一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
石原さとみ 石原さとみ

石原さとみ女優いしはらさとみ

連続テレビ小説 てるてる家族

作家、作詞家のなかにし礼の妻とその家族がモデル。戦後から昭和40年代の大阪府池田市を舞台に、4人の娘たちを見事に育てていく肝っ玉母さんと、家族の夢と笑いと涙の日々を、懐かしの昭和歌謡にのせて届ける「踊る朝ドラ」。4人姉妹は岩田春子を紺野まひる、夏子を上原多香子、秋子を上野樹里、冬子を石原さとみ、父を岸谷五朗、母を浅野ゆう子が演じた。語りは末娘役の石原が担当した。

原作:なかにし礼 脚本:大森寿美男 音楽:宮川泰 語り:石原さとみ

大河ドラマ 義経

平家の偉大なる父・清盛と父子のような絆で結ばれた源氏の少年、牛若。やがて成長して義経となり、平家を滅ぼした後、兄の頼朝に追われて悲運の最期を遂げるまでの生きざまをダイナミックに描く。主演は滝沢秀明、武蔵坊弁慶を松平健、平清盛を渡哲也、その妻・時子を松坂慶子、源頼朝を中井貴一が演じた。

原作:宮尾登美子 脚本:金子成人 音楽:岩代太郎

スペシャルドラマ 坂の上の雲

司馬遼太郎(「遼」しんにょうの点が二つ)が10年の歳月をかけ、明治という時代に立ち向かった青春群像を、こん身の力で書き上げた物語。現代の世界はグローバル化の波に洗われながら、「国家とは何か、民族とは」を巡り混迷を深めている。日本は、社会構造の変化と価値観の多様化で、進むべき道が見えにくくなっているのでは・・・。明治という時代のエネルギーを壮大なスケールで描き、現代日本人に勇気と元気を与えた。

原作:司馬遼太郎(「遼」しんにょうの点が二つ) 脚本:野沢尚 音楽:久石譲 語り:渡辺謙

古代史ドラマスペシャル 大仏開眼

混とんとしたエネルギーにあふれ、天平文化が華麗に花開いた奈良時代。日本は国家としての形を成し始めていた。唐から帰国し、理想の国づくりを目指して突き進んだ天才・吉備真備(きびのまきび)、大仏造立を命じた父・聖武天皇の背中を見つめ続けた阿倍内親王(後の孝謙天皇)、そして2人が権勢を競い合った最大のライバル・藤原仲麻呂。大仏造立を巡る人々の夢と野望、愛と憎しみを、ダイナミックに描く歴史ロマン。

作:池端俊策 音楽:千住明

土曜ドラマスペシャル 使命と魂のリミット

氷室夕紀の父は手術中に命を落とした。夕紀はその死をめぐる謎と向きあいながら、心臓血管外科の研修医として激務の日々を送っている。彼女を指導するのは父の手術の執刀医だった西園教授。夕紀は母へと近づく西園に対する疑惑を深めていく。そんな折「隠蔽している医療ミスを公表しないと病院を破壊する」という脅迫状が病院に届く。父の死の真相は?脅迫犯の真の目的とは?物語は予想もしない結末へと向かう。

原作:東野圭吾 音楽:窪田ミナ

NHKスペシャル ドラマ 戦艦武蔵

太平洋戦争の終わりごろ、絶対沈まない軍艦と言われながら、アメリカ軍の攻撃で40発を越える爆弾・魚雷を受け撃沈された、 世界最大の戦艦がある。戦艦武蔵―。去年3月、フィリピンのシブヤン海で、71年ぶりに発見されたこの巨大戦艦は今、私たちに何を語りかけるのだろうか・・・。 戦艦武蔵をめぐって出会った人々の魂の物語。

作:岡崎栄

NHKスペシャル 人体 神秘の巨大ネットワーク

これまでの「人体観」を覆すパラダイムシフトが起こりつつある。なんと「体中の臓器が互いに情報をやりとりすることで私たちの体は成り立っている」という驚きの事実。それを知ることでがんや認知症やメタボなど困難な病気を克服する新戦略が見え始めている。司会は28年ぶりに「人体」の司会をつとめるタモリと、ノーベル医学・生理学賞を受賞した山中伸弥教授。神秘的な体の秘密を解き明かしていく知的エンターテインメント!

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す