一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
中尾幸世 中尾幸世

中尾幸世女優なかおさちよ

ドラマ 夢の島少女

川のほとりで少年が意識不明の少女を助ける。少女は目覚めるが2人の間にほとんど会話はなく、少女の記憶として過去が浮かび上がる。心に傷を負った少女と孤独な少年。少年は少女への思いを募らせ、交錯する少女の記憶の中に迷い込む。あるいは、少年の記憶なのか・・・。時間や空間の概念を超えて、感覚的に映像化した異色のドラマ。作、演出は佐々木昭一郎。ヒロイン役の中尾幸世のデビュー作品。

作:鈴木志郎康 音楽:池辺晋一郎

ドラマ 四季 ~ユートピアノ~

ピアノ調律師・栄子の音の記憶をたどる映像詩。栄子は幼いころ雪の夜に兄と学校に忍び込んで弾いたピアノの音が忘れられない。それは兄との別れの音・・・。雪国から都会に出て、ピアノ調律師となった若い女性の心象を、さまざまな音や美しい四季の自然と共に描く。作、演出は佐々木昭一郎。主演は中尾幸世。第32回イタリア賞RAI賞、国際エミー賞優秀作品賞ほか、多くの賞を受賞。

作:佐々木昭一郎

NHK特集 川の流れはバイオリンの音 ~イタリア・ポー川~

佐々木昭一郎作、演出の音を探して旅するドラマ、「川」三部作の第1作。ピアノ調律師・栄子は壊れたバイオリンを直すため、名器ストラディバリウスの故郷、北イタリアのポー川沿いのクレモナを訪れる。そこで暮らす老人たちとの出会いと別れを通して、永遠に流れる川、歌い継がれる音、生老死を繰り返す人の営みを描く。第36回芸術祭大賞、イタリア・クレモナ市民賞を受賞。

作:佐々木昭一郎

ドラマ アンダルシアの虹 ~川(リバー) スペイン編~

佐々木昭一郎作、演出の音を探して旅するドラマ、「川」三部作の第2作。ピアノ調律師・栄子はスペイン・アンダルシア地方、グアダルキビル川のほとりの町を訪れる。まぶしい光の中で、ギターの名工、洞くつ掘り職人、フラメンコの天才少女らアンダルシアの人々と触れあい、彼らの奏でる音に包まれてひと夏を送る。第38回芸術祭大賞、プラハ国際テレビ祭最優秀演出賞を受賞。

ドラマ 春・音の光 ~川(リバー) スロバキア編~

佐々木昭一郎作、演出の音を探して旅するドラマ、「川」三部作の第3作。ピアノ調律師・栄子はドナウ川をさかのぼる。モーツァルトの旋律が流れる古都・プラチスラバ。羊飼いが長いムチで大地から春を呼び出す音、山野にこだまする笛フヤラの響き、思い出を奏でるオルゴール・・・。栄子はスロバキアの心優しい人々と生気に満ちた春の音に出会う。主演は中尾幸世。芸術選奨文部大臣賞、毎日芸術賞を受賞。

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す