一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
森光子 森光子

森光子女優もりみつこ

若い季節

作:小野田勇/主題歌:ザ・ピーナッツ/作詞:永六輔/演出:岡崎栄、清水満/出演:水谷八重子(二代目)、黒柳徹子、坂本九、ジェリー藤尾、渥美清、淡路恵子、三木のり平、沢村貞子、森光子、ハナ肇とクレイジーキャッツ、スパーク三人娘(中尾ミエ、伊東ゆかり、園まり)/銀座の化粧品会社を舞台にした都会派青春職場コメディー。豪華人気タレント総出演、歌あり笑いありで、日曜夜の娯楽番組として3年9か月にわたって人気を得た。

作:小野田勇 音楽:桜井順

テレビドラマ おはなはん一代記

明治、大正、昭和と、時代と共に生き希望を失わずに常に明るく周りの人々に生きる喜びを与えた一人の女性。その平凡だが美しい人生を描く。ヒロインは森光子、18歳から80歳までのおはなを演じた。第17回芸術祭奨励賞、第1回NHKテレビドラマ脚本賞を受賞。(審査員には小津安二郎がいた)

原作:林謙一 脚本:小野田勇 音楽:広瀬健次郎

NHK劇場 ふるさとの甘い風

作:小野田勇/出演:森光子、山茶花究、小林千登勢、小坂一也/森光子のNHKドラマ出演は1955年「人間誕生」以来、この時点で既に15~6作に及ぶ。NHK劇場枠では他に「モルガンお雪」や三國連太郎との共演「ソクラテスの妻」がある。

作:小野田勇 音楽:崎出伍一

大河ドラマ 竜馬がゆく

幕末の動乱期に新生日本を目指して力強く生きた坂本竜馬。黒船の出現で揺れ動く時代に遅れまいと土佐藩を脱藩した竜馬は、その後、貿易商社・亀山社中を設立。対立する人々の仲立ちに奔走し、薩長連合を成立させ、ついには徳川慶喜に大政奉還を決断させるに至る。原作は司馬遼太郎(「遼」しんにょうの点が二つ)の同名小説。

原作:司馬遼太郎(「遼」しんにょうの点が二つ) 脚本:水木洋子 音楽:間宮芳生 語り:滝沢修

水曜ドラマ 銀座わが町

東京・銀座を舞台に、そこに暮らす人々の心のふれあいを、明るく爽やかに描くコメディー。天ぷら屋「江戸春」とレストラン「ぎんざ亭」は、物の考えから家族構成まですべてに正反対で、何かにつけていがみ合っていた。そこに両家宛ての紹介状を持った、天涯孤独の娘が現れたからさあ、大変・・・。

作:小野田勇 音楽:小川寛興

銀河テレビ小説 思い出トランプ

演出:田中賢二/出演:浅丘ルリ子、森光子、樫山文枝、岸本加世子、加藤治子、杉浦直樹/向田邦子の直木賞受賞作の同名短編集から「花の名前」「犬小屋」「だらだら坂」「かわうそ」「男眉」の5編を選び、主役が朗読する形式でドラマ化。

放送80周年記念ドラマ ハルとナツ 届かなかった手紙

放送80周年記念橋田壽賀子ドラマ。1934年(昭和9年)、北海道からブラジル・サンパウロ州への移民となった姉・ハル(9歳)とその家族。そして出発の地、神戸で眼病のため独り日本に残された妹・ナツ(7歳)。激動の時代を困苦のブラジル移民として耐え抜いた姉。日本で戦争と復興を経て、経済成長の中を独りで生きた妹。70年間引き裂かれた姉妹。その人生の歳月を、スケール豊かに浮き彫りにする壮大な大河ロマン。

原作:橋田壽賀子 脚本:橋田壽賀子

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す