一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
笹野高史 笹野高史

笹野高史俳優ささのたかし

ドラマ のんのんばあとオレ

妖怪の話を教えてくれた「のんのんばあ」と少年の心温まる物語。怖いけれど、どこか懐かしくカワイイ妖怪たちとの触れ合い・・・。漫画家・水木しげるの原作を基に、山陰の街に育ち、夢と不思議と冒険に満ちた子どもたちの成長の世界を描く。妖怪たちをアニメで表現し、子どもたちの劇に絡ませた。続編として「続・のんのんばあとオレ」(1992年)がある。

原作:水木しげる 脚本:高橋正圀 音楽:渡辺俊幸

正月ドラマ 福家警部補の挨拶

大学教授・柳田(草刈正雄)は、同僚の池内(池田成志)から恐喝されていた。柳田は「科警研の伝説」とうたわれたキャリアを生かし、周到な手口で池内を殺害。事件は連続強盗の仕業で処理されるはずだった。しかし、警視庁捜査一課・福家警部補(永作博美)が疑問を抱く。30過ぎ・童顔・地味・マイペースな福家だが、抜群の推理能力と強じんな体力で、周囲を振り回しつつ、柳田の犯罪を暴いていく。そして過去の犯罪をも…。

原作:大倉崇裕 脚本:福原充則 音楽:瀬川英史

ドラマ10 タイトロープの女

舞台は大阪のワイヤー工場。アラサーお嬢様の主人公・十倉由梨(池脇千鶴)は、愛人と再婚した父(田村亮)を嫌い、東京のホテルのピアノ演奏で生計を立てていた。そこへ突然、父の訃報が・・・。残されたのは継母となった父の再婚相手、十倉恭子(高岡早紀)と潰れかけた工場。交わらない2人がぶつかり合いながら、工場の再生を賭けた勝負に出るが・・・。痛み、憎しみ、喜び、いとおしさ・・・さまざまな感情が交差する。

作:金子ありさ

BS時代劇 陽だまりの樹

漫画家・手塚治虫が自らのルーツを描いたマンガ「陽だまりの樹」。時は幕末。開国から戊辰戦争、そして明治維新という大変革の時代の中、友情で結ばれた対照的な若者がいた。義に生きた男・伊武谷万二郎、腕は立つが世渡り下手の武士。情に生きた男・手塚良庵、女にだらしないが腕利きの蘭方医(らんぽうい)(原作者・手塚治虫の曽祖父)の2人である。2人の若者が、歴史上の人物たちとの交流を経て成長する幕末青春譚(たん)。

原作:手塚治虫 脚本:前川洋一

短編ドラマシリーズ あなたに似た誰か

あなたが町の一隅で懸命に営む、ささやかな日々の暮らし…。そこには、平凡だが、実は波乱万丈な人間の物語があふれている。「あなたに似た誰か」は、人間の<生と死>を見つめ続ける写真家・藤原新也の短編小説を原作に、町の片隅で懸命に暮らす人々のミステリーに満ちた人生の一コマを描く、温かくて泣ける連作短編ドラマ。(全3回)

原作:藤原新也 脚本:田中晶子

BS時代劇 子連れ信兵衛

酒好きの浪人・松村信兵衛(高橋克典)は、自慢の剣術の腕で、道場破りをして日銭を稼ぎ、気ままに一人で長屋暮らしをしていた。ある日、長屋に赤ん坊・鶴之助を抱えた浪人・沖石(原田龍二)が引っ越してくる。沖石は、最近お家取り潰しにあい、妻に先立たれたという。信兵衛は、沖石に何か困ったら自分を頼るよう言う。すると翌日、沖石が姿を消し、信兵衛が鶴之助の面倒を見ることになってしまう。

原作:山本周五郎 脚本:いずみ玲

NHKスペシャル 腰痛・治療革命~見えてきた痛みのメカニズム~

治療しても効果がなく、一度治ってもぶり返すなど長引く「慢性腰痛」に苦しむ人は1400万人と推定される。最先端の治療現場では、「脳」のある働きを改善し、慢性腰痛を克服する対策が、大きな成果をあげている。例えば腰痛への不安を解消する映像を見たり、恐怖心を克服する運動をするなどの対策を取るだけで、改善する人たちがいる。専門的な心理療法で、極めて重い症状の患者の腰痛が改善するケースも出始めている。

語り:首藤奈知子

プレミアムドラマ だから荒野

もう二度と会うことはないでしょう。46歳の誕生日。身勝手な夫や息子たちと決別し、主婦・朋美は1200kmの旅路へ--。彼女の行く手に待っているのは「荒野」なのか?それとも…。(全8回)

原作:桐野夏生 脚本:浅野妙子 音楽:大島ミチル

JAPANGLE

『JAPANGLE』は、私たちにとっての「ふつう」を、外国人の視点を通して見つめ直す教養エンタテイメント。毎回1つの日本文化に注目し、それを「デザイン」「ヒストリー」「テクニック」「スピリット」4つのアングルで観察することで、日本人が脈々と受け継いできた感性や知恵を浮き彫りにする。2020年の東京五輪を前に、日本の魅力を見直す番組。

音楽:コーネリアス

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す