50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
岸谷五朗 岸谷五朗

岸谷五朗俳優きしたにごろう

1964年生まれ、東京都出身。劇団スーパー・エキセントリック・シアターを経て、寺脇康文とともに演劇ユニット「地球ゴージャス」を結成。映画『月はどっちに出ている』で主演し大ブレイク。以後、舞台、映画、ドラマと幅広く活躍。NHKでも出演作多数。連続テレビ小説『てるてる家族』、大河ドラマ『江~姫たちの戦国』など。時代劇での演技にも定評があり、木曜時代劇『ぼんくら』で主演。2021年の大河ドラマ『青天を衝け』で井伊直弼役を演じる。

土曜特集ドラマ アフリカポレポレ

夫が突然「アフリカで家族と生活しながら動物の写真を撮りたい」と言い出した。妻は反対するが、夫の熱意に押し切られ、アフリカ・ケニアの大地で娘と共に3人で暮らすことになった。そこでの生活はトラブルばかりで、妻は不満がたまる。そんな時、娘がマラリアにかかってしまい…。大自然や現地の人々と悪戦苦闘していく中で、家族の絆を強めていく。動物写真家・岩合光昭さん一家のアフリカ滞在記のドラマ化。(全3話)

原作:岩合日出子 脚本:東多江子

正月時代劇 またも辞めたか亭主殿 ~幕末の名奉行・小栗上野介~

幕末動乱期に、勘定奉行や軍艦奉行を歴任、徳川幕府を支え、横須賀造船所の建設に力を注いで日本の近代化を推進するも、非業の死をとげた最後の名奉行・小栗上野介の波乱の人生を、ライバル勝海舟との対立や妻道子との夫婦愛を軸に情感豊かに描いたドラマ。(89分)。原作:大島昌宏。脚本:鄭義信。音楽:栗山和樹。出演:岸谷五朗、稲森いずみ、西村雅彦、石田えり、松重豊、中原ひとみほか。

原作:大島昌宏

連続テレビ小説 てるてる家族

昭和40年代、大阪・池田で製パン店を営む岩田一家。ここ一番の時にてるてる坊主をぶら下げて“願かけ”する楽天家の母の夢は、4人の娘たちが才能を開花させること。娘たちの夢を実現させた肝っ玉母さんと底抜けに明るい家族の物語をミュージカル仕立てで描いた。原作:なかにし礼。脚本:大森寿美男。音楽:宮川泰。語り:石原さとみ。出演:石原さとみ、浅野ゆう子、岸谷五朗、紺野まひる、上原多香子、上野樹里ほか。

原作:なかにし礼 脚本:大森寿美男 音楽:宮川泰 語り:石原さとみ

ドラマ10 八日目の蝉

ロングセラーとなっている、角田光代の代表作「八日目の蝉(せみ)」の初映像化。不実な男との実らない愛。男は女が母となることを否定するかたわら、妻との間には子をもうけていた。絶望の中、女はふとしたことからその子を奪って、4年にわたる逃亡生活を送る。母になるとは、女として生きるとは・・・。現代的課題を真正面から捉え、リアルな描写と美しい風景の中、圧倒的な感動をもたらす。

原作:角田光代 脚本:浅野妙子 音楽:渡辺俊幸

大河ドラマ 江 姫たちの戦国

織田信長の妹・市を母に持つ浅井三姉妹。徳川二代将軍・秀忠の正室で、三代将軍・家光の生母となる三女・江の波乱万丈の生涯を、女性の視点から、ホームドラマやラブストーリーの要素を盛り込み、戦国の動乱と共にスケール感たっぷりに描いた。作:田渕久美子。音楽:吉俣良。語り:鈴木保奈美。出演:上野樹里、宮沢りえ、水川あさみ、向井理、鈴木保奈美、時任三郎、豊川悦司、岸谷五朗、北大路欣也、市村正親ほか。 

作:田渕久美子 音楽:吉俣良 語り:鈴木保奈美

木曜時代劇 ぼんくら

八百屋殺しを皮切りに、次々に消えていく長屋の住人。不審に思った見まわり方同心・平四郎は、住人たちへの同情も手伝い、独自に事件の裏を調べ始める。おいの弓之助の知恵を借りながら探索する平四郎は、やがて事件の裏に、17年前に起こったある事件の謎が隠されていることに気づく。その秘密を握るのは地主の湊屋総右衛門……。<全10回>

原作:宮部みゆき 脚本:尾西兼一 音楽:沢田完

プレミアムドラマ 我が家のヒミツ

奥田英朗さんの人気短編小説集をドラマ化した「我が家の問題」に続く第2弾!ネットオークションにはまったり、転職・起業を繰り返す夫にヤキモキしたりする“4人の妻”を各話の主人公とする1話完結のオムニバス・シリーズ。今回、妻たちを“ひとり4役”で演じるのは、連続ドラマ初主演の佐藤仁美さん。4家族のヒミツを夫婦の会話劇を中心にユーモラスに描く。

原作:奥田英朗 脚本:渡辺千穂 音楽:遠藤浩二

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。