一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
国広富之 国広富之

国広富之俳優くにひろとみゆき

ドラマ 極楽家族

核家族世帯が増え続けていた1978年(昭和53年)に放送された。舞台は浪速の人情あふれる大阪・通天閣界わい。物語は事故で次男を亡くし悲しみに暮れる老夫婦とその次男に瓜二つの若者が、偶然出会うところから始まる。若者はやがて老夫婦を「お父ちゃん、お母ちゃん」と呼び、一緒に暮らすようになるが・・・。仲の悪い本物の家族と仲の良い偽の家族・・・どちらが本当に幸せなのかを問いかける。

脚本:中島丈博 音楽:岸田智史

大河ドラマ 草燃える

鎌倉幕府を開いた源頼朝の妻であり、二代将軍・頼家と三代将軍・実朝の母である政子の生涯を中心に、関東に武家政権を築いた頼朝の時代から、北条氏が実権を握り政権を盤石にした承久の乱までを描く。源頼朝役の石坂浩二、北条政子役の岩下志麻をはじめ、源頼家を郷ひろみ、源実朝を篠田三郎らが好演して注目を浴びた。

原作:永井路子 脚本:中島丈博 音楽:湯浅譲二 語り:森本毅郎

連続テレビ小説 ぴあの

舞台は大阪・天満の古い家。童話作家を目指す21歳の桜井ぴあの(純名里沙)を中心に、20代~30代までの4人の姉妹が仕事、恋愛、結婚など、身近な問題に直面しながら、それぞれの光る生き方を目指す。現役タカラジェンヌの起用で話題になった。主役の純名里沙は主題歌で歌唱力も披露。ぴあのの姉を竹下景子、萬田久子、国生さゆり、音楽好きの元小学校教師の父を宇津井健が演じた。純名は当時、宝塚歌劇団雪組娘役だった。

原作:冨川元文 脚本:宮村優子 音楽:久石譲 語り:都はるみ

土曜ドラマスペシャル 家で死ぬということ

先祖代々守り続けてきた家で死にたい」と願う義母・ひさ子(渡辺美佐子)の思いを叶えることは出来るのか?都会で育った男・山崎純一(高橋克典)が、余命三ヶ月と宣告された義母と、雪の白川村で過ごす“ひと冬”の物語。村人たちとの交流の中で、忘れかけていた日本人の心に触れる。

作:大島里美 音楽:栗山和樹

プレミアムドラマ 花咲くあした

古都・鎌倉にある花咲家(はなさくけ)。35歳の長女・朝(あさ・小池栄子)たち5人の兄妹は、それぞれ人生の難問を抱えていた。そんなとき、自分たちを捨てた母が、なんと20年振りにふらりと舞い戻り…。イタリア帰りの陽気で豪快、大食い、大ほら吹きのロクマル(=60歳)、母=風子(ふうこ・夏木マリ)が、トリックスターさながら、子供たちの問題を次々とあぶり出し、それぞれの新たな人生へと導いていく…。(全8回)

脚本:西荻弓絵

土曜時代ドラマ みをつくし料理帖

大坂に生まれた天涯孤独な少女・澪(みお)が、料理の腕一本を頼りに江戸に行き、艱難(かんなん)辛苦を乗り越えながら、やがて一流の女料理人になるまでの波乱万丈の物語。原作は、高田郁の人気時代小説「みをつくし料理帖」。ヒロインは、日本演劇界きっての若手演技派女優で、NHK初主演となる黒木華。昨年、木曜時代劇「ちかえもん」で向田邦子賞を受賞した藤本有紀の脚本で、江戸の人情と笑い、そして毎回クライマックスで登場する澪(みお)の“創作江戸料理”をお楽しみいただく。

原作:高田郁 脚本:藤本有紀 音楽:清水靖晃

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す