一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
木村多江 木村多江

木村多江女優きむらたえ

1971年生まれ、東京都出身。学生時代から舞台活動を始め、96年ドラマデビュー。2008年、初主演映画『ぐるりのこと。』では、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞など多数の賞を受賞する。NHKでは連続テレビ小説『純情きらり』『とと姉ちゃん』、大河ドラマ『北条時宗』、土曜ドラマ『上海タイフーン』『4号警備』、ドラマ10『カレ、夫、男友達』、プレミアムドラマ『珈琲屋の人々』『ボクの妻と結婚してください。』などに出演。日本舞踊は師範でもある。

土曜ドラマ 上海タイフーン(2008)

野村美鈴役

土曜ドラマ 上海タイフーン

インタビュー

私にとって、語りつくせないほどの思い出のある作品です。曹飛役のピーター・ホーさんをはじめ出演者も皆さんすてきでしたし、なにしろ上海が舞台での撮影でしたから、さまざまな困難をスタッフ、キャストが一丸となって乗り越えてともに作り上げた実感のあるドラマでした。現地では中国語のセリフに苦戦したのももちろんですが、このときの上海は気温40度で湿度98パーセントと環境も過酷。みんなが夏バテのような辛い状態になるなかで、中国人スタッフの方々の支えが本当に大きかったですね。今も年に1度は『上海会』と称して当時の仲間みんなで集まるんですよ。放送からもう10年近く経つのに(笑)。

私が演じた主人公・美鈴が上海でビジネスに行き詰まっていたように、当時の私は俳優として迷いや悩みを抱えている時期でした。お仕事はありがたいほど頂いていながら、自分の作品に対する姿勢に疑問を持っていたんです。でも、この役に出会って、美鈴という同世代の女性がトラブルに負けず前向きに頑張っている姿を演じ、深く共感することができました。なりふり構わずに、目の前のことに精一杯立ち向かっていく――美鈴が示してくれたまっすぐな生き方は、折れそうになっていた私の心も強く強く勇気づけてくれたのです。

美鈴は上海でファッションブランドを立ち上げる

プレミアムドラマ 珈琲屋の人々(2014)

柏木冬子役

プレミアムドラマ 珈琲屋の人々

インタビュー

『珈琲屋』のマスター、宗田行介役を演じた高橋克典さんとは初共演。でも長年の知り合いでしたので、こうした作品で向き合うことができてとてもうれしかったです。高橋さんといえば都会的でアクティブな役柄のイメージがあったのですが、このドラマでは複雑な過去を抱える行介の姿を、抑えた芝居でじっくりと見せてくださいました。私の演じる冬子にとって行介は、十数年前に夫を殺された憎むべき犯人。好きになってはいけない相手ですが、次第にひかれ合っていくんですよね。そういう重い設定であるため、行介「……」、冬子「……」のようにセリフがない場面も多くて(笑)、演じるうえでは、醸し出す空気や間(ま)だけで表現しなくてはいけないという難しさもありました。

『珈琲屋』のマスター 行介(高橋克典)には消せない過去が…

でも撮影現場はいつも笑いにあふれていましたね。倉科カナさん、八嶋智人さん、壇蜜さんに加え、大ベテランでいらっしゃる渡辺えりさん、吉行和子さん、小林稔侍さんら多彩な顔ぶれが出演されていたので、現場ではみんなで和気あいあいとおいしいコーヒーをいただいていました。ドラマのメインとなる「珈琲屋」のセットもシックでとてもすてきで、“こんな喫茶店があったらいいのに”と、本当に思ってしまったほど。大人な味わいのあるすてきなドラマでした。

章枝(吉行和子)は行介と冬子の仲を取り持とうとする

プレミアムドラマ ボクの妻と結婚してください。(2015)

三村彩子役

プレミアムドラマ ボクの妻と結婚してください。

インタビュー

この前年に上演された同作の舞台版でも、主人公・三村修治役の内村光良さんとは夫婦役をやらせていただきました。バラエティ放送作家で仕事一筋だった三村修治は、ある日突然、余命6か月と宣告されてしまいます。そこで修治は、遺されることになる家族のためにと妻の“再婚相手”を探すことを企画するんです。とても悲しい物語ではありますが、修治の家族を思う気持ちに心がとても温かくなって……。人生にはどんな形であれ、いつかは愛する人との別れが訪れるものです。私はこの“三村家”と、彼らを支えてくれる仲間たちとに、ドラマを通して巡り会うことができて幸せでした。それでもやはり、夫が死ぬんだという宣告は、演じるうえで辛い部分はありましたが、この家族だったからこそ乗り越えられた現実だったとも思えたんです。

修治(内村光良)は病状を隠し、彩子の再婚相手を探す
沖(吉田栄作)は彩子の初恋の相手

内村さんは、[悲しいけれど、悲しくしないことが大事だね]とよくおっしゃっていました。私も“彩子”としてはたくさん泣きましたが、やはり修治と彩子は、とてもわかりあえている夫婦なんですよね。辛いときにこそ、人生のパートナーとして最愛の人のために本当に何ができるのか、役から学ぶことも多かった思い出深い作品です。

連続テレビ小説 とと姉ちゃん(2016)

小橋君子役

連続テレビ小説 とと姉ちゃん

インタビュー

最初の週で“とと”の竹三(西島秀俊)が他界し、常子(高畑充希)たち三姉妹にも子役時代があり家族全員が入れ替わってしまう。ドラマの最初から最後までいるのは私だけなんだと思い、“自分が小橋家の軸となれるようしっかりしなくては”と、当初はかなりの緊張感を持って撮影に臨んでいた気がします。加えて、充希ちゃんをはじめ、相楽樹ちゃん、杉咲花ちゃんたち三姉妹を演じる彼女たちにとっての精神的な支えにもなれたらな……とも考えていました。おかげさまで、3人とは本当の母と娘みたいによく食事に行ったりして長い撮影期間も楽しく日々を過ごすことができたのですが、撮影が終わってからふと“娘たちより私のほうが肩の力が入り過ぎていたんじゃないかしら”なんて、個人的に反省してしまいました(笑)。

“とと”こと三姉妹の父・竹三(西島秀俊)は結核を患い他界する
小橋家の幼い三姉妹

一方、君子を演じるうえでは、深川の青柳家を飛び出していく19歳か20歳ぐらいの世代(回想シーン)から、常子が建ててくれた家で息を引き取るまで、ひとりの女性の人生を丹念に演じられたことは貴重な経験になりました。すべて終わった後、しばらくは魂が抜けたようになったほど……。そんな思い入れのある作品が、“朝ドラ”として大きな反響をいただけたことはとても幸せでした。戦前から戦後、そして高度経済成長という時代を生き抜いた小橋家にはいろいろことがありましたが、どんなときでも明るく困難を乗り越えていった家族の温かな空気感が、視聴者の皆さんに伝わっていたなら私もうれしいです。

君子はおっとりしているが芯の強い女性
晩年、君子は常子(高畑充希)の建てた家で娘や孫に囲まれて暮らす

土曜ドラマ 4号警備(2017)

本田薫役

土曜ドラマ 4号警備

インタビュー

皆さんもそうかと思いますが、私自身このドラマに携わるまで、警備のお仕事に“1~4号”までそれぞれ違う使命があるとは知りませんでした。そういう世界を、このドラマを通じて知れることはひとつの大きな楽しみです。

ドラマに登場する人たちは、主人公の朝比奈(窪田正孝)をはじめ、それぞれに深い悩みや重い過去を抱えています。なのに、自分のためじゃなくて、人のために“4号警備”として生きている――つまり彼らは、人を救うことで、むしろ自分が救われ、支えられているのかもしれないなと思いました。

警備員 朝比奈(窪田正孝)と石丸(北村一輝)
社長の薫は朝比奈に「警備はビジネス」と説くが…

私が演じる本田薫役は、本業の警備会社の社長業よりもアパレル事業の方に夢中です。“アパレル系”とはいえ彼女のファッションは洗練されているというよりむしろ奇抜。衣装合わせのときに少々驚きましたけど、着ているうちになんだか楽しくなってきて(笑)。新しい自分を発見できたような気持ちで役に臨んでいます。警備部長・池山役の片岡鶴太郎さんとは、『とと姉ちゃん』でも共演させていただきましたが、お互いにそのときのイメージをいい意味で壊していきたいね、と話しているんです。私の登場シーンはそれほど多くはありませんが、ドラマにとってのよいスパイスになればいいなと演じて思っています。

警備部長・池山(片岡鶴太郎)
薫のファッションにも注目!
その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す