一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
名古屋章 名古屋章

名古屋章俳優なごやあきら

三人の旅役者と代官様

出演:坂本猿冠者、長浜藤夫、名古屋章、丹阿弥谷津子/黒沢明の映画「素晴らしき日曜日」や「酔いどれ天使」など、映画脚本で活躍していた植草圭之助初のテレビオリジナル時代劇。

脚本:植草圭之助

やがて蒼空

作:北條誠/音楽:中田喜直/出演:内田研吉、黒柳徹子、太宰久雄、名古屋章/映画化された初のテレビ連続ドラマ。初めて主題歌を放送。

作:北條誠

連続テレビ小説 旅路

国鉄職員とその妻を中心に、平凡に生きることの幸せをつづった心温まる物語。北海道、東京、大阪、京都、三重県を舞台に、(大正4年~昭和37年)ヒロイン10歳~55歳までの半生を描く。鉄道員の夫を横内正、妻を日色ともゑが演じた。

作:平岩弓枝 音楽:依田光正 語り:山内雅人

ドラマ 幻化

日本人は戦後、あの戦争を忘れて高度成長を追い求めてきただけなのか・・・。戦時中の異常な体験と戦後の自分の行動に対する自責の念から幻想に脅かされ、さまよい続ける男の姿を通し、人間の弱さを描く。戦争の記憶に揺さぶられる作家の原体験と魂の遍路を追った90分カラーフィルム作品。

原作:梅崎春生 脚本:早坂暁

連続人形劇 真田十勇士

戦国動乱の時代が舞台。猿飛佐助を中心に、希代の智将といわれた真田幸村の下に集まった十人の勇士が、徳川家康率いる伊賀や甲賀の忍者たちと激しい戦いを展開する。「新八犬伝」(1973年-1975年)の後番組として作られた人形劇で、「新八犬伝」と同じく辻村ジュサブローの人形が使われた。

原作:柴田錬三郎 脚本:成沢昌茂 音楽:柳沢剛 語り:酒井広

ドラマ人間模様 國語元年

明治初期、全国共通の「話しことば」の制定を命じられた文部省官吏・南郷清之輔が主人公。清之輔の家では自分の長州弁、妻の薩摩弁、女中・書生たちの名古屋弁、山形弁、遠州弁、津軽弁、江戸の山の手と下町弁と、8つの方言が飛び交っていた。まずは自分の家から方言を観察することにしたが・・・。「ことばの天才」井上ひさしが、その言語感覚と豊富な資料を駆使して、日本の国語成立の謎に迫る異色コメディ。

作:井上ひさし 音楽:宇野誠一郎 語り:石田えり

ドラマスペシャル 今朝の秋

蓼科で隠居生活を送る男(笠智衆)は、50代の息子(杉浦直樹)ががんで余命3か月と知らされ、息子に会うために上京。そこで20年以上前に別れた妻(杉村春子)と図らずも再会する。息子夫婦も離婚の危機にあった。今、親として何をすべきなのか・・・。2人は家族の重さを知る。笠と杉村の共演は26年ぶりだった。第14回放送文化基金賞本賞、毎日芸術賞(深町幸男演出)ほか、多くの賞を受賞。

作:山田太一 音楽:武満徹

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す