一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
三木のり平 三木のり平

三木のり平俳優・タレントみきのりへい

日曜娯楽版

世相や混迷する政治をコントと音楽で鋭く風刺した番組。当時の人々の思いを代弁したことで人気を呼んだ。GHQ民間情報教育局の米国担当者に「米国でもやりたい番組」と言わせた番組だった。

作:三木鶏郎 脚本:飯沢匡、近膝束、池田弥三郎、伊馬春部、神吉拓郎

NHK短編映画 昼も夜も

冒頭は森繁久彌出演のミュージカル・ショーの収録が終わったシーンから。スタジオの撤収が終わった後も、ドラマの読み合わせ、出演者の衣装合わせ、美術スタッフによるセットの立て込み、リハーサル、そして翌日の中継の準備と、NHKでは昼も夜も24時間作業が続く。事件事故現場の取材、フィルムの運搬、編集、人形劇の舞台裏、人気クイズ番組「ジェスチャー」の収録風景など、興味深いシーンがいっぱい。

NHKテレビ映画 灰色のシリーズ 紙の牙

「灰色のシリーズ」は第一線推理作家の代表作や一流作家の異色作を取り上げ、ロケによる機動力を利用して作り上げた、テレビ映画独自の推理ドラマシリーズである。松本清張原作の「紙の牙」もその一つ。

原作:松本清張 脚本:原源一 音楽:山内正

若い季節

作:小野田勇/主題歌:ザ・ピーナッツ/作詞:永六輔/演出:岡崎栄、清水満/出演:水谷八重子(二代目)、黒柳徹子、坂本九、ジェリー藤尾、渥美清、淡路恵子、三木のり平、沢村貞子、森光子、ハナ肇とクレイジーキャッツ、スパーク三人娘(中尾ミエ、伊東ゆかり、園まり)/銀座の化粧品会社を舞台にした都会派青春職場コメディー。豪華人気タレント総出演、歌あり笑いありで、日曜夜の娯楽番組として3年9か月にわたって人気を得た。

作:小野田勇 音楽:桜井順

凪(なぎ)※さんずいに嵐

作:水木洋子/演出:館野昌夫/出演:中村芝鶴、三木のり平、桂小金治/水害で孤児となったひとりの少年を通して人と自然とのかかわりに迫る。水害シーンを大規模に再現、現地ロケのフィルムを多用した野心作。芸術祭奨励賞。

作:水木洋子 音楽:大木正夫

水曜ドラマ 銀座わが町

東京・銀座を舞台に、そこに暮らす人々の心のふれあいを、明るく爽やかに描くコメディー。天ぷら屋「江戸春」とレストラン「ぎんざ亭」は、物の考えから家族構成まですべてに正反対で、何かにつけていがみ合っていた。そこに両家宛ての紹介状を持った、天涯孤独の娘が現れたからさあ、大変・・・。

作:小野田勇 音楽:小川寛興

水曜ドラマ イキのいい奴

戦後まもない東京・柳橋の鮨(すし)屋「辰巳鮨」を舞台に、生意気盛りの青年が一人前の鮨職人に成長していく姿を描いた。名鮨職人・兵藤晋作の頑固一徹な親方ぶりや、弟子の平山安男の奮闘ぶり、そして下町の温かい人情が好評を得て、翌年には続編の「続・イキのいい奴」も制作された。

原作:師岡幸夫 脚本:寺内小春 音楽:大野雄二 語り:加藤武

連続テレビ小説 走らんか!

舞台は九州・博多。主人公は博多人形師を父に持つ高校生、前田汐。彼ら若者たちの恋愛や将来の悩み、巣立ちを、新旧それぞれの世代の葛藤を軸に描く、青春物語。「朝ドラ」では「凛凛と」以来、5年半ぶりの男性主人公。主演の三国一夫はオーディションで選ばれた新人で、語りも担当した。長谷川法世の青春漫画「博多っ子純情」をベースに、長谷川自身が原案を書き下ろした。

原作:長谷川法世(原案) 脚本:金子成人 音楽:堀井勝美 語り:三国一夫

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す