一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
三林京子 三林京子

三林京子女優みつばやしきょうこ

クイズ面白ゼミナール

最高視聴率42.2%を記録した人気クイズ番組。毎回、鈴木健二アナウンサーの「知るは楽しみなり・・・」という決まり文句で始まった。番組のスタイルは司会の鈴木「主任教授」が、ゲスト解答者の「学生」に出題し、解答、説明、実証のやりとりで進行。「歴史クイズ」「教科書クイズ」「ゼミナールクイズ」が出題された。

連続テレビ小説 いちばん太鼓

昭和40年代の九州と大阪を舞台に、親子三代の演劇一座に育てられた主人公の青年、沢井銀平(岡野進一郎)が出生の秘密を知り、実の母を捜しながら、大衆演劇の新しい旗手となるまでを爽やかに描く。親子の絆、新しい家族像を探った。「いちばん太鼓」とは、芝居が幕を開ける合図に、(夜明けに)打ち鳴らす太鼓のこと。銀平の妻を三田寛子、養父を芦屋雁之助が演じた。

作:井沢満 音楽:大野雄二 語り:加藤治子

連続テレビ小説 だんだん

産まれてすぐに離ればなれになってしまった18歳の双子の姉妹。何よりも歌うことが大好きな松江の高校生・田島めぐみと、芸の道に打ち込む京都の舞妓・一条のぞみ。そんな2人が日本一の縁結びの神様・出雲大社で運命的な再会を果たし、姉妹の絆を深めていく。ヒロインを演じるのは「ふたりっ子」で人気者になった双子姉妹・三倉茉奈と三倉佳奈 (マナカナ)。タイトルの「だんだん」は出雲弁で感謝を表す言葉。

作:森脇京子 音楽:村松崇継 語り:竹内まりや

ドラマスペシャル 大阪ラブ&ソウル この国で生きること

“在日コリアン”三世の哲浩(永山絢斗)は、父(岸部一徳)の祝いの席で結婚を宣言。相手は、ミャンマー生まれで難民認定申請中のネイチー(ダバンサイヘイン)。父は激怒し、ケンカになってしまう。見かねた祖母(新屋英子)が、2人で祖国を訪ねるよう勧める。哲浩の家族は歴史的事件のため、今まで祖国に帰れなかったのだ。一族が体験した凄(せい)惨な事実に衝撃を受ける父子。大阪では、ネイチーが入国管理局に収容され…。

原作:林海象 脚本:林海象 音楽:村松崇継

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す