50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
伊原剛志 伊原剛志

伊原剛志俳優いはらつよし

1963年生まれ、大阪府出身。82年、ジャパンアクションクラブに入団し、83年に俳優デビュー。96年に出演した連続テレビ小説『ふたりっ子』では、ヒロインの幼なじみ役を演じお茶の間での知名度を上げる。その後も、2014年の『花子とアン』で、主人公の不器用な父親役を好演し話題に。ドラマ10『はつ恋』では、木村佳乃とのタッグで大人の純愛を見事に演じ、圧倒的な支持を集めた。大河ドラマ『武田信玄』『新選組!』『花燃ゆ』へも出演している。

ドラマ新銀河 青空にちんどん

チンドン屋の不思議な音色にひかれた亜未は、大阪宣伝社に飛び込む。そこにはわがままな社長・勘十郎と妻のサキがいた。大阪・天下茶屋の下町でチンドン屋を営む若いカップルが、町の人々とのふれ合いの中で繰り広げていくチンドン・青春グラフィティ。大学時代からチンドン屋に魅せられ、プロのチンドン屋として活躍する林幸治郎・赤江真理子の「ぼくたちチンドン屋」「チンドン屋です」をドラマ化。(全20話)

原作:林幸次郎 脚本:東多江子 音楽:ひがしたえこ

連続テレビ小説 ふたりっ子

昭和41年の大阪、通天閣に近い商店街に生まれた双子の野田姉妹、優等生の麗子と落ちこぼれだが将棋に才がある香子。本当の幸せを求めて悩む麗子と壁にぶつかりながらプロ棋士を目指す香子。悩みながら成長していく、対照的な姉妹の幸せ探しの姿を描いた。作:大石静。音楽:梅林茂。語り:上田早苗。出演:菊池麻衣子、岩崎ひろみ、三倉茉奈、三倉佳奈、段田安則、手塚理美、香川京子、高島忠夫、伊原剛志、内野聖陽、桂枝雀ほか。

作:大石静 音楽:梅林茂 語り:上田早苗

特集ドラマ 強行犯捜査第七係

ある夜、大阪府警捜査1課強行犯捜査第七係の主任・神山紘一郎に電話が入る。上田哲司という男が「大倉一夫を殺した」と通報、直後に電車に飛び込んだというのである。大倉の遺体が見つからないまま、第七係に出動要請が出る。一方、別件で動機の見えない放火事件が起こる。二つの事件が交錯して、刑事と事件関係者の人生や現代社会の闇が浮かびあがる。主演・渡辺謙、原作・高村薫のサスペンス小説「警視庁第七係」

原作:高村薫(「高」なべぶたの下は“口”ではなく“はしご”) 脚本:大森寿美男

ドラマ10 はつ恋

初恋相手の裏切りで、絶望のふちをさまよった緑(木村佳乃)は、年下の潤(青木崇高)と出会い、ことばが人に与える影響の強さを痛感し、言語聴覚士となった。緑を心から愛する潤と幼い息子に囲まれて幸せだった。そんな時、緑は肝臓がんと診断される。手術を成功させられるのは、パリで活躍する日本人医師だけだった。潤の奔走の末、その医師との面会がかなうが、目の前に現れたのは初恋の人、三島(伊原剛志)だった・・・。

作:中園ミホ

連続テレビ小説 花子とアン

山梨の貧しい家に生まれた花子は、東京の女学校で英語を学び、翻訳家となる。花子は翻訳家として子どもたちに夢と希望を送り届けていく。戦後に出版された「赤毛のアン」のアンのように、夢見る力を信じて生きた花子の明治から昭和にいたる波乱万丈の半生記。「赤毛のアン」を翻訳した村岡花子がモデル。原作:村岡花子。脚本:中園ミホ。音楽:梶浦由記。語り:美輪明宏。出演:吉高由里子、伊原剛志、鈴木亮平、仲間由紀恵ほか。

原作:村岡花子 脚本:中園ミホ 音楽:梶浦由記 語り:美輪明宏

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。