一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
榎木孝明 榎木孝明

榎木孝明俳優えのきたかあき

連続テレビ小説 ロマンス

日本映画の草創期である明治末期、北海道から上京して活動写真に情熱を注ぎ、やがて映画監督になる2人の青年を中心に、映画が庶民の娯楽になっていく過程を描く。「おはなはん」(1966年~1967年)以降の「朝ドラ」で、初の男性主人公。オープニング曲に初めて歌詞のある曲が登場し、芹洋子と主演の榎木孝明が「夢こそ人生」を歌った。

作:田向正健 音楽:山本直純 語り:八千草薫

真田太平記

武田に仕えていた一豪族ながら、上杉、北条、徳川ら大名と互角に戦い、戦国の世に名を知らしめた真田一族。その陰には、敵味方に別れた父子、兄弟の愛と葛藤(かっとう)があった。軍略と反骨の武将・真田昌幸を丹波哲郎、真田の命脈を守り通す嫡男・信幸を渡瀬恒彦、武勇の誉れ高い次男・幸村を草刈正雄が熱演。真田一族の興亡と忍びの活躍を描く池波正太郎の小説を映像化した大型時代劇である。

原作:池波正太郎 脚本:金子成人 音楽:林光

連続テレビ小説 かりん

男女共学の始まった1948年~1964年(昭和23年~39年)までの時代を背景に、信州諏訪の老舗みそ屋の一人娘・千晶(細川直美)が、恋や友情、そして家族との葛藤を経て成長し、傾きかけた生家を盛り返す半生を描く。「連続テレビ小説」の第50作目に当たり、十朱幸代、石坂浩二、岸田今日子など、豪華な顔ぶれだった。

作:松原敏春 音楽:渡辺俊幸 語り:松平定知

時代劇ロマン 一絃の琴

幕末から明治へと時代が大きくうねっていく土佐で、”一絃琴”の音色に魅せられ、琴とともに時代の流れに翻ろうされながらも武家の品格を失わずに強く生きた一人の女性の物語。新シリーズ連続18回。

原作:宮尾登美子 脚本:田中晶子 音楽:渡辺俊幸

NHKスペシャル 鬼太郎が見た玉砕 ~水木しげるの戦争~

青年時代、二等兵としてラバウル戦線で過酷な日々を送った漫画家・水木しげる。昭和40年代に「ゲゲゲの鬼太郎」で脚光を浴びるが、戦争の現実と目の前で死んだ戦友たちの無念さを、作品にしたいと思っていた。1973年(昭和48年)、その思いを結実させた自伝戦記漫画「総員玉砕せよ!」を発表。戦争体験を漫画化しようともがく水木と、分身の主人公・丸山二等兵の姿を交差させながら描く。主演は香川照之。

原作:水木しげる(原案) 脚本:西岡琢也 音楽:大友良英 語り:石澤典夫

シリーズ 辛亥革命100年

辛亥(しんがい)革命から100年、孫文と日本との関係が注目されている。孫文は日本に9年間滞在し、宮崎滔天(とうてん)や梅屋庄吉ら民間人の支援を得て革命を成功させる。また、海軍の秋山真之(さねゆき)や陸軍の宇都宮太郎などの軍人も、孫文との連携を模索していた。しかし、日本政府は北方の軍閥政権を支持したため、秋山の構想は挫折する。孫文を支えた日本人に迫る。2011年(平成23年)11月放送。

語り:森田美由紀

土曜ドラマ ダークスーツ

突然の社長解任劇の裏には何があるのか?長い歴史を誇る総合電機メーカーの社内でひそかな裏金作りが行われていることを知ったひとりのサラリーマンが、自らの手で会社を生まれ変わらせようと決意し、悪事にかかわる取締役たちに戦いを挑む。その戦いは、日本企業の優れたものづくりの伝統とは異なる、まだ見ぬ新しい未来を模索することでもある―。企業人の誇りと生きがいを問う、会心のビジネスエンターテインメント!(全6回)

作:荒井修子 音楽:佐橋俊彦

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す