50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
中条静夫 中条静夫

中条静夫俳優ちゅうじょうしずお

1926‐1994年、東京都出身。1948年に大映に入社し、大部屋俳優から役者人生をスタート。その後は劇団などを経て演技力を磨き、テレビの世界へ。『東京警備指令 ザ・ガードマン』にレギュラー出演すると、お茶の間の人気を獲得。以来、山口百恵の赤いシリーズや『あぶない刑事』シリーズなどで独特の存在感を放つ。NHKでも出演作多数。ドラマ人間模様『夢千代日記』『花へんろ』、大河ドラマ『元禄太平記』、連続テレビ小説『雲のじゅうたん』ほか。

土曜ドラマ 松本清張シリーズ 遠い接近

終戦から3年たった秋、三重県の山の崖から、一人の男が突き落とされてなくなった。戦争によって人生と家族を奪われた男が、終戦後、自分の召集が兵事係の工作によるものだったことを知り、憎悪と恨みを募らせて殺人計画を立て・・・。戦争が生んだ怨念を描く。松本清張は新宿の闇市のタバコ売り役で登場する。

原作:松本清張 脚本:大野靖子 音楽:眞鍋理一郎

連続テレビ小説 雲のじゅうたん

大正時代、秋田の高校を卒業した小野間真琴は「飛行機で空を飛びたい」という夢を持ち、頑固な父の大反対を押し切って飛行学校に紅一点で入学。海軍少尉への恋に悩みながらも、厳しい訓練を経て操縦士の試験に合格。明るく元気に夢を追い続けた女性飛行士の半生を明るいタッチで描いた。作:田向正健。音楽:坂田晃一。語り:田中絹代。出演:浅茅陽子、中条静夫、船越英二、高松英郎、志垣太郎ほか。

作:田向正健 音楽:坂田晃一 語り:田中絹代

銀河テレビ小説 新自由学校

有能で活動的な妻に支配されている“でくの坊の夫”は、自由を求めて会社を辞め、家からも追い出され、ばた小屋(廃品回収)に住み着く。妻は開放感で何人かの男と浮気心を起こすが、結局は夫が恋しくなる。夫は事件に巻き込まれ家に連れ戻される。戦後の東京を舞台に、自由主義や男女同権思想を戦後風俗を巧みに取り入れながら痛烈に風刺した夫婦のドタバタ物語。(全20話)

作:獅子文六 脚本:松木ひろし 音楽:竹田由彦

特集ドラマ 修羅の旅して

日本の旧弊な社会の中で、新たな価値観を持って生きようとする女性を描く。アメリカ兵による暴行事件をきっかけに夫と別れ、世間から冷たい視線を浴びる主人公・日輪子は、強い意志で人生を選び取っていく。第20回モンテカルロ国際テレビ祭ゴールデンニンフ賞、国際批評家賞受賞。作:早坂暁。音楽:間宮芳生。出演:岸恵子、中村翫右衛門、長岡輝子、中条静夫、檀ふみほか。

作:早坂暁 音楽:間宮芳生

ドラマ人間模様 夢千代日記

早坂暁作、深町幸男演出、吉永小百合主演の連続ドラマである。山陰のひなびた温泉町で、亡き母の後を継いで芸者の置き屋・はる家を営む夢千代。広島での胎内被爆という宿命を背負いながらも、ひたむきに生きている。夢千代が毎日つづる日記を、夢千代を演じた吉永自身が朗読し物語が展開していく。心優しい人と人との交流を、山陰の冬景色とともに叙情豊かに描いている。

作:早坂暁 音楽:武満徹 語り:吉永小百合

ドラマ人間模様 ひこばえの歌

九州・唐津の専業農家の坂元家。父が亡くなり、農業を継いでいる長男と、都会に出てた妹や弟との間に、遺産相続をめぐってトラブル発生。長男は、生産の原点ともいえる農地を分けることは出来ない。農業を次世代に着実に伝えていこうとする長男は、明るい妻を支えに、周囲の人たちの心を動かし、たくましく自分の生き方を確信していく。今日の農業が抱える諸問題を通して、人と人のつながり、家族のあり方を描いた。(全4話)

原作:山下惣一 脚本:高橋正圀 音楽:七ツ矢博資

ドラマ人間模様 まあええわいな

大正時代、文化人たちが定宿とした東京本郷の菊富士ホテル。ここには、竹久夢二や清潔好きなドイツ文学者など、奇行が多い個性豊かな止宿人たちが集う。万事に柔軟なホテルの経営者夫妻や、複雑な過去を持つ使用人たち、ホテルに集う社会主義やアナーキストに神経をとがらせる警察など周囲の人々も交え、不安と練熟の時代を背景に、さまざまな人間模様を描いた。(全4話)

脚本:岡本克己 音楽:武満徹

連続テレビ小説 ロマンス

北海道出身の加治山平七は、東京で活動写真と出会い、仲間たちと共に切さたく磨しながら映画作りにまい進する。のちに映画監督になった平七だが、映画はトーキーへと移り変わっていく。大正から昭和の初めにかけて、映像文化の誕生に情熱を注いだ青年たちの夢、輝きや絶大なエネルギーを、笑いを基調に描いた。作:田向正健。音楽:山本直純。語り:八千草薫。出演:榎木孝明、辰巳琢郎、樋口可南子、小宮久美子ほか。

作:田向正健 音楽:山本直純 語り:八千草薫

銀河テレビ小説 幸福戦争

家裁の調停委員の妻は、仕事で家庭内の修羅場を見る度に我が家の幸せを感じていた。ところが、中堅企業の部長の夫が、かつての部下の別れた細君から手紙を受け取ったところから何かが変わった。夫への疑惑、娘の結婚問題、何か隠されていると思い始めたら止めどがなくなった。自分の家庭だけは、と思っていた自信がいとも簡単に崩れていく。老年を迎えようとする人がもつあせりや不安をコメディータッチで描いた。(全20話)

作:高橋玄洋 音楽:宮本光雄

ドラマ人間模様 花へんろ 風の昭和日記

大正から昭和初期、四国の遍路道に面した商家を舞台に、太平洋戦争下の庶民の暮らしを描いたドラマ。1923年(大正12年)夏、家出をした静子(桃井かおり)は、商家富屋の次男・勝二(河原崎長一郎)と結婚する。ある日、一人の遍路が娘・巡子を残して消えた・・・。続編に「花へんろ第二章」(1986年)、「花へんろ第三章」(1988年)、「新花へんろ」(1997年)がある。

作:早坂暁 音楽:桑原研郎 語り:渥美清

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。