50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
鎌田靖 鎌田靖

鎌田靖ジャーナリストかまたやすし

NHKスペシャル ワーキングプア~働いても働いても豊かになれない~

放送当時、「ワーキングプア」と呼ばれる働く貧困層が急激に拡大していた。生活保護水準以下で暮らす家庭は、日本の全世帯のおよそ10分の1、400万世帯ともそれ以上ともいわれていた。都会では住所不定無職の若者が急増、定職に就けず日雇いの仕事で命をつないでいた。一方、地方では収入が少なくて税金を払えない人たちが増えていた。「ワーキングプア」の厳しい現実を見つめ、これから目指す社会の在り方を模索した。

NHKスペシャル 東日本大震災 “帰宅困難 1400万人”の警告

3月11日、震度5強の東京では鉄道が止まり、1400万人が「帰宅困難」になった。一斉に帰宅する人々の行動には、多くの危険が潜んでいる。震度6強の地震で東京では、火災や倒壊した建物が道路をふさぎ、そこへ大勢の人や車が押し寄せると、緊急車両は立ち往生し、帰宅する人々も被災する危険が高まる。「帰宅困難」の映像と新たな証言から、地震後すぐに帰宅する危険を洗い出す。

NHKスペシャル 東日本大震災 “世界最大”の液状化

東日本大震災では「液状化現象」も起きて、大きな被害を出した。その規模は、世界最大と言われる。震災から4か月が過ぎ、これまで分からなかった被害や危険性、対策の難しさが明らかになった。これは、被災地の復興計画策定に関わるだけでなく、大きな余震があれば、液状化による2次災害につながることも考えられる。液状化に対してどんな備えが必要なのかを探る。

NHKスペシャル 東日本大震災 巨大津波 “いのち”をどう守るのか

2011年(平成23年)3月11日、甚大な被害をもたらした東日本大震災。三陸沖の海底で何が起きたのか。NHKや各地の人々がリアルタイムで捉えた映像や被災者の証言、専門家の分析から、巨大津波の全貌を明らかにする。巨大津波はどのように発生し、海岸の町や集落を、どのように襲ったのであろうか。そして地震発生から津波がくるまで、人は何を考え、どう行動をしたのか。命を守るために何が必要なのかを考える。

語り:中條誠子

NHKスペシャル シリーズ東日本大震災 38万人の甲状腺検査

福島県で18歳以下のすべての子どもを対象に、30年かけて行う大規模な甲状腺検査が行われている。原発事故によって放出された放射性ヨウ素をどれだけ一人一人が取り込んだのかわかっていないことが背景にあるが、今、検査について住民の不安や不信が出るなど、先行きが不透明だ。原発事故以来、住民たちが抱えている“不安”にどう向き合い、どう継続して健康を見守っていけばいいのか、住民側、医療側を取材しながら考える。

語り:伊東敏江

NHKスペシャル 老人漂流社会 “老後破産”の現実

独り暮らしの高齢者が600万人に迫る勢いで急増している。その半数近く、およそ300万人が生活保護水準以下の年金収入で暮らしている。そうした中には、医療や介護といったサービスさえ切り詰めて暮らす高齢者も少なくない。貧しい暮らしを知られたくないと周囲に助けを求めずに孤立する高齢者も増えていて、支援が行き届きにくくなっている実態もある。いわば“老後破産”ともいえる厳しい現実を伝える。

語り:柴田祐規子

NHKスペシャル シリーズ東日本大震災 私たちの町が生まれた~集団移転・3年半の記録~

被災地での大規模集団移転事業のトップを切って引っ越しが始まった宮城県岩沼市。津波で壊滅した沿岸部から3キロ内陸に入った農地を造成し、人口千人の新しい町が誕生する。この背景には、震災前からのコミュニティを大切にした行政の方針と、新しい町について3年間で120回以上に渡って徹底的に話し合った住民たちの努力があった。「自分たちの町は、自分たちで作る」と、住民が様々な困難を乗り越えた3年に渡る奮闘を追う。

語り:礒野佑子

NHKスペシャル シリーズ東日本大震災 故郷(ふるさと)つなぐ相馬野馬追~原発事故5年目の夏~

福島県相馬地方で7月下旬に行われた「相馬野馬追」。2015年、今も原発事故による避難を続ける住民たちが、特別な思いを抱いて参加した。仕事のため、埼玉に避難する家族と離ればなれで暮らす男性。元の自宅に住めず新たな土地で住宅を探す家族…。事故から4年以上たってなお、事故の影響に翻弄される住民たちだが、野馬追のときには一斉に集まり、ふるさととつながり続ける意味を確認する。祭りにかける人々の姿を追った。

語り:松岡洋子

NHKスペシャル 東日本大震災 “津波の海”を潜る~三陸・破壊と回復の5年間~

東日本大震災の津波で大きな被害を受けた三陸の海。あの日、海の中で何が起き、それによって生態系にどういう影響が出たのか、さまざまな分野の研究者たちが調査を続けている。それによると、思わぬ形で複雑に影響が出たことやその影響が今も出続けていること、一方で、場所によっては想像以上に回復しているところもあるなど、知られざるメカニズムが少しずつ明らかになってきた。さまざまな水中映像によって海の生命力に迫る。

語り:渡邊佐和子

NHKスペシャル 東日本大震災 追跡 原発事故のゴミ

東京電力福島第一原発の事故によって東日本に降り注いだ放射性物質。汚染された土や稲わらなどのかたちで発生した廃棄物(ゴミ)は全国でおよそ3千万tを超えると国は推計してきた。ところが、どこに、どのような状態で置かれているのか、これまで全体像ははっきりしてこなかった。それが今回、大規模な自治体へのアンケートで初めて明らかになった。処分の方策すら見つからないこうしたゴミとどう向き合えばよいのか、考える。

:久保田祐佳

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。