一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
倍賞千恵子 倍賞千恵子

倍賞千恵子女優ばいしょうちえこ

歌のグランド・ショー

本格的なテレビ大型歌謡曲番組の先駆けとなった「歌のグランド・ショー」。倍賞千恵子、金井克子、アントニオ古賀の3人をメインに、歌やダンス、コントなどを織り交ぜ、それまでの歌だけで構成されていた番組に対して明確に一線を画す内容となった。NHKホールでの公開録画。1965年(昭和40年)1月には視聴率41.7%を記録した。

音楽:荒木圭男

銀河テレビ小説 ぼくの姉さん

東京の下町、向島のせんべい屋「万年堂」が舞台。主人公の里見愛子(倍賞千恵子)は29歳のOL。テレ屋でちょっとそそっかしい愛子の恋を、高校二年生の弟、栄一が温かく見つめる様子を描いたホームドラマ。好評を得た『姉さんの子守唄』『姉さんは腕まくり』の続編として制作された。

脚本:高橋正圀 音楽:桑原研郎

特集テレビドラマ 夏の光に・・・

広島局制作/作:杉山義法/出演:小林桂樹、倍賞千恵子/原爆投下32年経た広島が舞台。原爆白内障で失明の不安に苦しみながら精いっぱい明るく生きる妻と夫を描いた。モンテカルロ国際テレビ祭金賞(最優秀脚本賞)。

作:杉山義法

連続テレビ小説 まんさくの花

秋田県横手市に育った芸大(油絵)志望の女子高生・祐子(中村明美)が、受験失敗、浪人生活、アルバイト、就職、失恋など、数多くの体験を通して明るくたくましく成長していく2年間を描く。暗くなりがちな内容を、おっちょこちょい役に倍賞千恵子を配し、家庭生活の機微を描きつつ、ユーモアを交えて明るく見せている。ヒロインは最後まで結婚しない。

作:高橋正圀 音楽:桑原研郎 語り:中村明美

連続テレビ小説 すずらん

北海道の小さな駅に捨てられ、駅長に育てられたヒロイン・萌が、北海道と東京を舞台に大正末から平成へ、日本の鉄道の発展と共に幾多の困難を乗り越え、波乱万丈の生涯を生きる一代記。

作:清水有生 音楽:服部隆之 語り:倍賞千恵子

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す