一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
鈴木保奈美 鈴木保奈美

鈴木保奈美女優すずきほなみ

1966年生まれ、神奈川県出身。84年にデビュー後、CMやドラマで活躍。主な出演作に、ドラマ『東京ラブストーリー』『愛という名のもとに』『ニュースの女』、映画『ヒーローインタビュー』『プラチナデータ』『カノン』など。NHKでは、連続テレビ小説『ノンちゃんの夢』『わろてんか』、大河ドラマ『元禄繚乱』『江〜姫たちの戦国~』、『嫌な女』『足尾から来た女』などに出演。プレミアムドラマ『主婦カツ!』では、夫の離職から就活を始め新たな人生に踏み出す専業主婦・宮本夏子を主演。

大河ドラマ 江〜姫たちの戦国〜(2011)

市役/語り

大河ドラマ 江〜姫たちの戦国〜

インタビュー

 休止していた芸能活動への復帰作がこの作品でした。信長の妹というイメージが強い市ですが、浅井三姉妹の母親でもあり、娘たちと過ごした期間をていねいに描いているところが新鮮でした。

 それだけに、演じるうえで母と娘の絆を序盤からしっかりと築いていかなければと思っていました。幸い、茶々、初、江を演じた3人とはまるで本当の家族のように仲良くなることができました。空き時間などに4人が一緒にいると、他の男性の俳優さんたちはなかなか入り込めなかったそうです(笑)。それほど良い雰囲気を作り出すことができたのは彼女たちが最初から意識して接してくれたからなんです。私が人見知りでなかなか踏み出せないところを、りえさんが率先して打ち解けてくださったことが大きかったと思います。彼女たちは本当に大人だしプロフェッショナルだと思いました。

市の3人の娘 左から江(上野樹里)、初(水川あさみ)、茶々(宮沢りえ)
織田信長(豊川悦司)

 演じていて興味深かったのは兄の信長との関係性です。市はブラザーコンプレックスだったのではないか、市が最も愛したのは信長だったのではないか……。そんな風に仮定して演じていたことを覚えています。信長役の豊川悦司さんとは初共演というわけではないのですが、毎回とても緊張していました。カッコ良くて大好きなのに緊張しすぎてしまうので、ある意味やりづらい(笑)。でも市と信長の関係を表すうえで、そんな緊張感があったことはよかったのかもしれません。

 市が壮絶な最期を遂げてドラマを去った時は寂しかったのですが、ナレーションも担当させていただいていたので、ずっとみんなの様子を追いかけることができました。私自身は出演していないのに天国から見守っているような感覚が楽しかったですね。

本能寺の変の後、市は柴田勝家(大地康雄)に嫁ぐが…
秀吉軍に包囲された市は娘たちを逃がし、勝家とともに自害する

ドラマ10 わたしをみつけて(2015)

藤堂優子役

ドラマ10 わたしをみつけて

インタビュー

 心の傷を抱えて生きてきた主人公・弥生(瀧本美織)が働く病院の看護師長の役でした。とにかく正義感が強くて、患者のためなら医師と衝突することも恐れない。率直にものを言うとても強い女性でした。そして、彼女はどんなときでも笑顔なんです。監督からは「とにかく笑顔で」「怒る時も笑顔で」と言われました。これが難しくて……。優子が病院長(本田博太郎)に食ってかかるシーンがあったのですが、この時もほほ笑みながら怒るのです。初めての試みでなかなかのチャレンジだったのですが、入院患者役の古谷一行さんがとても面白かったと言ってくださって、ほっとしました。

優子は後藤院長(本田博太郎)の誤診を笑顔で指摘する
優子との出会いが、弥生(瀧本美織)を変えてゆき…

 そんな強さばかりではなく、施設で育った弥生が知ることのなかった母親的なニュアンスの存在になるという役どころでもありました。自分の居場所が見つけられず、“いい子”でいようとする弥生を時に厳しく、時に優しく激励する。少しずつ彼女の心が変化していく様が切ないけれど温かい物語でしたね。

 撮影はセットではなく大阪にある実際の病院でロケをしました。私は看護師長役でしたからパソコンに向かってシフト表を作成するようなシーンが多く、准看護師役の美織ちゃんたちのように医療の手順を覚えることはほとんどありませんでした。ただ、最初に医療現場のことなどを教えてくださった看護師長さんが非常にハキハキとされたカッコいい方だったので、その方を参考にイメージを作っていきました。

プレミアムドラマ 嫌な女(2016)

小谷夏子役

プレミアムドラマ 嫌な女

インタビュー

 主人公の女弁護士・徹子(黒木瞳)を振り回す女詐欺師の役で、黒木瞳さんとご一緒できるということで「ぜひ!」とお受けしたのですが、とても難しかったことを覚えています。詐欺師ですから、どういう方向で演じても良いというか、何でもありともいえる。何がそれらしいのか、実際の事件を起こした人物に寄せるのも違う。原作もありますから、そこから離れてもいけない。役作りに悩み試行錯誤を繰り返しましたが、私の中ではやや消化不良な感じも残っています。

詐欺師の夏子と弁護士の徹子(黒木瞳)の20年にわたる“くされ縁”を描く
夏子は男を手玉にとって生きる詐欺師

 ただ、黒木さんの存在感がとても頼りになりました。どしっと立っていらっしゃる黒木さんを基準にして対比させる。徹子と夏子は対角線ならこんな感じかなといった具合に、さまざまな形で夏子らしさを探していきました。バトルを繰り広げながらもなぜか相棒のようになっていく2人の関係が表現できればと思っていました。

 夏子の魅力は、ひと言で言えば「生き抜く力」です。人になんと言われようと、どう見えようと自分は自分のやりたいように生きてやる。そんなバイタリティが魅力でした。

徹子は夏子から遺言のビデオレターを受け取る

連続テレビ小説 わろてんか(2017)

藤岡しず役

連続テレビ小説 わろてんか

インタビュー

 「藤岡屋」は京都の老舗の薬種問屋でしたから、女性たちの衣装も華やかでしたね。しずも大店の奥様にふさわしい素敵な着物を用意していただけて、それを着ているだけで嬉しかったものです。撮影がスタートした時期には京都でロケもありました。空き時間に一人で散歩をしましたが、古い通りは呉服屋さんやお茶屋さんなど職業ごとに並んでいた名残りが感じられ、そんな町並みから当時の藤岡屋のたたずまいを想像してみたり。ごく自然に役になじんでいくことができて、京都はやっぱりいいなと実感しました。

 京ことばも初めてなのでずいぶん練習をしました。序盤は藤岡家が中心の物語で、ヒロインのてん(葵わかな)がどんな幼少期を過ごしたのかということがとても重要ですから、とにかく温かくて家族がしっかりとまとまっていること。お嫁に行った後も彼女の心の支えになるような家にしたいと思っていました。そこで頼りになったのが父親の儀兵衛を演じられた遠藤憲一さん。存在感が大きくて、それが藤岡家を一つにまとめていました。てんの祖母役の竹下景子さんの存在も大きかったですね。

しずはてん(葵わかな)の幸せを願う優しい母
老舗薬問屋の当主である儀兵衛(遠藤憲一)は頑固一徹で…

 てんが嫁いだ北村屋のごりょんさんを演じられた鈴木京香さんとはご一緒できただけで嬉しかったのに、あれほどしっかりと向き合うシーンがあるとは思ってもいませんでした。てんが大阪へ行ってしまってからは、京都の家族のシーンの撮影は少なくなるのでお会いできるとも思っていなかったんですよ。だから驚きと同時にとても楽しみでもありました。緊張しましたが充実した撮影でした。

てんの嫁ぎ先・北村屋を訪れたしずが啄子(鈴木京香)に頼んだこととは…

プレミアムドラマ 主婦カツ!(2018)

宮本夏子役

プレミアムドラマ 主婦カツ!

インタビュー

 専業主婦だった女性が、突然“就活”を始めて仕事に奮闘するという物語で、大事件が起きるわけでもないし、誰かが亡くなってしまうわけでもありません。でもひとり一人の中に大きな宇宙があるドラマです。

 最初に脚本を読んで納得したのは、主婦は素晴らしいスキルを持っているのだ、という部分でした。実は以前からママ友たちと「私たちって、すごいよね」とよく話していたからです(笑)。情報収集からタイムマネジメント、運転手まで、世の主婦のみなさんはいくつもの仕事をこなしています。これは社会の職業に転換して活かすことができるのではないかとも思っていました。ドラマの原案である薄井シンシアさんのご本は、そこをきっちりと明文化してくださっていて、それがドラマの夏子の行動にも反映されていて共感することができました。

夫の明良(宇梶剛士)が突然“会社を辞めて農業をやる”と言い出し…
専業主婦の夏子が48歳にして就活を始めることに…

 演じるうえで意識したのは、夏子のポジティブな姿勢と行動力、そしてスピード感です。人にもの申す時でも先を予測して一歩立ち止まることなく、とりあえず言ってみる。行動する。そのスピード感を大切にしました。

 主婦には主婦の大変さがあり、そうでない人にもそれなりの大変さがある。みんな同じだと思うのです。いま大変な日々も、のど元過ぎれば良い意味で自分を成長させてくれたと気付きます。このドラマでも夏子をきっかけに周りのみんな、それは女性だけではなく男性も、職場の人々も家族もそれぞれが次の一歩を踏み出すことになります。主婦をモデルにしているけれど、みなさんに共通する悩みでありきっかけが描かれています。このドラマが、主婦だけでなく、いまもやもやしている多くの方たちの背中を押すことができたり、エールになればいいなと思っています。

夏子の主婦としてのスキルが社会で輝き始める!
その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す