一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
石黒賢 石黒賢

石黒賢俳優いしぐろけん

1966年生まれ、東京都出身。83年、テレビドラマ『青が散る』で主演デビュー。以後、『振り返れば奴がいる』、『ショムニ』シリーズ、『救命病棟24時』『笑顔〜15年目の嘘〜』、映画『ホワイトアウト』『THE LAST MASSAGE 海猿』など、数々の作品に出演。NHKでは、『ブルーもしくはブルー』『立花登青春手控え』『アシガール』、連続テレビ小説『ノンちゃんの夢』『ウェルかめ』、大河ドラマ『新選組!』など。『立花登青春手控え』では、深川の岡っ引き・藤吉役で出演。

ドラマスペシャル
ミュージカル嫁ぐ日’84(1984)

北村三郎役

ドラマスペシャル ミュージカル嫁ぐ日 ’84

インタビュー

 つかこうへいさんの小説『寝取られ宗介』を下敷きにつかさんご自身がテレビミュージカルとして書き下ろされた作品で、僕にとって初のNHK出演作品となりました。僕の役は宗介(萩原流行)の弟・三郎役で、実は、この前の年に僕が出演した民放ドラマ『青が散る』をご覧になったつかさんから直接声をかけていただいたんです。

 それがどんなにすごいことか、つかさんがいかに偉大な人なのか。それに気づいたのは少し後のことでした(笑)。『青が散る』で俳優デビューをしたとはいえ、僕はテニスに明け暮れていた高校生で演劇には疎かったからです。もちろん映画『蒲田行進曲』は見ていましたし、つかさんのお名前も知ってはいたのですが……。

大衆演劇の一座の座長・宗介(萩原流行)は妻のレイ子を何度も他の男と駆け落ちさせ…

 ある日、事務所のスタッフから「つかさんが待っているので今からNHKに行くように」との連絡を受けて、NHKのリハーサル室に向かいました。そこで見た光景は忘れません。つかさんが“口だて”といって、その場でセリフを創作し大竹しのぶさん(宗介の妻・レイ子役)や萩原流行さんに口頭で伝えているんです。その後ろでスタッフが書記のようにセリフを記録している姿も見ました。部屋の端で見学していたら、突然、「石黒、ちょっと来い」。ごあいさつもまだなのに、いきなりリハーサル中の大竹しのぶさんの前に立たされたんです。「大竹さんは劇団の看板女優、おまえはぺえぺえのお付き。大竹さんのことをすごく好きなんだ」と役の説明をされました。さらに大竹さんの足を電気カミソリのように扱い、ヒゲを剃るような仕草をするようにといきなりの指示。そんな衝撃的な始まりでした。

レイ子(大竹しのぶ)は三郎に靴を履かせてと頼む
三郎がとった行動は…

 つかさんには、よく食事にも連れて行ってもらいました。当時の僕にはわからないこともありましたが、明日も来いといってはいろんな話をしてくださいました。『青が散る』を見て「石黒を呼べ」となったのは、「俺は下手くそが好きで、おまえみたいな坊ちゃん俳優はあまりいなかったから」と、起用理由も明かしてくれました。

 時には「おまえみたいなヤツは大恋愛をして、めためたになって捨てられたらいいんだ」なんてこともおっしゃっていましたね(笑)。ものを創るというのは、こういうことなんだという才気ほとばしる姿。それを間近で見られたことは幸せでした。まだ素人だったからこそ使ってくださったのですが、僕自身がもう少し芝居の経験を積んでから、またお仕事ができたらと思うことが、今でもよくあります。

大河ドラマ 新選組!(2004)

桂小五郎役

大河ドラマ 新選組!

インタビュー

 三谷幸喜さんとは何度かご一緒したことがあったのですが、その三谷さんが手がけられる大河ドラマということでとても楽しみでした。

 ただ桂小五郎役と聞いた時は少し驚きました。一度民放の正月ドラマでも演じたことがあったからです。よほど“桂さん”っぽい顔をしているのかななんてね(笑)。僕なりに桂小五郎像を調べてみました。剣の達人でありながら人を斬った史実がないということや、多くの人々が戦いで命を落としたあの時代を生き延びたことから“逃げの小五郎”と呼ばれていたことなど。元々裕福な家に育ち、プライドが高い。だから薩長同盟のところでは西郷隆盛に対して譲るに譲れないような事態にもなっています。そんな融通の利かなさに男のかわいげが出せればいいなと思いましたね。あとセリフをスピーディーにテンポ良く話すことで、頭の良さ、明晰な感じを出すよう心がけました。

小五郎を支え、明治維新後、妻となる芸妓の幾松(菊川怜)

 印象に残っているのは、芹沢鴨(佐藤浩市)、坂本龍馬(江口洋介)、近藤勇(香取慎吾)、土方歳三(山本耕史)と桂小五郎が一堂に会したシーン。幕末のオールスター勢揃い。ですが、新選組と桂が会うなんて史実には残っていない。そこが三谷さんの本ならでの面白さです。鴨が桂に絡んでくるシーンも、鴨役の佐藤さんとは『青が散る』以来の共演ということで照れくさくもあり、でもちゃんとやらなくてはという思いも強く楽しかったですね。

 演じるにあたって京都を訪れ、桂さんのお墓参りにも行きました。桂さんのお墓は京都の町を一望できる場所にありました。京都の人たちはみな「桂さんはなあ」と、ついこの間のような口調でお話しされる。特に長州の総領だった桂さんはどこへ行っても人気者。そんな部分を役作りのスパイスに取り入れたりしました。でも素直じゃなく少し駄々をこねたり、子どもっぽい、頑固なところは、三谷さんの当て書き(演じる俳優を想定して脚本を書くこと)でもありそうです(笑)。

土佐の龍馬(江口洋介)の仲立ちで、ついに薩長同盟が結ばれる
西郷隆盛(宇梶剛士)

連続テレビ小説 ウェルかめ(2009)

浜本哲也役

連続テレビ小説 ウェルかめ

インタビュー

 徳島を舞台にした朝ドラでヒロイン波美(倉科カナ)の父親役でした。元プロサーファーで大きな海に夢を託す永遠のチャレンジャーという明るいキャラクターでしたが、方言には苦労しました。また新人だった倉科さんが芝居しやすいようにと、家族のパートは母親役の羽田美智子さんといろいろ話し合い、温かな場の空気を作り出すようにして撮影に臨んでいました。

徳島出身のヒロイン・美波(倉科カナ)が雑誌の編集者として成長してゆく物語
家業のお遍路宿「はまもと荘」を切り盛りするのは主に妻の加代(羽田美智子)で…
元プロサーファーの哲也は夢見がちな楽天家

 思い出深いのは、このドラマに出演したおかげで、第60回『紅白歌合戦』の舞台に出演したこと。『ウェルかめ』の主題歌をaikoさんが歌っていたので、その応援で出演したんです。舞台裏を垣間見られたことも楽しい思い出です。

土曜時代ドラマ アシガール(2017)

羽木忠高役

土曜時代ドラマ アシガール

インタビュー

 女子高生が戦国時代にタイムスリップするというファンタジーですが、楽しくて夢があって、NHKらしい良いドラマですね。老若男女誰もが楽しめる、親が子どもに見せても安心できる良いドラマだと思います。

 現代の子が戦国時代にタイムスリップして、若君に恋をし、足軽として奮闘する脚本も面白いし、主演の速川唯(唯之助)を演じる黒島結菜さんと、羽木九八郎忠清役の(伊藤)健太郎くんが本当に初々しくて。黒島さんはかわいいし、健太郎くんは初々しさが魅力で、僕の同級生の世代の女性は「健太郎くん、かわいい」なんて注目してます(笑)。

足の速さがとりえの女子高生・唯(黒島結菜)が戦国時代にタイムスリップ!
羽木家の若君・忠清に一目ぼれした唯は足軽として戦場を駆ける!
羽木家当主の忠高は跡取り息子の忠清を厳しく育てる
羽木九八郎忠清(伊藤健太郎)

 それにしても、僕も殿様役や九八郎のような息子がいる年齢になったのかと思うと嬉しいような……。僕の役もコメディーではあるけれど殿様だから、あまり砕けすぎないようにとか、演出と細かく話し合いながら撮影してきました。

 本当に良いドラマなのでスペシャルなど続編もできて嬉しかったです。

家老を務める天野家の隠居・信茂(イッセー尾形)は忠清の守り役
熱い声援に応え、2018年12月24日に続編『アシガールSP』放送!

BS時代劇 立花登青春手控え3(2018)

藤吉役

BS時代劇 立花登青春手控え3

インタビュー

 この『立花登青春手控え』は、悪い人間がお縄になって終わるだけではない。咎(とが)人たちの罪を犯した理由が悲しかったり、愛おしかったり、人が人を思うというのはこういうことなのか。あるいは瞬時に思いを伝えられないもどかしさなど、原作の藤沢周平さんの世界観が凝縮されています。主人公・立花登(溝端淳平)の仲間である岡っ引きの役で出演してきましたが、これが最終章と思うと寂しいですね。

立花登(溝端淳平)は小伝馬町で囚人たちを診る若き牢医者
岡っ引きの藤吉親分は登とともに囚人たちの事件を調べ、真相にせまる

 時代劇は本当に面白いです。ことに京都の松竹の撮影所で撮るのは本当に身が引き締まります。監督をはじめ、カメラ、照明、美術など、プロ中のプロが集まった職人集団ですから。たとえば照明一つとっても、暗いところの影や障子越しのろうそくの明かりが映像に奥行きを与えてくれる。所作の一つ一つの意味まで含めた日本人の美学。それらをエンターテインメントで伝えてくれるのが時代劇で、総合芸術にふれる場所でもあるんです。

 撮影の合間にスタッフの方たちから、刀の置き方やお辞儀の仕方など、それぞれ意味があることを教えてくださる。「武士は体の真ん中に刀があると思いなさい」という助言もいただきました。時代劇は日本人としてのアイデンティティなんだ、伝えなくては、残さなくてはという思いに駆られました。何より面白いから興味も広がり、絵画や書、焼き物など美術にふれたり、寺めぐりをしたり、さらに深く知ることでいっそう時代劇が面白くなる。たくさんの先輩方が背中で見せてくださった芝居も含めて、それを体験した僕らが今度は若い人たちに繋げていくことも大事ですね。

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す