一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
仲代達矢 仲代達矢

仲代達矢俳優なかだいたつや

大河ドラマ 新・平家物語

盛者必衰の運命をたどった平家一門の政権獲得から栄華の時代、そして壇ノ浦で源氏に敗れるまでの姿を描く、華やかな歴史絵巻。「大河ドラマ」第10作目として、豪華なキャスティングや大がかりなセットが話題になった。

原作:吉川英治 脚本:平岩弓枝 音楽:冨田勲 語り:福本義典

正月時代劇 荒木又右衛門~決戦・鍵屋の辻~

3時間ドラマ/原作:長谷川伸/脚本:田向正健/演出:重光亨彦/出演:仲代達矢、緒形直人、平幹二朗、宇津井健/幕府と大名の確執で義弟を殺された荒木又右衛門が、多数の敵を相手に復讐の剣をふるう。

原作:長谷川伸 脚本::田向正健

金曜時代劇 清左衛門残日録

東北の小藩(しょうはん)での用人を隠居した三屋清左衛門は、手慰みに日々の出来事や心情を日記として記し始めた。その日記「残日録(ざんじつろく)」を基に物語は展開していく。藤沢周平原作の小説をドラマ化し、主役の清左衛門は仲代達矢が演じた。

原作:藤沢周平 脚本:竹山洋 音楽:三枝成彰

土曜ドラマ 大地の子

山崎豊子原作、日中共同制作のスペシャルドラマ。太平洋戦争での敗戦によって満州で残留孤児となった主人公・陸一心(中国名)が、中国人養父母への愛情と日本の実父との愛憎に揺れながらも、文化大革命の荒波を越え日中共同の製鉄プラント事業を完成させるまでの物語。

原作:山崎豊子 脚本:岡崎栄 音楽:渡辺俊幸 語り:上川隆也

大河ドラマ 秀吉

戦国時代を舞台に、尾張の貧しい農民の子として生まれ、織田信長の足軽となり、ついには天下人となった豊臣秀吉の生涯を現代の視点から解釈し直す。それまで映画を中心に活躍してきた竹中直人が明るくエネルギッシュに秀吉を演じて人気を集めた。堺屋太一の3つの作品を基に、竹山洋が脚本を書き下ろした。秀吉の妻おねを沢口靖子、織田信長を渡哲也、千利休を仲代達矢が演じた。

原作:堺屋太一 脚本:竹山洋 音楽:小六禮次郎 語り:宮本隆治

NHKスペシャル ブッダ 大いなる旅路

アジアの国々には、豊かな風土と自然観に培われた「ブッダの教え」が息づいている。インドで生まれた仏教は、それぞれの時代、土地の風俗や信仰と柔軟に結びつき、おびただしい数の経典と仏像を残して一大文化圏を形づくり、日本にも脈々と流れている。ブッダとは、「目覚めた人」という意味。ブッダの教えがたどった広くて多様な道を訪ね、日本人にも通じるアジアの人々の暮らしと文化を探った思索紀行。 

音楽:中村幸代 語り:道傳愛子

大河ドラマ 風林火山

戦国時代、甲斐(かい)の武田信玄に仕えた軍師・山本勘助の夢と野望に満ちた波乱の生涯を中心に、戦国の世を懸命に生き抜いた人々の姿を描く人間ドラマ。理想の主君・信玄(市川亀治郎)、永遠のヒロイン・由布姫(柴本幸)のために、すべてをなげうって無償の愛をささげる勘助(内野聖陽)の熱き戦い。その前に宿敵、上杉謙信(Gackt)が立ちはだかる。原作は放送年に生誕100周年を迎えた井上靖の同名小説。

原作:井上靖 脚本:大森寿美男 音楽:千住明 語り:加賀美幸子

土曜ドラマ 破裂

老化した心臓を若返らせる「夢の治療法」で医学史に名を残そうと野望を抱く心臓外科医・香村(かむら)(椎名桔平)。研究の実用化のためなら手段を選ばない冷徹なエリートだ。だがその療法には香村もまだ気付いていない副作用が潜んでいた・・・。「国民生活省のマキャベリ」と呼ばれる稀代の策士・佐久間(滝藤賢一)。「来るべき超高齢化社会を前に無為無策でいたら、この国は滅びます・・・老人がぽっくり逝きたいと願っているか知っていますか?」――佐久間は香村に巧妙に近づき、「夢の治療法」を乗っ取ろうと陰謀をめぐらす。その療法の被験者第一号となるのは、心不全で引退状態にあった国民的名優・倉木(仲代達矢)。実は香村は倉木の

原作:久坂部羊 脚本:浜田秀哉 音楽:蓜島邦明

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す