50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
山本陽子 山本陽子

山本陽子女優やまもとようこ

1942年生まれ、東京都出身。日活ニューフェイスとして芸能界へ。清楚な顔立ちと高い演技力で、清純な女性から悪女までを幅広く演じ女優としての地位を確立。映画、ドラマ、CMなどで活躍した。NHKでも出演作多数。大河ドラマ『国盗り物語』の平幹二朗演じる斎藤道三の正室、小見の方は当たり役。そのほか土曜ドラマの『松本清張シリーズ・事故』、橋田壽賀子脚本による銀河テレビ小説『となりの芝生』、連続テレビ小説『京、ふたり』など。

水曜劇場 球形の荒野

原作:松本清張/脚本:高橋玄洋/出演:山本陽子、森雅之/第2次大戦末期、欧州で客死したとされる外交官。戦後十数年、その娘の前に不可解な事件が相次ぐ。和平工作をめぐる裏事情と父娘の情愛が交錯する国際謀略ミステリー。

原作:松本清張 脚本:高橋玄洋

大河ドラマ 国盗り物語

群雄割拠の戦国時代、天下制覇の野望半ばにして倒れた、美濃のマムシと呼ばれた斎藤道三。その遺志を継いだ織田信長と明智光秀。この3人の戦国武将にスポットを当て、下克上の乱世を生き、国盗りに懸けた男たちをダイナミックに描いた。原作:司馬遼太郎。脚本:大野靖子。音楽:林光。語り:中西龍。出演:平幹二朗、山本陽子、高橋英樹、近藤正臣、池内淳子、三田佳子、松坂慶子、火野正平ほか。

原作:司馬遼太郎(「遼」しんにょうの点が二つ) 脚本:大野靖子 音楽:林光 語り:中西龍

銀河テレビ小説 となりの芝生

首都圏の新興住宅地で一戸建てのマイホームを手に入れた次男の家に、長男夫婦と折り合いの悪くなった母親が同居する。「辛口ホームドラマ」といわれた、このドラマでは嫁、姑(しゅうとめ)、夫の三者三様の本音を描き、視聴者を嫁派姑派に二分し、論争を巻き起こすほどだった。続編に「となりと私」(1977年)、「幸せのとなり」(1979年)があり、「となり3部作」として高視聴率を得た。

作:橋田寿賀子 音楽:竹田由彦

時代劇スペシャル 風の墓標

時代劇スペシャル第1回作品。江戸時代の初頭、海外の文化・文明に興味を抱き、外国との交易・交流を強く求めた海の男・新太郎を主人公に、彼のまわりに現れる3人の女性の愛の姿を描きながら、鎖国へと進む悲劇的な時の流れに生きる人々をダイナミックに描いた。原作:平岩弓枝。脚本:大西信行。音楽:山本直純。出演:滝田栄、山本陽子、松あきら、中井貴惠、田村亮、三田村邦彦。

原作:平岩弓枝 脚本:大西信行 音楽:山本直純

銀河テレビ小説 お入学

脚本:橋田壽賀子/出演:山本陽子、伊武雅刀/娘を私立の有名小学校へ入学させようと奮闘するキャリアウーマンの物語。貴子は、お受験の波にのみこまれて仕事に支障をきたすように。事態は離婚問題にまで発展する。

脚本:橋田壽賀子

土曜ドラマ カイワレ族の戦い

医師で作家の村崎芙蓉子の自伝「カイワレ族の偏差値日記」のドラマ化。母に示された中学3年の息子の偏差値。見栄も外聞もかなぐり捨てて、わが子と共に受験を戦う母親とその家族の姿を描いた。「カイワレ族」はウレタンの苗床で完全管理の下に育てられるカイワレに例え、管理社会でしか生きられない成績が普通の中学生・高校生を指した作者の造語。番組を切っ掛けに1988年流行語大賞で新語部門・表現賞に入賞。(全2話)

脚本:金子成人 音楽:本多俊之

特集ドラマ 黄色い髪

東京近郊に住む柏木家は、母子家庭だが特に問題も無いありふれた家庭。ある日中学2年の娘が豹変する。登校拒否を始め、盛り場に入りびたり、得体の知れない子供たちとつるみ、髪を黄色く脱色した。母にとっては突然だが、娘にとっては学校でのいじめや孤立していた悔しさを発散する行動だった。母は、娘の世界を追い求め、なんとか救おうと格闘する。団塊世代の母親や子どもの義務教育のありかたを考えさせる作品。(全3話)

連続テレビ小説 京、ふたり

130年続く老舗の京漬物店。跡取り娘・中村愛子のもとに、幼い頃に別れた母が18年ぶりに帰ってきた。店を切り盛りするしゅうとやしゅうとめに口うるさく言われながらも、けなげに店になじもうとする母。長年離れていた母娘のわだかまりやかっとうを軸に、家族が絆を取り戻すまでを京都の町を背景に描いた。作:竹山洋。音楽:高橋洋一。語り:野際陽子。出演:山本陽子、畠田理恵、中条静夫、篠田三郎、范文雀、東千代之介ほか。

作:竹山洋 音楽:高橋洋一 語り:野際陽子

ドラマ新銀河 欅通りの人びと

東京の郊外、けやき通りの喫茶店「ロンド」。店主の真美は娘を事故で亡くし、夫とは離婚、現在はひとりで喫茶店を経営している。ここに集まるのは、過去に傷を持ち、孤独な人々ばかり。真美を中心にここに集まる人々が、他人のことに真剣にかかわり、家族以上の温かい人間関係を作り上げていく。そして時が流れ、街を去る人々を見送る住人たちはまた新しい人たちとのいい出会いを期待する。(全19話)

原作:内海隆一郎 脚本:重森孝子 音楽:池辺晋一郎

時代劇ロマン 一絃の琴

幕末から明治へと時代が大きくうねっていく土佐で、”一絃琴”の音色に魅せられ、琴とともに時代の流れに翻ろうされながらも武家の品格を失わずに強く生きた一人の女性の物語。新シリーズ連続18回。

原作:宮尾登美子 脚本:田中晶子 音楽:渡辺俊幸

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。