹿賀丈史)と舞妓の染菊(樋口可南子)

ドラマ イキのいい奴(1987)

兵藤晋作役

ドラマ イキのいい奴

インタビュー

 僕が演じたのは頑固一徹な寿司職人。当時、現場には役のモデルになった親方が若手の方と一緒にいらして、付きっきりで指導してくださいました。

 やはりプロの職人さんですからこだわりもおありで、「今日いいネタが入ったよ」なんてお芝居のときに出すマグロの塊だけは画面を通しても善し悪しが分かってしまうと、スタッフに「いいものを買ってほしい」と要望したそうです。だから、当時でも何十万かするような上等なマグロが用意されていました。高級品ですから半分以上は冷凍して短冊に切って出したり、寿司を握るシーンで使ったり、その都度さまざまに形を変えて登場していたんですよ。握ったのを食べたりしたけれど、確かにうまかったね。

晋作は頑固で短気、江戸っ子気質の鮨職人

 ドラマ自体は面白いシーンが多くて、演じながらよく吹き出していました。今でも覚えているのが、パート2のときに石田えりさん演じる道子が辰巳鮨に泊まりに来た場面。僕が演じた親方と、金山一彦くん、益岡徹くんのふたりが演じた弟子たちは、2階を道子に明け渡して1階で雑魚寝しているんですが、親方がトイレに立とうとすると、夜這いと勘違いして必死に止めるという…(笑)。「トイレだよ」、「違うんでしょ」というやりとりが、自分でもおかしくて、面白かったなぁ。

酔っぱらって店にきた道子(石田えり)を晋作は心配する
道子が泊まることになり、弟子の安男(金山一彦)と謙助(益岡徹)は落ち着かない

連続テレビ小説 カーネーション(2011)

小原善作役

連続テレビ小説 カーネーション

インタビュー

 尾野真千子さん演じるヒロイン・糸子のお父ちゃんという役どころ。呉服店を営んでいるのですが、商売が下手な上に、時代は着物から洋服へ移り変わる過渡期。店はいつも左前という状況のなかで、洋服に興味を持った娘をなかなか認められずにいました。

善作はヒロイン・糸子(尾野真千子)の頑固で怖い父親

 でも、ひたむきに夢を追おうとする糸子の姿を見るうち、結局は親心が動いて認めてやることになる。財前直見さん演じるデザイナーの先生に「娘を指導してやってほしい」と頼みに行ったりしてね。いわゆる人情ものなんです。

 善作はいわゆる昔かたぎなお父ちゃんで、理不尽だったり、身勝手でしたが、その反面で子どもを思う普通の親でもありました。そんな風に幅のある役だったので、演じていて面白かったですよ。

土曜ドラマ 55歳からのハローライフ(2014)

下総源一役

土曜ドラマ 55歳からのハローライフ

インタビュー

 第二の人生を考え始める年代にスポットを当てたドラマでした。僕が演じたのは62歳になるトラックの長距離運転手・下総源一。彼の職業には明確な定年がないのですが、そんな日常のなかに突然、安田成美さん演じる彩子が現れます。何にもなかった日常に風が吹くように、主人公の目の前に女性が現れて去っていく…。恋は実を結ばないものの、その描き方が面白かったと思っています。

 この年代の恋を取り上げたドラマはあまり描かれないですし、実際に描くとしたらなかなか難しいと思うんです。若いときなら好きな人にだまされたって笑い話になるけれど、年を取ってからではちょっと辛いですよね。

 でも年寄りが時代劇しか見ないかといったらそうじゃない。身近なものも見たいと思うんです。もしかしたらそんなニーズに応えようとしたのが、このドラマだったのかもしれないですね。これからもこうしたドラマが増えると面白いですね。

古本屋で出会う彩子(安田成美)にひかれる源一

大河ドラマ おんな城主 直虎(2017)

南渓和尚役

大河ドラマ おんな城主 直虎

インタビュー

 「おんな城主 直虎」で演じているのは、井伊家の菩提寺・龍潭寺の住職で、直虎にとっては大叔父にあたる南渓和尚。幼いころから直虎を育て、支えてきた人物です。

 直虎自身は誰にもマネできない、持って生まれた天性の資質を備えていると思いますが、そこに示唆を与えたり、そっと背中を押したりするのが南渓の役目。とぼけた所もあれば、厳しいところや鋭いところも持ち合わせていて、非常につかみどころがないので、前もって「こうだ」と決めつけずに演じてきました。

 物語のスタート当初、おとわに向けて「答えは一つとは限らぬからの。まだまだあるかもしれんぞ」と言うセリフがあったのですが、南渓についても同じことがいえるのではないかと思います。ドラマを観ていくなかで、最後に「南渓はこんな人だったのかな」と感じていただければうれしいです。

南渓は次郎法師(柴崎コウ)の城主としての資質を見抜く
その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す