一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
加藤剛 加藤剛

加藤剛俳優かとうごう

加藤剛さんは、6月18日永眠されました。80歳でした。加藤さんは、1938年生まれ、早稲田大学で演劇を学び、俳優座養成所に所属、映画、テレビ、舞台で活躍しました。NHKでは、吉永小百合さんと共演した「わが心のかもめ」、大河ドラマ「風と雲と虹と」「獅子の時代」、「坂の上の雲」など、多くのドラマにご出演いただきました。2001年には紫綬褒章、2008年には旭日小綬章を受章しています。ご冥福をお祈りいたします。

大河ドラマ 『風と雲と虹と』

大河ドラマ 『風と雲と虹と』

 将門はぜひ一度やってみたかった役でした。その人物にとてもひかれていたからです。時代の都合によって極悪人などというレッテルが張られ、排除され否定されたこともありましたが、そこに新しい光を当てて見直してみるという機会を与えられ、その重みをひしひしと感じたことを覚えています。やはり将門の魅力は、生来の正義感、たくましさと純粋さ、そしてその裏に秘められたこよない優しさですね。たしかに時の権勢に弓引いたわけですが、彼の中に用意周到に計画を立てて国家転覆をはかろうという気持ちはなかった。自分の生き方に忠実であろうとすると、それが革命というふうな形にならざるを得ない。そんなふうに見ていました。命をかける値打ちのある夢なら、あえて夢を見よう。そういう生き方が大変に魅力的だし、好きでした。夢があるといえば妻の良子とは略奪結婚ですからね。ロマンティックというか、いかにも将門らしいなと思いました。

 合戦シーンはスタジオのセットで撮ることが多かったですね。ロケと違って制約のある中でいかに表現するのか、作る側もいろいろと工夫をすることになりますが、それが逆にテレビ独自の面白さにもつながったのではないでしょうか。ただ、たまたま僕が木製の馬に背に乗って撮影しているシーンが週刊誌に載り、馬恐怖症などと取りざたされてしまったことがあります。

被写体を馬に乗せては撮れないようなアングルで画面の中の効果を狙ったもので、けっして馬恐怖症なんかではなかった。広々としたところを馬で駆けてみないと将門の気持ちになれないと思って、相馬ロケでは疾駆シーンで荒馬にまたがり全力疾走もしました。馬との友情のためにもそこは強調しておきたかったですね(笑)。後半は戦いに敗れて降間木沼(ふるまきぬま)に引きこもって隠れていたのですが、そのときから僕自身もずっとヒゲを生やし、無精ヒゲが武将ヒゲにまでなりました(笑)。まさに将門という役と一緒に生活をしたような1年間でした。

 当時、放送をご覧になった若い方から「将門のように、この一瞬にすべてを燃やし尽くして後悔のないように生きていきたい。いま人生の最も輝く日々の中にいるのだから、ああいう人の人生観にふれたことは大きな喜びでした」といった主旨の手紙をいただきました。そのとき、この人ひとりのためにだけでもこのドラマをやってよかったという気持ちになりました。人間の本来的な自由を追求した将門の人生、意志、夢というのは千年後の我々が守り続け、引き継いでいかなければいけないのではないか。俳優生活15年目を迎えた年に、そんな思いで将門役を生きていたような気がします。

大河ドラマ 『獅子の時代』

大河ドラマ 『獅子の時代』

明治維新前年のパリ万博で敵同士として出会った架空の主人公、会津藩士・平沼銑次と薩摩藩士・苅谷嘉顕。対照的な2人が激動の明治を生きぬく姿を描いた。加藤剛さんは苅谷嘉顕を演じた。

 私が演じた苅谷嘉顕は、薩摩の藩命でロンドンに留学。維新の日本に帰って官界入りし、理想に燃えて新しい国作りに必死になって取り組んだ人物でした。しかし、外国文明に接してきた立場から、自分の描いていた夢と日本の現実とのギャップの中で、なかなか思い通りになっていかない。矛盾と挫折の道をたどりながら生きる姿が描かれました。山田太一さんのオリジナル台本でしたが、あの時代にこんな青年がいたこと、そんな青年の思いに現代の日本人が果たして応えられているのか。そんなことを問いかけたドラマだったような気がします。

 明治時代は現代の基礎を築いた時代であり、現代に一番近い時代かもしれませんね。文明は大きく進歩したけれど、人間の本質はそれほど変わっていない。そういう意味では、このドラマは時代劇というより現代劇の感覚で演じていました。ただ少し苦労したのが、苅谷は旧薩摩藩士なのでセリフが薩摩ことばだったんです。薩摩の言葉って荒っぽい感じがしますが響きがとても優しい。本当の男の優しさの部分がよく出ているなと思いました。ただ、なかなか難しくて、先生につきっきりで指導していただいたことを覚えています。

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す