一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
石田えり 石田えり

石田えり女優いしだえり

ドラマ人間模様 國語元年

明治初期、全国共通の「話しことば」の制定を命じられた文部省官吏・南郷清之輔が主人公。清之輔の家では自分の長州弁、妻の薩摩弁、女中・書生たちの名古屋弁、山形弁、遠州弁、津軽弁、江戸の山の手と下町弁と、8つの方言が飛び交っていた。まずは自分の家から方言を観察することにしたが・・・。「ことばの天才」井上ひさしが、その言語感覚と豊富な資料を駆使して、日本の国語成立の謎に迫る異色コメディ。

作:井上ひさし 音楽:宇野誠一郎 語り:石田えり

ドラマスペシャル 橋の上においでよ

作:田向正健/出演:堤真一、南果歩、柴田恭兵、石田えり/大阪のテレクラを舞台に、孤独な青年と若い女がデートをするが、互いの素性も知らず、名前もいつわって告げ合う…。文化庁芸術作品賞。田向正健が向田邦子賞。

作:田向正健

水曜シリーズドラマ 翔ぶ男

若い女性の転落死事件をきっかけに、定年間近の刑事と容疑者の青年指揮者、その姉、姉弟を脅迫する男が絡み合い、人生における「飛翔(ひしょう)」を夢見る人間たちのエゴイズムと葛藤を、スリリングに描いたサスペンスドラマである。容疑者を追い詰めるベテラン刑事に緒形拳、野心を持つ青年指揮者に高橋克典、指揮者の姉に石田えり、脅迫者に浅野忠信という、豪華な俳優陣が見ものである。

脚本:池端俊策

土曜ドラマ ロング・グッドバイ

「ロング・グッドバイ」(レイモンド・チャンドラー作)を日本を舞台にドラマ化。1950年半ばの東京。戦後復興から、来たる「豊かさの時代」への大転換期。人々の価値観が大きく変化していく激流の中で、流されず、見失わず、真に正しい道だけを選びとって生きていく困難さと意義、それを見せていくのが主人公の探偵・増沢磐二。演じるのは、連続テレビドラマ初主演となる浅野忠信。脚本は渡辺あや、音楽は大友良英。(全5回)

原作:レイモンド・チャンドラー 脚本:渡辺あや 音楽:大友良英

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す