一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
玉木宏 玉木宏

玉木宏俳優たまきひろし

連続テレビ小説『あさが来た』

連続テレビ小説『あさが来た』

ドラマの舞台となるのは明治時代の日本。女性の社会進出がまだ珍しかった時代に、積極的に商売に取り組んだヒロインのあさ。そんな妻を優しく見守り支えたのが、玉木宏さん演じる新次郎だ。「現代では、働く女性がたくさんいらっしゃいますよね。でも、当時は男よりも前に出て行き、好奇心旺盛で仕事に対する熱がある人というのは珍しかったんじゃないかな。世間の目もあり、熱を持った女性が表に出られる機会は少なかったでしょうね。でも、あさの姿はすごく新鮮でありつつも、違和感なく受け入れることができています」。

一方の新次郎は、仕事よりも趣味にいそしむボンボン気質。しかし、そんな気質も「あさの存在によって変えられていく」と話す。妻としてのあさについて聞くと「頼りになりますね。仕事に夢中になる反面、家のこともできる限りのことはやっている。子育てもそうだし、旦那のことも思っている。だから、問題ないですよね」。

物語のなかで描かれる夫婦の愛情。「新次郎はあさが何かするごとに、惚れ直したり、あきれたりしています。ずっと惚れっぱなしではないところが、人間らしいです」。こうした描写から「新次郎のキャラクターは理解しやすい」と玉木さん。「新次郎はフワッと明るい人物。真面目な話をしているところでも、彼が現れることで空気が一変するような存在でありたいですね。一見、何を考えているのか分からない人間ではあるけれど、性格はすごく優しいので、それをベースに積み上げていけば、そんなにズレることはないかなと思っています」。

どちらかというと、軽やかで現代的なイメージのある新次郎役。しかし、物語はちょんまげ姿から始まった時代劇、それに大阪ことばというハードルもプラスされ、演技面での制約も多いのだと言う。「当初は型に縛られる部分もありました。しかし、日本家屋だったり着物だったりと“和”の要素に囲まれているうちに、落ち着くなと思うようになったんです。やはり、日本人ですよね。お茶の間にもそうした和やかなテイストを届けられればと思ったら、気が楽になりました」。

大阪ことばの印象も変化したのだとか。「勢いがあって強い感じから、はんなりとした優しさのあることばへとイメージが変わりました。新次郎の性格もありますが、そういうベクトルで大阪ことばを発したいと思います」。また、所作に関しても「品の良さを大切にしたい」と玉木さん。ドラマで度々腕を披露する三味線も「全く触れたことのなかった楽器でした。楽譜を読めるようになったので、家で早めに練習して、あとは先生と何度も合わせる感じです」。ミュージシャンの顔も持つだけに、三味線の名手の役どころもすんなりとこなしているようだった。

連続テレビ小説『こころ』

連続テレビ小説『こころ』

玉木さんにとってNHKドラマ初出演となった作品が、連続テレビ小説『こころ』。やがて、ヒロイン・こころとの関係を深めていく花火職人の堀田匠役を演じた。「最初はまだアルバイトをしていたんです。それが、後半になって出番が増えたことで、正式に辞めることになりました。上京して約4年、俳優一本でやっていく覚悟と、ずっと夢見ていた境遇に身を置くことができたという気持ちが一緒にやってきたことを覚えています」。

連続テレビ小説への出演によって、世間の認知度も急上昇。影響力の大きさを知った作品でもあった。「僕自身の名前は知らなくても“匠くん”と声をかけていただけるようになりました。祖父母にも自分の仕事を知ってもらえた。そういう意味でもターニングポイントになる作品だったと思います」。

大河ドラマ『平清盛』

大河ドラマ『平清盛』

大河ドラマ『平清盛』で玉木さんが演じたのは、清盛のライバル・源義朝。「これまでパブリックイメージでは、あまり男らしい役を演じてこなかったんですけど、こういう男っぽい作品にはすごく魅力を感じました」と話す。演じた源義朝について聞くと「自分の家柄にすごくプライドを持っている人。それは自分のためではなくて、後世を守ってくという意味での責任感からです。だけど力不足で、そこは悲しい人だったのかなと思います」と玉木さん。

30歳の節目で出会った作品。「このタイミングで出会えたのはすごく意味があった。仕事に対するスタンスを改めて見直すきっかけになりました」と当時を振り返った。

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す