一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
井川比佐志 井川比佐志

井川比佐志俳優いがわひさし

土曜ドラマ サスペンスシリーズ 閃光の遺産

山陽日報の広告欄に掲載された「光夫さんどうかかってください、早苗」失踪した夫をさがす妻からのメッセージ。しかし、新聞社を訪れた早苗は記事の依頼をした覚えがないという。原爆投下の悲劇をモチーフにした三好徹の推理小説を和田勉が演出した名作サスペンス。

原作:三好徹 脚本:山田正弘 音楽:深町純

ドラマ人間模様 太陽の子 てだのふあ

神戸の沖縄料理店「太陽の子(てだのふぁ)おきなわ亭」が舞台。そこに集まる沖縄出身の人々の悲しみを、料理店を営む夫婦の娘で、店の人気者のふうちゃんの目を通して伝える。心の病に苦しむ父、片腕を失ったロクさん。ふうちゃんは、戦争が沖縄の人々に与えた悲しい現実に気付いていく。原作は灰谷健次郎の児童文学。

原作:灰谷健次郎 脚本:重森孝子 音楽:小室等

ドラマスペシャル 父の詫び状

作家・向田邦子が自分の少女時代の思い出をつづった随筆集を、ジェームス三木の脚本、深町幸男の演出でドラマ化。先にドラマ化された小説「あ・うん」の原点ともいえる作品で、戦前の懐かしい風俗と共に、庶民の家族の絆や哀感をしみじみと描いている。第13回放送文化基金賞本賞、第24回プラハ国際テレビ祭金賞ほか、多くの賞を受賞。

原作:向田邦子 脚本:ジェームス三木 語り:岸本加世子

ドラマ人間模様 シャツの店

東京・佃のオーダーシャツ専門店の店主・周吉(鶴田浩二)は、仕事一筋の頑固な職人。愛情表現は不器用だが、仕事に没頭することで精いっぱい一家を支えてきた男の誠実さと誇りと悲哀を、山田太一ならではの会話と展開で描いた。ある日、妻と息子が周吉に対する日頃の不満を爆発させて、家を出てしまう・・・。「ほかのことは一切忘れて夢中になるようなことがなくて、いい仕事ができるか」

作:山田太一 音楽:山本直純

連続テレビ小説 はっさい先生

東京・浅草に生まれ育ったチャキチャキの江戸っ子娘・翠(若村麻由美)が、1931年(昭和6年)、大阪の男子中学校に英語教師として赴任する。異郷の地で、「はっさい」(関西の古いことばで、おてんばで短気なこと)な先生が奮闘する女版「坊ちゃん」。ヒロインの夫を渡辺徹、父を井川比佐志、義母を小林千登勢、校長を中村嘉葎雄が演じた。

作:高橋正圀 音楽:南安雄 語り:樫山文枝

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す