一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
田畑智子 田畑智子

田畑智子女優たばたともこ

連続テレビ小説 私の青空

結婚式当日、花婿に逃げられ、シングルマザーの道を選んだヒロイン・なずなとその息子・太陽が、青森県大間町と東京・築地を舞台に繰り広げる笑いと涙の奮闘記。

作:内館牧子 音楽:本間勇輔 語り:久保純子

連続テレビ小説 芋たこなんきん

37歳の花岡町子は開業医、通称「カモカのおっちゃん」と出会い、恋に落ち、やがて結婚。ところが、この「カモカのおっちゃん」はバツイチで、しかも5人の子持ち、なおかつ両親や兄弟と同居する10人の大家族だった・・・。作家・田辺聖子の半生と数々のエッセイ集を基に、大阪の戦後復興期から現代へとたくましく生きてきたヒロインと家族を描く。ヒロインは藤山直美、夫を國村隼が演じた。

原作:田辺聖子 脚本:長川千佳子 語り:住田功一

NHKスペシャル 鬼太郎が見た玉砕 ~水木しげるの戦争~

青年時代、二等兵としてラバウル戦線で過酷な日々を送った漫画家・水木しげる。昭和40年代に「ゲゲゲの鬼太郎」で脚光を浴びるが、戦争の現実と目の前で死んだ戦友たちの無念さを、作品にしたいと思っていた。1973年(昭和48年)、その思いを結実させた自伝戦記漫画「総員玉砕せよ!」を発表。戦争体験を漫画化しようともがく水木と、分身の主人公・丸山二等兵の姿を交差させながら描く。主演は香川照之。

原作:水木しげる(原案) 脚本:西岡琢也 音楽:大友良英 語り:石澤典夫

ドラマ 続・遠野物語

「遠野物語」発刊100周年記念ドラマ。現代を舞台に不思議な民話の世界を描く「マヨヒガ」と「ずぶぬれ」2つのストーリーで構成。「マヨヒガ」の主演は山崎樹範。遠野の山中にあるという、幻の豪邸「マヨヒガ」を巡る物語。「ずぶぬれ」は田畑智子が主演。雑誌記者が、遠野で謎めいた夫婦と出会い、希望を取り戻していく・・・。

作:近衛はな

ドラマ10 ラストマネー ~愛の値段~

実際に起きた連続保険金殺人をモチーフに、スリリングな謎解きが加わったわったオリジナルのストーリー。愛情を利用して、保険金をだまし取ろうとする人たちと、生命保険会社の査定人が戦い、保険金を支払うべきか、否かの判断を下(くだ)すまでを描く。

脚本:武田有起 音楽:林ゆうき

土曜ドラマ 夫婦善哉

貧しい一銭天ぷら屋の娘・蝶子(尾野真千子)は、親の反対を押し切り、北新地のお茶屋に女中奉公に入り、つらい下積み生活を乗り越え人気芸妓(げいこ)となる。憧れの芸妓となったのもつかの間、化粧品問屋・維康商店のぼんぼん・柳吉(森山未來)と出会い、二人は恋に落ちる…。大阪が生んだ文豪・織田作之助生誕100年の節目に、その代表作である名作『夫婦善哉』を、最高のキャスト・スタッフで初の連続ドラマ化。(全4回)

原作:織田作之助 脚本:藤本有紀 語り:富司純子

ドラマ10 聖女

今でも時おり夢に見てしまう。あの人と過ごした17歳の夏を-。「君が大学に合格して大人になったら、私を恋人にしてね」。家庭教師だった女子大生の緒沢まりあが、高校生の僕に残した最後のメッセージ。そして、彼女は突然、僕の前から姿を消した。10年後、僕と彼女は再会を果たす。連続殺人事件の容疑者と、弁護士として。キミは、悪女なのか?それとも聖女か?せつなくも狂おしい究極のラブストーリー!(全7回)

作:大森美香 音楽:吉俣良

木曜時代劇 かぶき者慶次

衝突を恐れ、他人の意見に従っているだけでいいのか? 言いたいことも言えず、権力に迎合していく者を良しとする世の中で、年をとり、立場が変わっても、信じる価値観のため戦った漢(おとこ)・前田慶次(藤竜也)。志を失わなければ、人は輝き続けることができる。戦国一のかぶき者・前田慶次の謎に包まれた晩年を描いた痛快時代劇。

原作:火坂雅志 作:小松江里子 脚本:山上ちはる 音楽:渡辺俊幸

土曜ドラマ 逃げる女

えん罪で入った刑務所で8年、戻ってきたばかりの40歳の女。裏切った親友を探す旅は、殺人を犯した若い女との出会いによって、逃避行へと変わる。逃げる身となった無実の主人公は、次第に追い詰められる中で、自分を見つめ直していく。水野美紀主演、鎌田敏夫オリジナル脚本でお届けする、サスペンスロードムービー。

作:鎌田敏夫 音楽:上野耕路

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す