50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
宇崎竜童 宇崎竜童

宇崎竜童ミュージシャン・俳優うざきりゅうどう

1946年生まれ、京都府出身。ダウン・タウン・ブギウギ・バンドを結成して歌手として芸能界にデビューし、数々のヒット曲を生みだす。作詞の妻・阿木燿子とのコンビでも、山口百恵ら多数の歌手へ楽曲を提供した。また、俳優としても演技力に定評がある。NHKでは、向田邦子脚本の『阿修羅のごとく』『阿修羅のごとく パートⅡ』、大河ドラマ『獅子の時代』『北条時宗』、土曜ドラマ『ハゲタカ』、プレミアムドラマ『モンローが死んだ日』などに出演。

NHK 花のステージ

スタジオ制作の『歌のグランドショー』(1976~1977)のあとを受けてスタートした、NHKホールでの公開歌謡バラエティー。NHKホールの豪華さと舞台機能を生かした演出を行った。1979年度は出場歌手が、司会を務める植木等と宇崎竜童の2チームに分かれて、対抗歌合戦の形式でそれぞれの持ち歌を披露。勝負は観客の中から無作為で選んだ100人にボタンを押してもらい判定した。総合(水)午後8時からの50分枠で1978年1月にスタート。

バラエティー・ゆかいな仲間

台本のない自然な会話から思わず笑いを誘う「トークコメディー」「NHKのど自慢・熱演賞受賞者2組の再演」の2コーナーを、正月から暇を持て余している4人の若者を中心にコメディーとヒット曲で送る、新形式のスタジオバラエティー。出演:日色ともゑ、沢田研二、野口五郎、宇崎竜童、ダウンタウン・ブギウギ・バンド、岡崎友紀ほか。司会:金子辰雄アナウンサー。

土曜ドラマ 向田邦子シリーズ 阿修羅のごとく

女同士ゆえ、歯に衣(きぬ)着せぬやりとりをする4人姉妹が主人公。脚本家・向田邦子が、女心の奥底に潜む阿修羅のようなエゴや執念をえぐり出した、辛口ドラマである。パート1は父の浮気、パート2は姉妹の男性関係を軸に物語が進む。四姉妹は長女・綱子役を加藤治子、次女・巻子役を八千草薫、三女・滝子役をいしだあゆみ、四女・咲子役を風吹ジュンが演じた。テーマ曲のトルコの軍楽がドラマに独特な味を与えている。

作:向田邦子

土曜ドラマ 市川森一シリーズ「失楽園’79」 消えた風景

小さな夢を叶えようとする若者たちの欲望を、風刺と哀愁で綴るファンタジー。「消えた風景」「哀しみの都にて」「風の道化師たち」の3回で構成した。ヒーロー戦隊ものから社会派まで幅広い脚本を手がけた市川森一の作で、当初の脚本段階のタイトルは、旧約聖書に描かれた約束の地「乳と蜜の流れる地」と名づけられたが、放送時には「失楽園’79」とされた。(全3話)

脚本:市川森一 音楽:宇崎竜童

土曜ドラマ 向田邦子シリーズ 阿修羅のごとく パートⅡ

女同士ゆえ、歯に衣(きぬ)着せぬやりとりをする4人姉妹が主人公。脚本家・向田邦子が女心の奥底に潜む阿修羅のようなエゴや執念をえぐり出した辛口ドラマである。パートIは父の浮気、パートIIは姉妹の男性関係を軸に物語が進む。四姉妹は、長女・綱子役を加藤治子、次女・巻子役を八千草薫、三女・滝子役をいしだあゆみ、四女・咲子役を風吹ジュンが演じた。テーマ曲のトルコの軍楽がドラマに独特な味を与えている。

脚本:向田邦子

大河ドラマ 獅子の時代

明治維新前年のパリ万博で出会った、幕府随行員で会津藩の下級武士・平沼銑次。幕府に対抗して独自に参加した薩摩藩の苅谷嘉顕。近代国家樹立という志を掲げる架空の2人の生き様を軸に、幕末から明治にかけての激動の時代を描いた。作:山田太一。音楽:宇崎竜童。語り:和田篤。出演:菅原文太、加藤剛、大原麗子、鶴田浩ニ、大竹しのぶ、藤真利子、佐々木すみ江、尾上菊五郎、永島敏行、沢村貞子、日下武史ほか。

作:山田太一 音楽:宇崎竜童 語り:和田篤

土曜ドラマ 追跡 妻たちの反乱

東日新聞・熊本支局で事件記者としての腕を買われて東京本社に来た生島は、特別企画部の「女たちの反乱」シリーズに参加し、主婦の集団詐欺を取材することを命じられた。老人問題や教育問題などの社会問題を、新聞記者を通して掘り下げ、その背景にあるものを浮き彫りにしていく。第1回「妻たちの反乱」第2回「私にも定年をください」第3回「その手にさよなら」の3回で構成された。(全3話)

脚本:岩間芳樹 音楽:宇崎竜童

土曜ドラマ 青春スクランブル

大学受験の浪人2年目の玉井尚真は、周りの熱い期待に息苦しさを覚えていた。東大に入りさえすれば、世話になっている叔父の期待からも、親戚中の恥さらしと言われた母からも解放されるとがんばってきたが、重圧と不甲斐なさで苛立つ毎日。そんな尚真がボクシングに出会い爽快な満足感を得る。自分の道は自分で決めると思うが、複雑に絡み合う周囲とのしがらみは重すぎた。大学入試に揺れる若者たちの青春群像を描いた。(全3回)

脚本:岩間芳樹 音楽:宇崎竜童

芸を語る

演劇から映画、古典芸能まで、幅広い芸と表現の世界から第一人者を選び、その人の芸を紹介するとともに芸の秘密に迫るトーク番組。下半期からは芸にこだわらず、現在、第一線で活躍している人に範囲を広げ、広い年齢層の視聴者にアピールした。主な出演者は森繁久彌、杉村春子、岩城宏之、宇崎竜童、森下洋子、桂枝雀ほか。総合(火)午後11時10分からの25分番組(前期)。後期は(水)午後10時50分からの放送。

笑いがいちばん

『演芸ひろば』(1991~1993)の後継番組。落語、漫才からコント、マジックまで、よりすぐりの出演者の「芸」を味わう日曜午後の演芸番組。ベテランから注目の若手まで、毎回3~4組がネタを披露。さらにトークやミニコーナーなどで多彩な構成とした。番組は16年続く長寿番組となり、初年度の渡辺正行から始まり、柳家小三治、ヨネスケ、爆笑問題、林家正蔵などが歴代司会を務めた。総合(日)午後1時台の29分番組(初年度)。

音楽:宇崎竜童

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。