一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
田中美里 田中美里

田中美里女優たなかみさと

連続テレビ小説 あぐり

90歳を過ぎても現役の美容師で、作家・吉行淳之介と女優・吉行和子の母である、吉行あぐりがモデル。1907年(明治40年)、岡山で生まれたあぐり(田中美里)が、子育てや夫の急死にもめげず、洋髪美容院の草分けとして戦前戦後を明るく生きていく。ヒロインの夫・エイスケを演じた野村萬斎が人気に。原作は吉行あぐりの「梅桃(ゆすらうめ)が実る時」

原作:吉行あぐり 脚本:清水有生 音楽:岩代太郎 語り:堀尾正明

水曜ドラマの花束 緋(ひ)が走る~陶芸青春記~

山口・萩を舞台に、陶芸に挑む青春群像を描くドラマ。6回シリーズ。

原作:ジョー指月 脚本:冨川元文 音楽:渡辺俊幸

時代劇ロマン 一絃の琴

幕末から明治へと時代が大きくうねっていく土佐で、”一絃琴”の音色に魅せられ、琴とともに時代の流れに翻ろうされながらも武家の品格を失わずに強く生きた一人の女性の物語。新シリーズ連続18回。

原作:宮尾登美子 脚本:田中晶子 音楽:渡辺俊幸

海外ドラマ 冬のソナタ

高校時代の悲しい初恋を胸に秘めた女性と、運命の人との純愛を描く韓国ドラマ。交通事故で亡くなった初恋の相手にそっくりな男性(ぺ・ヨンジュン)に出会ったユジン(チェ・ジウ)は、婚約者がいる身でありながらも心が揺れる・・・。日本では2003年(平成15年)の放送以来、社会現象ともいえる「冬ソナ」ブームが起きた。ユン・ソクホ監督の四季シリーズの一つで、韓流ブームのきっかけとなった。(c)2002 KBS Media Ltd/Pan Entertainment

脚本:キム・ウニ 音楽:Ryu

特集ドラマ グッジョブ Good Job

上原草子は建設会社営業2課の屋台骨を支える、ハイパーOL。彼女にかかれば難問題も鮮やかに解決し、同僚たちのリーダー的存在である。ある日、そんな職場に黒木という男性社員が仙台から転勤してくる。黒木はOLたちを見下す態度だったが、彼女たちの細かい気遣いに満ちた仕事ぶりを知り、その考えを改める。彼女たちOLは仕事におけるプロ中のプロだった。 かたおかみさおの漫画が原作。主演は松下奈緒。

原作:かたおかみさお 脚本:大森美香

プレミアムドラマ 小暮写眞館

以前は写真館として営まれていた古い家に引っ越して来た花菱(はなびし)一家。ある日、長男である高校生・英一(神木隆之介)の元に、通常写りようのない状態で女の顔が浮かんでいる不思議な写真が持ち込まれる…。宮部みゆき原作の新感覚ヒューマンミステリー。神木隆之介演じる英一が、奇妙な写真のナゾを家族や町の者と探り、奥底にある心情をあぶり出す。<全4回>

原作:宮部みゆき 脚本:国井桂

土曜ドラマ 島の先生

孤島にある小さな学校を舞台に、教師と子どもたちの成長の日々をハートフルに描く。さまざまな問題を抱えて島に留学し、里親のもとで暮らす児童・生徒たち。島の学校の教師・夏村千尋自身も、実母との関係に苦しみ、中学生時代にこの島で留学生活を送ったことがあった…。現代日本が抱える家族・親子、そして教育にかかわる問題を、ミニマムな視点から捉え直す。“島の先生”を演じるのは、仲間由紀恵。(全6回)

原作:荒井修子

プレミアムドラマ ドラえもん、母になる~大山のぶ代物語~

ドラえもんの声を26年間に渡って担当した大山のぶ代さん。強く優しいドラえもんの誕生には、彼女の特別な思いがあった。みんなが知っている強く優しいドラえもんの誕生には、大山のぶ代さんの並々ならぬ思いがあった。ドラえもんを通して、子どもたちに夢と勇気を与えようとした、のぶ代さんと夫、そして、声優仲間たちの笑いと涙の物語。

語り:小原乃梨子

スーパープレミアム 花嵐の剣士~幕末を生きた女剣士・中澤琴~

文久三年京都。町人をおどす不逞浪士の前に美しい女剣士・中澤琴(黒木メイサ)が立ちはだかる。父・孫右衛門(西村雅彦)直伝の法神流の名手・琴は強くなりたい一心で故郷を出奔し清河八郎(池内万作)率いる浪士組に兄・貞祗(筒井道隆)と加わった。琴が抜刀しようとした矢先、腕前を見抜いた坂本龍馬(加藤雅也)が止める。浪士組は「新徴組」となり役人の警護に当たるが内紛が勃発する。故郷から源五郎(吉沢悠)が現れる。

作:宮村優子 音楽:酒井遥

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す