一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
樹木希林 樹木希林

樹木希林女優きききりん

NHKの連続テレビ小説「はね駒」や映画「万引き家族」などに出演し、個性豊かな演技で高い評価を受けた俳優の樹木希林さんが15日、東京都内の自宅で亡くなりました。75歳でした。ご冥福をお祈りします。

樹木希林さんは、東京都出身で、文学座の研究生だった昭和39年、民放のドラマに出演し、人気を集めました。その後、「時間ですよ」や「ムー一族」などに出演して、個性豊かで存在感のある演技を見せたほか、番組の中で歌った郷ひろみさんとのデュエット曲「お化けのロック」や「林檎殺人事件」がヒットしました。昭和61年に放送されたNHKの連続テレビ小説、「はね駒」では高い演技力が評価され、芸術選奨文部大臣賞を受賞しました。平成26年には旭日小綬章を受章し、この時の取材に対して、「役者は行きがかり上、なってしまいましたが、50年もやっていくことになるとは思いもよりませんでした。役者は世の中の何かを体を使って映し出すものだと思います」と話していました。樹木さんは、網膜剥離のため左目を失明したことを平成16年に明かしたほか、翌17年には乳がんの手術を行い、平成25年にはがんが全身に転移していることを公表していました。

ドラマ人間模様 夢千代日記

早坂暁作、深町幸男演出、吉永小百合主演の連続ドラマである。山陰のひなびた温泉町で、亡き母の後を継いで芸者の置き屋・はる家を営む夢千代。広島での胎内被爆という宿命を背負いながらも、ひたむきに生きている。夢千代が毎日つづる日記を、夢千代を演じた吉永自身が朗読し物語が展開していく。心優しい人と人との交流を、山陰の冬景色とともに叙情豊かに描いている。

作:早坂暁 音楽:武満徹 語り:吉永小百合

ドラマ人間模様 花へんろ 風の昭和日記

大正から昭和初期、四国の遍路道に面した商家を舞台に、太平洋戦争下の庶民の暮らしを描いたドラマ。1923年(大正12年)夏、家出をした静子(桃井かおり)は、商家富屋の次男・勝二(河原崎長一郎)と結婚する。ある日、一人の遍路が娘・巡子を残して消えた・・・。続編に「花へんろ第二章」(1986年)、「花へんろ第三章」(1988年)、「新花へんろ」(1997年)がある。

作:早坂暁 音楽:桑原研郎 語り:渥美清

連続テレビ小説 はね駒(こんま)

明治から大正にかけて活躍した女性記者の草分け、磯村春子がモデル。福島県相馬に育った「はね駒」(はねこんま=おてんば娘)のりん(斉藤由貴)が、仙台の女学校で英語を学び、上京。結婚、出産の後、家庭との両立に悩みつつも理解ある夫(渡辺謙)に見守られながら、新聞記者への道をひらく。ヒロインの母を樹木希林、父を小林稔侍、初恋の男性を沢田研二が演じた。

作:寺内小春 音楽:三枝成彰 語り:細川俊之

ドラマスペシャル 今朝の秋

蓼科で隠居生活を送る男(笠智衆)は、50代の息子(杉浦直樹)ががんで余命3か月と知らされ、息子に会うために上京。そこで20年以上前に別れた妻(杉村春子)と図らずも再会する。息子夫婦も離婚の危機にあった。今、親として何をすべきなのか・・・。2人は家族の重さを知る。笠と杉村の共演は26年ぶりだった。第14回放送文化基金賞本賞、毎日芸術賞(深町幸男演出)ほか、多くの賞を受賞。

作:山田太一 音楽:武満徹

NHKスペシャル 驚異の小宇宙 人体2 脳と心

長い進化の中で、人間が他の動物と一線を画すことになった脳と心。それはいつ、どのように芽生えたのであろうか。イラクの洞窟で発見されたネアンデルタール人の骨の周りから大量の花粉が見つかり、埋葬時に花を手向けた跡だと分かった。6万年前の人間も、死者を葬る博愛の心を持っていたのである。細胞から神経、そして脳への進化のメカニズムを解明し、6万年前にまで遡る人間の脳と心の歴史を検証する。

音楽:久石譲 語り:山根基世

NHKスペシャル 病の起源

人類は誕生して600万年の間、敵や過酷な環境と闘いながら生き延びてきた。しかし、優れた知能を得た人類も、打ち勝てなかったのが「病」。進化の過程で病の種を体に抱え込んでしまったからである。私たちはなぜ病気になるのか。病の起源を求めて時を超え、治療や予防の手がかりを探る6回シリーズ。毎回、俳優を案内役に、苦しむ人が多い病を取り上げ、病と人類の進化の関係を解き明かしていく。

音楽:羽毛田丈史 語り:伊東敏恵

NHKスペシャル 老衰死 穏やかな最期を迎えるには

俳優の樹木希林さんと共に「老衰死」の秘密に迫る。人生の終末期、どうしたら安らかな最期を迎えられるのか。最新のデータで、戦後最多となった「老衰死」。今回、入所者の平均年齢が90歳を超える都内の特別養護老人ホームを取材し、半年間にわたって自然な最期を支える現場を記録。さらに世界最前線の研究を訪ね、老いがもたらす穏やかな死の謎と老衰のメカニズムに迫った。

語り:樹木希林

NHKスペシャル “樹木希林”を生きる

『私を撮ってもいいわよ…』樹木希林さんから長期密着取材の許可をもらったのは、2017年6月のことだった。人生の晩年をどのように生き、身じまいしようとしているのか? そもそも“樹木希林”とは何者なのか、向き合う日々が始まった。結果的に希林さんが出演する最後のドキュメンタリーとなった。仕事、家族との関係、そして、日々の暮らし…。希林さんはどんな思いを託そうとしたのかを、見つめる。

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す