50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
藤岡琢也 藤岡琢也

藤岡琢也俳優ふじおかたくや

1930‐2006年、兵庫県出身。57年、劇団葦に入団したの機に俳優のほか、声優などの活動を経て芸能界入り。その後、NHKのドラマ『事件記者』に出演し、知名度を上げる。柔和なえびす顔に黒縁のめがね、口ひげがトレードマークでホームドラマを軸に活躍。NHKでも大河ドラマのほか、水曜ドラマ『銀座わが町』、連続テレビ小説『鮎のうた』『おんなは度胸』などに出演。脚本家の橋田壽賀子が描く人間ドラマにも欠かせぬ名優のひとりだった。

横堀川

山崎豊子の原作「暖簾」「花のれん」などの複数の作品を基に、茂木草介が脚本を書き下ろした大阪局制作の連続ドラマ。明治、大正、昭和の大阪市船場を舞台に、夫を失い寄席稼業に打ち込む女商人のたくましい姿を描く。総合(月)午後9時40分からの50分番組で全51回。主演は実生活でおしどり夫婦として知られた長門裕之と南田洋子。共演の藤岡琢也はギャラクシー賞の個人賞を、スタッフ・キャスト一同が大阪府民劇場賞を受賞。

原作:山崎豊子 脚本:茂木草介 音楽:田中正史 語り:加藤道子

ケンチとすみれ

旧制高知高等学校で青春時代を送ったケンチは、寮の床屋の娘すみれと結婚し、やがて建築家となる。昭和9年から43年にいたる主人公たちの成長を年代記風に描いた。ケンチとすみれ一家の住まいの記録としたこのドラマは、住宅難時代の視聴者の共感を集め、ハウスドラマと呼ばれた。総合(火)午後8時からの1時間番組で全47回。原作:西山卯三「住み方の記」。脚本:阪田寛夫、土井行夫。音楽:いずみたく。出演:藤岡琢也、林美智子、青島幸男ほか。

銀座わが町

東京・銀座を舞台に、そこに暮らす人々の心のふれあいを、明るく爽やかに描くコメディー。天ぷら屋「江戸春」とレストラン「ぎんざ亭」は、物の考えから家族構成まですべてに正反対で、何かにつけていがみ合っていた。そこに両家宛ての紹介状を持った、天涯孤独の娘が現れたからさあ、大変・・・。

作:小野田勇 音楽:小川寛興

連続テレビ小説 鮎のうた

幼い時に母を亡くし、17歳で故郷の滋賀・長浜から大阪へ出た浜中あゆ。船場の糸問屋に奉公し、周囲の人々に助けられながら、さまざまな困難や苦労を持ち前の明るさで乗り越え、やがて大問屋を支えるご寮さん(女主人)になっていく。琵琶湖の鮎のように、激しい流れにもまれながら成長していく女性の半生を描いた。作:花登筐。音楽:小倉博。語り:フランキー堺。出演:山咲千里、ミヤコ蝶々、仲真貴、吉永小百合、三益愛子ほか。

作:花登筐 音楽:小倉博 語り:フランキー堺

銀河テレビ小説 家族は何をする人ぞ

大手商社の最前線にいた父親は、派閥人事のあおりで左遷を命じられ、考える時間を持とうと休暇をとって家にいることにした。そこで目にした家族の様子は、急に自分から離れていったように感じ、寂しさと不安を覚える。ある日、挙動不審な息子の態度を変に思い探ると子持ちの人妻と交際しているらしい。娘は大学を辞めたいと言いだし…。親和力をなくした家族をなんとか立て直そうと奮闘する父と家族の姿を描いた。(全20話)

脚本:横光晃 音楽:島津秀雄

土曜ドラマ 理想の男性

若いOLが、大手企業の御曹司で3高の恋人から求婚される。両親の心配をよそに幸せを夢見て結婚。しかし、2人で始めた新生活は理想とは大違い。新婚早々から衝突し、それぞれの両親も互いの相手に不満を募らせ、離婚の危機に…。2つの家族と新婚夫婦の様子をコミカルに描き、夫婦それぞれによって「理想の夫」とは「理想の妻」とは何かを語る。結婚の理想と現実のギャップを辛口に描いた橋田壽賀子オリジナルドラマ。(全3話)

作:橋田壽賀子 音楽:坂田晃一

連続テレビ小説 おんなは度胸

バブル期の温泉ブームに乗り遅れた関西の老舗温泉旅館「はなむら」の後妻に入った山代玉子。女将(おかみ)として奮闘するが、四面楚歌で主導権争いも絶えない。旅館のために尽力する玉子の姿は、義理の娘の心に変化をもたらし、やがて2人で力を合わせて旅館を支えることに。逆境を乗り越えていく女たちの戦いを描いた。作:橋田壽賀子。音楽:中村暢之。語り:奈良岡朋子。出演:泉ピン子、桜井幸子、藤岡琢也、藤山直美ほか。

原作:橋田壽賀子 脚本:橋田壽賀子 音楽:中村暢之 語り:奈良岡朋子

土曜ドラマ 秋の一族

離婚した中年の男と女が、息子が犯罪を犯したために再会せざるを得なくなる。男と女、親と子、愛情を失いバラバラだった人々が愛を取り戻すまでの日々を優しく描く。ふだんの生活の中で、私たちがつい見過ごしてしまいがちな些細な事件を発端に、別れていた中年夫婦の間に新しい交流が芽生える。原田知世が新鮮な魅力を見せた佳編。「春の一族」に続く山田太一ドラマの第二弾。NHK会長賞受賞。(全3話)

作:山田太一

土曜ドラマ 夏の一族

春・秋に続く山田太一の「一族シリーズ」第3弾。明は妻・久子と娘・奈美との3人家族。自動車会社で設計の仕事に携わってきたが、50歳を過ぎて畑違いへの出向を命じられる。悩みを抱える明が頼ったのは、かつて戦時中に助けてくれた姉のような存在の百合子だった。夫への不満を抱く妻、不倫らしき男性と付き合う娘。人生の転機を迎えたひとりの男とその家族を中心に、それぞれの生き方を模索する人々を暖かく描いた。(全3話)

作:山田太一

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。