一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
高嶋政伸 高嶋政伸

高嶋政伸俳優たかしままさのぶ

大河ドラマ 秀吉

戦国時代を舞台に、尾張の貧しい農民の子として生まれ、織田信長の足軽となり、ついには天下人となった豊臣秀吉の生涯を現代の視点から解釈し直す。それまで映画を中心に活躍してきた竹中直人が明るくエネルギッシュに秀吉を演じて人気を集めた。堺屋太一の3つの作品を基に、竹山洋が脚本を書き下ろした。秀吉の妻おねを沢口靖子、織田信長を渡哲也、千利休を仲代達矢が演じた。

原作:堺屋太一 脚本:竹山洋 音楽:小六禮次郎 語り:宮本隆治

連続テレビ小説 あぐり

90歳を過ぎても現役の美容師で、作家・吉行淳之介と女優・吉行和子の母である、吉行あぐりがモデル。1907年(明治40年)、岡山で生まれたあぐり(田中美里)が、子育てや夫の急死にもめげず、洋髪美容院の草分けとして戦前戦後を明るく生きていく。ヒロインの夫・エイスケを演じた野村萬斎が人気に。原作は吉行あぐりの「梅桃(ゆすらうめ)が実る時」

原作:吉行あぐり 脚本:清水有生 音楽:岩代太郎 語り:堀尾正明

ドラマ 蒼天(そうてん)の夢

吉田松蔭は、海外渡航を試みて伊豆下田に再来日した黒船に乗り込みます。松蔭はペリーと話をして、人間は生まれながらにして平等であることと日本という国の在り方について考えることを学び、その後の明治維新で活躍する男たちを育てます。そして、松蔭の遺志を継いだ高杉晋作は農民や町民からなる騎兵隊を率いて幕府軍を破り、長州を倒幕へ向かわせます。新しい時代を見ることなく、若くして散った2人の友情を描きます。

原作:司馬遼太郎 脚本:下川博 音楽:服部隆之

大河ドラマ 天地人

上杉家の一家臣でありながら豊臣秀吉や徳川家康を魅了し、恐れさせた知将、直江兼続。血生臭い欲望が渦巻く戦国の世で、「愛」の兜(かぶと)を掲げ、一途(いちず)に民と故郷を愛し、義を貫いた姿は異彩を放つ。謙信との師弟関係、主君・景勝との信頼の絆、石田三成との友情、年上女房・お船との情愛など、大いなる愛と誇りと勇気を現代によみがえらせるドラマである。泣き虫の兼続が迷いながら成長していく姿にも共感できる。

原作:火坂雅志 脚本:小松江里子 音楽:大島ミチル 語り:宮本信子

土曜時代劇 桂ちづる診察日録

出演:市川由衣、高嶋政伸、三宅裕司/原作:藤原緋沙子/脚本:前川洋一、國澤真理子/若い女医・桂千鶴。いわば女の「赤ひげ」。「長崎帰り」が評判で開業半年ながらも診療所は大賑わい。桂ちづるの愛と涙の診察日誌。

原作:藤原緋沙子 脚本:前川洋一

大河ドラマ 真田丸

戦国時代最後の名将・真田幸村。その本名を、真田源次郎信繁という。好奇心にあふれ、冒険を好み、戦国の世を駆け抜けた真田信繁は、いつしか、覇者・徳川家康をも恐れさせる伝説の武将となった。天才の父、秀才の兄の背を追いかけながら、故郷に住む家族と共に乱世を生き延びていくために、迷い、悩み、苦しみながら成長していく。大坂の陣で戦国時代最後にして最強の砦「真田丸」を作りあげるまでの人生を描く。

作:三谷幸喜 音楽:服部隆之

正月時代劇 風雲児たち~蘭学革命篇(らんがくれぼりゅうしへん)~

西洋の医学書「ターヘル・アナトミア」を手に長崎遊学から戻った前野良沢は、医師仲間の杉田玄白から腑分け(ふわけ)の見学に誘われる。人間の身体が漢方医学で伝えられたものとは違い、「ターヘル・アナトミア」に書かれた通りであることを目の当たりにした良沢と玄白は、医学の進歩のためその翻訳に乗り出す。だが辞書もオランダ語の知識もない中、作業は困難を極める。みなもと太郎・原作、三谷幸喜・脚本で送る娯楽時代劇。

原作:みなもと太郎 脚本:三谷幸喜 音楽:荻野清子

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す