一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
近藤正臣 近藤正臣

近藤正臣俳優こんどうまさおみ

大河ドラマ 国盗り物語

司馬遼太郎(「遼」しんにょうの点が二つ)の「国盗り物語」「新史太閤記」などを基に、大野靖子が脚色。下克上の乱世を生きた武将、斎藤道三、織田信長、明智光秀にスポットを当て、国盗り(くにとり)に懸ける男たちをダイナミックに描く。平幹二朗が斎藤道三、高橋英樹が織田信長、近藤正臣が明智光秀を熱演して評判を呼んだ。

原作:司馬遼太郎(「遼」しんにょうの点が二つ) 脚本:大野靖子 音楽:林光 語り:中西龍

ドラマ 男子の本懐(ほんかい)

原作:城山三郎/演出:村上佑二/出演:北大路欣也、檀ふみ、近藤正臣、藤真利子/軍部の圧力に抗して日本経済安定のため生命を賭けた政治家、浜口雄幸と井上準之助の生涯を描いた。二人は軍縮をかかげた点で共通。

原作:城山三郎 脚本:山内久

BSオリジナルドラマ コラ!なんばしよっと

俳優・武田鉄矢の自伝エッセイ『母に捧げるバラード』を元にした連続ドラマ。1961年の九州・博多が舞台。小学6年生の鉄矢少年と一家をたくましく支える母キクを中心とした家族の物語。岩田鉄矢少年(阪本浩之)は、キク母ちゃん(桃井かおり)の「こら!なんばしよっと」の怒鳴り声をすりぬけ、ワンパク仲間で隠れ家づくりに夢中だ。父の克元(近藤正臣)は酒が好きで給料の大半は酒に消えてしまう。恒例の夫婦げんかが始まった。

原作:武田鉄矢

土曜ドラマ 憲法はまだか

日本国憲法はいかに作り上げられたか。憲法誕生に関わる人々の葛藤を描く歴史ドラマ。1945年(昭和20年)10月、日本国政府は、連邦国軍総司令部(GHQ)から憲法改正の要請を受け、首相の幣原は憲法担当大臣に松本を任命した。松本は政府案を提出するが、英文の憲法草案を突きつけられた。その第一条は、「天皇を日本国の象徴とする」で始まっていた・・・。第1部「象徴天皇」、第2部「戦争放棄」

作:ジェームス三木 音楽:牟岐礼

ドラマスペシャル 聖徳太子

NHK大阪放送局の新放送会館完成記念として制作された。誰もがその名と偉業を知りながら、その人間像は謎に包まれている「聖徳太子(厩戸皇子)」。その生涯を蘇我馬子との政治的対立や、新羅からの武人との友情を交え、壮大なスケールで描く。主演は本木雅弘、聖徳太子を摂政にした推古天皇を松坂慶子、蘇我馬子を緒形拳、太子の妻となる刀自古郎女を中谷美紀、物部守屋を宝田明が演じた。

作:池端俊策 音楽:冨田勲 語り:長谷川勝彦

金曜時代劇 秘太刀 馬の骨

藤沢周平原作、山本むつみ脚本、内野聖陽主演の痛快娯楽時代劇。北国の小藩で、6年前の家老暗殺事件の黒幕が、現在の家老・小出帯刀だと噂が流れる。事件の真相を探る密命を受けて、帯刀の甥・石橋銀次郎が江戸からやってくる。銀次郎は家老暗殺に関わる秘太刀“馬の骨”の使い手である刺客を探すために、6人の剣客と次々に死闘を繰り返しながら、やがて家中の激烈な権力抗争と、人間の醜い欲望の渦に巻き込まれていく。

原作:藤沢周平 脚本:山本むつみ 音楽:近藤等則

土曜ドラマ スロースタート

谷口未散(水野美紀)は、引きこもった若者を社会へ引き出すのが仕事。携帯やメールは使わず、手紙を書いて直接訪問するのが流儀だ。今回は同僚の矢沢(杉本哲太)と共に、引きこもり歴5年の信吾(金井勇太)を担当することになった。何か月か通ううちに信吾も少しずつ心を開き始めたのだが…。“会って話す”ことでどれほど人を動かせるのか。コミュニケーション術を駆使するプロフェッショナルたちの奮闘を描く社会派ドラマ。

原作:荒川龍 脚本:浅野有生子 音楽:牟岐礼

連続テレビ小説 瞳

札幌でダンサーを目指していた一本木瞳。祖母の死を機に、東京・月島で「養育家庭」をしている祖父の下に飛び込む。若い里親として3人の里子たちと向き合う中で、「家族は与えられるものではなく作るもの」だと気付いていく。そして不仲だった祖父と母、離婚した父を結び付けて、家族が再生していく。ヒロインは榮倉奈々、母を飯島直子、祖父を西田敏行、祖父の親友を前田吟、小料理屋の女将(おかみ)を木の実ナナが演じた。 

作:鈴木聡 音楽:山下康介 語り:古野晶子

土曜ドラマ 再生の町

大阪府内のとある市を舞台に、故郷に戻って市役所に再就職した主人公が、市の財政再建プロジェクトの一員として奮闘する姿を描く。市長や市役所職員たちの人間模様、切実な問題を抱える地元住民との心の交流を通して、「町づくり」のあり方を真摯(しんし)に問いかける。故郷が破綻(はたん)するとき、私たちは何を守るべきなのか・・・。地方自治体の「財政破綻」と「再生への道のり」をリアルに表現した社会派ドラマである。

脚本:菱田信也 音楽:寺嶋民哉

連続テレビ小説 ごちそうさん

どんな困難にぶち当たっても、絶望のふちにたたされても、ごはんを食べていればなんとかなる! そんな力強い信念を持ち生きるパワーにあふれた女性とその家族の物語。大正モダン華やかなりし東京。食いしん坊の東京娘が、へんくつな大阪男に恋をし、「食い倒れの街」大阪に嫁ぐことに…。激動の大正・昭和を生きてたくましい母となり、男への愛を貫き通す半世紀をダイナミックに描き、今を生きる人々に勇気と希望を届ける。

作:森下佳子

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す